今週のメインdeパツイチ2016
第27回東京スプリント出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第27回 東京スプリント 大井・ダ1200m  4歳上オープン(JpnIII) 2016年4月6日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ファイヤープリンス 川崎マイラー 2着 ここ数戦の走りイマイチ。交流重賞では... - -
2 2 サトノデートナ 東京盃 5着 この条件そこそこ走るがそれでも入着まで。 - -
3 トーセンアレス 浦和記念 3着 ここベストの条件とはいえず。苦しい。 - -
3 4 ダノンレジェンド JBCスプ 2着 久々の黒船賞を完勝。今年も順当勝ちか。
5 コウギョウダグラス フジノ記念 3着 近走まずまずも交流重賞の成績今一つで。 - -
4 6 タッチデュール スパーキング 5着 かなりタイム差ある内容続く。厳しい。 - -
7 レーザーバレット 兵庫ゴールド 1着 今回相手かなり強力も連絡みはあっても。
5 8 セイントメモリー オーバルSP 1着 2桁着順続く。一時期の走りは望めぬか。 - -
9 ゴーディー マイルGP 2着 去年の成績が今一つ。この調子では... - -
6 10 グレープブランデー フェブラリーS 1着 一時期の勢いはなく。ここでは3着まで。 -
11 ブルドッグボス 千葉S 1着 勢い評価。相手揃うがここでも好勝負可能。
7 12 コーリンベリー JBCスプ 1着 適条件に戻るが前走ちと負けすぎな気が...
13 ルックスザットキル 習志野SP 1着 ここ数戦の大敗が問題。一変あればいいが。 -
8 14 スクワドロン 黒潮スプC 1着 黒船賞5着で決着済。それ以上となると... - -
15 メジャーアスリート 全日本2歳 2着 最近は嵌まってようやく入着程度。出番は... - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第27回東京スプリントの展望と予想とヨタ話

 これといった大一番がない春のダート短距離路線。
 とりあえずこの辺りが目標?第27回東京スプリント。

 という訳で、この東京スプリント。5月に行われるかしわ記念に向けての一戦という見方もあるが、 どちらかというと、かきつばた記念・さきたま杯・北海道SCと続く春のダート短距離路線の一つと考えた方がいい一戦。 特に、マイルどころか1400mもこなせないという短距離専門の馬にとってはここが春の大一番になっている可能性も。

 そんなこともあってか、時期的に中途半端だったりJpnIIIとそこまで格が高い一戦ではなかったりする割にはかなりメンバーが揃うのがこの東京スプリント。 今年も去年のJBCスプリント上位馬コーリンベリー・ダノンレジェンド・レーザーバレットに、短距離OPを連勝し勢いあるブルドッグボスなど、ダート短距離路線の有力所が集結することに。

 そんなこんなで、今回の東京スプリント。まぁ、前述の有力所で無難に決まりそうな雰囲気。実績的にはGI勝ちあるグレープブランデーもアリなのだが、 最近は嵌まってようやく馬券に絡む程度だったりするんでねぇ。ダート短距離路線の一線級相手ではさすがに分が悪いんじゃないかと。

 あとは、その有力所の順序付け。JBCスプリントではコーリンベリーがダノンレジェンドに完勝しているが...近走成績を考えるとねぇ。 ここはダノンレジェンドから入るのが正解でしょう。で、その後にコーリンベリー、そしてレーザーバレットを。

<第27回東京スプリント予想>

◎ダノンレジェンド
○ブルドッグボス
▲コーリンベリー
△レーザーバレット

 ブルドッグボスは...やはり重賞実績がないのがねぇ。

結果

1着コーリンベリー
2着グレープブランデー
3着ダノンレジェンド
4着ブルドッグボス
5着ルックスザットキル

タイム:1分11秒4 3F:35.7秒
コーリンベリー 牝5歳
騎手:松山弘平 厩舎:美浦・小野厩舎
単勝:12番680円
複勝:12番150円、10番210円、4番100円
枠連:6-7 990円 馬連:10-12 3760円
枠単:7-6 2080円 馬単:12-10 6950円
3連複:4-10-12 790円
3連単:12-10-4 14320円
ワイド:10-12 630円
    4-12 170円 4-10 340円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。グレープブランデーはなぁ。
 まぁ、ダノンレジェンドが3着な時点でほぼハズレですけどね。

 でもって、東京スプリントの結果。単勝140円と圧倒的な人気を集めたダノンレジェンドだったが、スタートで出遅れ。 結局、それが最後まで影響してしまったようで、逃げたコーリンベリーを捕らえるところか、好位から競馬したグレープブランデーにも迫れず3着まで。

 そんな中、勝ったコーリンベリーはというと...もう悠々と一人旅でしたな。好スタートからすんなりハナ、そしてそのままマイペースの逃げに持ち込み、そのまま押し切り勝ち。 ここ2戦はパッとしない競馬が続いたが、やはりこの条件なら走るようで。見事に一変して快勝。まぁ、いい塩梅に展開嵌まった感はあるが、この相手にこれだけの競馬ができるのであれば十分でしょう。

 一方、人気を背負いながら負けたダノンレジェンド。前述しているように、スタートで出遅れたのが最後まで響いた感じですな。 逃げたコーリンベリーが上がり3ハロンを35.7秒でまとめるような流れではさすがに挽回しきれず、3着まで。まぁ、出走馬中最速の上がりを叩き出しているし、 負けたからといってそこまで悲観視するような内容ではなかった感じですけどね。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。