今週のメインdeパツイチ2016
第59回阪神牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第59回 阪神牝馬ステークス 阪神・芝1600m  4歳上牝オープン(GII) 2016年4月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダンツキャンサー 醍醐S 1着 昇級後の成績物足りず。相手も強いし... - -
2 2 ココロノアイ チューリップ 1着 伸び悩む。巻き返しあればいいが... - -
3 3 レッドリヴェール 桜花賞 2着 去年秋以降の成績が問題。一変は... - -
4 4 アンドリエッテ 秋華賞 4着 GI好走を再評価。この条件なら。
5 アイライン オーロC 3着 前走が負けすぎ。やはりマイルは長い? - -
5 6 ミッキークイーン 秋華賞 1着 牝馬同士なら問題なし。久々でも。
7 スマートレイアー 阪神牝馬S 1着 一昨年の勝ち馬。ここならそれなりに。 -
6 8 カフェブリリアント 阪神牝馬S 1着 去年の勝ち馬。今年も展開次第で。
9 ウインプリメーラ 京都金杯 1着 ここ2戦の走り評価も今回相手揃って。 -
7 10 ペルフィカ フィリーズ 2着 それなりの末脚使うが今回相手強くて。 -
11 メイショウマンボ エリ女王杯 1着 2桁着順続く。復活はもう望めぬか。 - -
8 12 ダンスアミーガ ターコイズS 2着 たまに一発ある馬だがここでは... -
13 ストレイトガール スプリンタS 1着 GI実績評価。久々だが即通用しても。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第59回阪神牝馬ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第59回阪神牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話

 200mの距離延長でよりステップらしくなった?
 ヴィクトリアマイルに向けての一戦、第59回阪神牝馬S。

 という訳で、この阪神牝馬ステークス。去年までは1400mで行われていたが、前述しているように今年から200m延長され1600mでの開催になったこともあって、 ヴィクトリアマイルへのステップとしての地位が一気に向上。そしてそれにあわせて出走馬のレベルも向上。去年の牝馬二冠馬ミッキークイーンに、 去年のヴィクトリアマイル・スプリンターズS馬ストレイトガールといった牝馬路線の重鎮が出走することに。

 で、そんな今回の阪神牝馬ステークス。前述したGI馬に加え、昨年の勝ち馬カフェブリリアント、一昨年の勝ち馬スマートレイアー、 京都金杯勝ちのウインプリメーラなど実績馬が揃っていることだし、ここはこの辺りの馬で勝負するのが正解でしょう。

 でもって、あとはその中での順序付け。久々だとか展開だとか少々不安を抱えているが、ここはGI実績を評価してミッキークイーンから入ってみましょうか。 ミッキークイーンと同じような評価基準だとストレイトガールも遜色ないのだが、マイルでどこまでやれるかちと読めないのがねぇ。一応、ヴィクトリアマイルを勝っているが、スローからの上がり勝負で制した感あるだけに、 これで「マイルまでこなせた」と評価するのは早計だったりするんじゃないかと。そんなこんなで、ストレイトガールは次点。あとは、スマートレイアー・カフェブリリアントといった感じで。

<第59回阪神牝馬ステークス予想>

◎ミッキークイーン
○アンドリエッテ
▲ストレイトガール
△スマートレイアー
△カフェブリリアント

 あと、準OPからの昇級戦となるアンドリエッテもアリかな。
 使われている強みとGI好走を考えれば通用していいかと。

結果

1着スマートレイアー
2着ミッキークイーン
3着ウインプリメーラ
4着カフェブリリアント
5着ココロノアイ

タイム:1分33秒1 3F:34.2秒
スマートレイアー 牝6歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・大久保龍厩舎
単勝:7番280円
複勝:7番110円、6番110円、9番200円
枠連:5-5 340円 馬連:6-7 350円
馬単:7-6 700円
3連複:6-7-9 980円
3連単:7-6-9 3320円
ワイド:6-7 170円
    7-9 380円 6-9 460円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。うーん、でも安いなぁ。
 もう少し人気が分散されるもんだと思っていたのだが...

 まぁ、それはそれとして。阪神牝馬ステークスの結果。これといった逃げ馬がいないこともあって、ここはダンツキャンサーの単騎逃げに... なるかと思っていたが、そのダンツキャンサーもそこまでハナにこだわっていなかったのか、スマートレイアーが出て行く素振りをみせると、これに抵抗せずハナを譲り渡しその後ろで競馬する形に。

 そんなこんなで、スマートレイアーが逃げる展開となったのだが...結局、そのまんまでしたな。直線に入っても後続との差は一向に詰まらず。 最後、人気のミッキークイーンが飛んできたがスマートレイアーを捕らえることが出来ず、そのままスマートレイアーが押し切って勝利。

 という訳で、勝ったのはスマートレイアー。最後方待機からの直線一気で勝った一昨年とは全く正反対の競馬だったが、 まぁ、前走の東京新聞杯も同じような競馬をして勝っていることを考えればこの位置取りは妥当なところ。前走同様今回もいい塩梅の展開になったこともあって重賞連勝。

 逆に、こういう流れでよく突っ込んできたのが2着のミッキークイーン。直線では馬群の中に突っ込み捌くのにやや手間取ったことを考えれば、 2着に負けたとはいえ上々の内容だったんじゃないでしょうか。これだけやれるのであれば、今年も活躍が見込めるんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。