今週のメインdeパツイチ2016
第76回桜花賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第76回 桜花賞 阪神・芝1600m  3歳牝オープン(GI) 2016年4月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 キャンディバローズ ファンタジー 1着 それなりに健闘するが逆転となると。 - -
2 ブランボヌール 阪神JF 3着 前走が負けすぎ。一変あればいいが。 -
2 3 メイショウスイヅキ もみじS 1着 ここ数戦もの足りず。嵌って入着まで。 -
4 ソルヴェイグ フィリーズ 1着 力つけているがマイルはちと長いかも? - -
3 5 メジャーエンブレム 阪神JF 1着 ライバル不在。自滅なければ順当に。
6 ビービーバーレル フェアリーS 1着 一押し足りない。嵌らないと出番は... - -
4 7 デンコウアンジュ アルテミスS 1着 末脚勝負のほうがいい?一発あっても。 -
8 アッラサルーテ アネモネS 2着 前走嵌った感否めず。ここでは厳しい。 - -
5 9 ジープルメリア 500万下 1着 芝の成績物足りず。GIではさすがに... - -
10 アットザシーサイド フィリーズ 2着 前走一応評価も勝てなかったのはちょっと。 - -
6 11 レッドアヴァンセ エルフィンS 1着 前走は出遅れ堪える。もう少しやれる筈。
12 シンハライト チューリップ 1着 無傷の3連勝だが今回強力な相手がいて。 -
7 13 ジュエラー チューリップ 2着 牡馬相手に2着は評価。展開嵌れば。 -
14 カトルラポール 春菜賞 1着 前走がイマイチ。時計要さないと辛い。 - -
15 ラベンダーヴァレイ チューリップ 3着 展開嵌って上位確保した感あり。ここだと? -
8 16 ウインファビラス 阪神JF 2着 阪神JF2着馬だが前走がちと負けすぎで。 -
17 アドマイヤリード 白菊賞 1着 チューリップ賞ビリが問題。GIでは... - -
18 メイショウバーズ 牝500万下 1着 スピード不足。重馬場じゃないと出番は... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第76回桜花賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第76回桜花賞の展望と予想とヨタ話

 春のGIシリーズ、本格的にスタート。
 まずは3歳牝馬クラシック一冠目・第76回桜花賞。

 しかし、今年の桜花賞。結局、メジャーエンブレムに対抗できるような馬が現れないまま本番を迎えることになってしまいましたな。 一応、3戦3勝でここに駒を進めてきたシンハライト、前走のチューリップ賞ではそのシンハライトにハナ差で敗れるものの、デビューから連は外していないジュエラーといった新興勢力が出てきたりはしているが、 メジャーエンブレムと互角にやりあえるかと言われるとねぇ。やはりここは「メジャーエンブレム一強」だったりするんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、今回の桜花賞。中心はもうメジャーエンブレムでいいでしょう。阪神JFの完勝だけではなく、前走のクイーンCでも力の違いを見せつけ楽勝していたりしますからねぇ。 あとは、メジャーエンブレムの相手探し。メジャーエンブレムには及ばないが、それ以外の馬が相手ならすんなり先着できそうなチューリップ賞上位のシンハライト・ジュエラー、 チューリップ賞は出遅れ堪えた感あるレッドアヴァンセ、阪神JF2着を再評価してウインファビラス辺りを。

<第76回桜花賞予想>

◎メジャーエンブレム
○デンコウアンジュ
▲シンハライト
△ジュエラー
△レッドアヴァンセ
△ウインファビラス

 あと、一発狙うならデンコウアンジュかな。
 アルテミスSでメジャーエンブレムを破っている馬だし...

結果

1着ジュエラー
2着シンハライト
3着アットザシーサイド
4着メジャーエンブレム
5着アドマイヤリード

タイム:1分33秒4 3F:34.3秒
ジュエラー 牝3歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・藤岡厩舎
単勝:13番500円
複勝:13番240円、12番260円、10番810円
枠連:6-7 730円 馬連:12-13 960円
馬単:13-12 1950円
3連複:10-12-13 5650円
3連単:13-12-10 20330円
ワイド:12-13 320円
    10-13 1320円 10-12 1430円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ただ、メジャーエンブレムが来ないのではなぁ。
 ▲○で引っかけてもこれではちょっと...

 まぁ、それはともかく。桜花賞の結果。それなりに前に行く馬が揃っていたこともあったのか、メジャーエンブレムはそこまで積極的に出て行かず中団よりやや前での競馬。 ただ、それなりのポジションにつけていくと思われた有力馬が出て行かなかったこともあって、前半3ハロン通過は34.8秒、1000m通過は0:59.1とペースはあまり上がらず。

 という訳で、今回の桜花賞、どちらかというと瞬発力が重視される展開に。直線では馬群をこじ開けてきたメジャーエンブレムが先頭に立つ場面もあったが、 これまでのような「そのまま後続を突き放して楽勝」というパターンには持ち込めず。で、結局、メジャーエンブレムを見る形で駒を進めたシンハライト、 道中は後方2番手で待機し瞬発力勝負に賭けたジュエラーに捕まって終了。あとは、そのシンハライト・ジュエラーが並んだままゴールをむかえ、クビの上げ下げでこの結果に。

 という訳で、終わってみればチューリップ賞上位馬がメジャーエンブレムを下し1・2着を確保することに。 まぁ、この上位2頭、まだ底を見せていなかっただけにこういう結果になる可能性もあったのだが...どちらかというと、メジャーエンブレムがパッとしなかった分勝てた感は否めないんじゃないかと。 実際、メジャーエンブレムは阪神JFで相手にしなかったアットザシーサイドすら交わせなかったりしているしさ。とりあえず、他馬を圧倒した末脚は評価するが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。