今週のメインdeパツイチ2016
第60回大阪杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第60回 大阪杯 阪神・芝2000m  4歳上オープン(GII) 2016年4月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レッドレイヴン 新潟大賞典 3着 前走あの相手に5着なら上々。そろそろ。 -
2 2 ラブリーデイ 天皇賞秋 1着 実績素直に評価。58kgでも仕上がっていれば。
3 3 ヌーヴォレコルト オークス 1着 GIで好走続ける。今回54kgだし逆転あっても。
4 4 イスラボニータ 皐月賞 1着 叩き2戦目で上積み見込めるが最近詰め甘く... -
5 5 アクションスター 京成杯 2着 去年の成績物足りず。多少復調はしたが... - -
6 6 タッチングスピーチ エリ女王杯 3着 展開が鍵。54kgだし嵌れば一発あってもいいが... -
7 キタサンブラック 菊花賞 1着 実績評価もこの条件微妙。多少時計要さないと。 - -
7 8 ショウナンパンドラ ジャパンC 1着 JC勝ちは素直に評価。あとは仕上がり次第。 -
9 アンビシャス ラジオNIKKEI 1着 ドバイで活躍した2頭に割って入った前走評価。
8 10 マイネルラクリマ オールカマー 1着 前走が案外。さすがにこの相手では厳しいか。 - -
11 ニシノビークイック タンザナイト 2着 OPで大敗多数。この相手ではさすがに無理か。 - -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第60回大阪杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第60回大阪杯の展望と予想とヨタ話

 GI好走馬多数参戦で実質的にはもうGI?
 とはいえ、今年はまだGIIですよ。第60回大阪杯。

 という訳で、この大阪杯。来年からGIに昇格なんて話も出ていますが...これはもうすでにGIですよね。 天皇賞秋・宝塚記念と中距離GIを2勝したラブリーデイに、牡馬相手にジャパンカップ制覇という偉業をやってのけたショウナンパンドラ、 菊花賞制覇だけではなく有馬記念でも好走したキタサンブラックなど去年の秋のGIで活躍したGI馬に加え、最近勝ちきれないがGIできっちり上位は確保しているイスラボニータ・ヌーヴォレコルトや、 前走の中山記念ではドバイで活躍したドゥラメンテ・リアルスティールに割って入り2着を確保したアンビシャスなど、GI級の馬がこの大阪杯に多数参戦することに。

 そんなこんなで、事実上のGIとなってしまった今回の大阪杯だが...現段階ではまだGIIということもあってか、ここはあくまでステップという感じの馬もちらほら。 実績馬が強いのは確かだが、その実績通りの結果になるかといわれるとちと微妙な感じ。多少順序の入れ替わりは発生するんじゃないでしょうか。

 という訳で、今回の大阪杯。ここは順調に使われているアンビシャスで勝負してみましょうか。他の馬と比べると実績的にはちと見劣るが、 一度使った効果や強敵相手に好走した前走、そして少し軽めの斤量を考慮すれば逆転の可能性も十分あるんじゃないかと。で、あとは無難に実績馬を。

<第60回大阪杯予想>

◎アンビシャス
○レッドレイヴン
▲ラブリーデイ
△ヌーヴォレコルト
△ショウナンパンドラ
△イスラボニータ

 あと、前走の中山記念5着で復調気配伺えたレッドレイヴンも怖いところ。
 成績は5着だったがあの相手なら上々。ラストインパクトにも先着しているし。

結果

1着アンビシャス
2着キタサンブラック
3着ショウナンパンドラ
4着ラブリーデイ
5着イスラボニータ

タイム:1分59秒3 3F:33.5秒
アンビシャス 牡4歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:9番390円
複勝:9番160円、7番190円、8番190円
枠連:6-7 520円 馬連:7-9 1470円
馬単:9-7 2510円
3連複:7-8-9 2540円
3連単:9-7-8 12810円
ワイド:7-9 530円
    8-9 500円 7-8 620円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。アンビシャスはきっちり来たが...
 キタサンブラックが無印ではなぁ。うーん。

 まぁ、それはともかく。大阪杯の結果。こういう組み合わせだし思い切った競馬する馬が出てきても不思議ではないのだが、 結局、流れが緩くなることを見越してアンビシャスが早め早めの競馬した程度で道中は大きな動きはなし。キタサンブラックが単騎で逃げ、これをアンビシャスが追いかける展開に。

 そんなこんなで、スローな流れからの上がり勝負となったのだが...前に行ったキタサンブラック・アンビシャスが33秒台の末脚を使ったもんだから、後続馬為す術もなく撃沈。 アンビシャスがキタサンブラックを捕らえ1着。そしてキタサンブラックはクビ差の2着という結果に。

 という訳で、勝ったのはアンビシャス。こういう流れにうまく乗って勝てた感はあるが、逃げたキタサンブラックをねじ伏せたり、 3着以下にはそれなりの差をつけていることを考えるとねぇ。なかなか強い競馬だったんじゃないでしょうか。逆に、他の実績馬は...やはり間隔が開いたことが影響したのか、 今一つ弾ききれず掲示板を確保するまで。まぁ、この辺りは一叩きして変わりそうなだけに、そこまで心配しないくてもいいんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。