今週のメインdeパツイチ2016
第76回皐月賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第76回 皐月賞 中山・芝2000m  3歳牡牝オープン(GI) 2016年4月17日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ドレッドノータス 京都2歳S 1着 スプリングS7着が問題。一変あればいいが。 - -
2 ジョルジュサンク すみれS 1着 時計要せば多少は通用もこの条件となると... - -
2 3 マカヒキ 弥生賞 1着 2強を下した前走評価。ただ馬場と展開が鍵。 -
4 アドマイヤダイオウ 若葉S 1着 新馬でリオンディーズに完敗。勢いはあるが。 - -
3 5 マウントロブソン スプリングS 1着 前走うまく流れに乗れた分勝てた感有。今回は? - -
6 ミライヘノツバサ 山吹賞 1着 パンチ不足も時計要す馬場で浮上する可能性も。 -
4 7 ウムブルフ 京成杯 5着 前2走が物足りず。相手強化されるここでは。 - -
8 ミッキーロケット スプリングS 5着 前走の末脚悪くなく。馬場と展開次第で出番も? -
5 9 ナムラシングン 若葉S 2着 手堅く差を詰める。時計要せば上位もある? -
10 トーアライジン 毎日杯 9着 芝の前走が物足りず。この条件では厳しい。 - -
6 11 サトノダイヤモンド きさらぎ賞 1着 力の違いみせつけ3連勝。相手強化のここでも。 -
12 リスペクトアース 京都2歳S 2着 ノーマークの逃げなら一発もありそうだが、さて? - -
7 13 プロフェット 京成杯 1着 GIではワンパンチ足りず。上がり要さないと。 -
14 ロードクエスト 新潟2歳S 1着 末脚は評価もこの条件では展開の助けないと。 - -
15 エアスピネル 朝日杯FS 2着 少し差のある競馬続くが中山なら展開次第で。
8 16 リオンディーズ 朝日杯FS 1着 前走はちと折り合いを欠く。巻き返しあっても。 -
17 アドマイヤモラール 京王杯2歳S 2着 近走いいところなく。この相手ではさすがに。 - -
18 ディーマジェスティ 共同通信杯 1着 道悪こなすのは評価。条件次第で一発も。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第76回皐月賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第76回皐月賞の展望と予想とヨタ話

 先週の桜花賞では人気を集めたメジャーエンブレムがあっさり敗北。
 牡馬路線もそう簡単には決まらない?第76回皐月賞。

 という訳で、この皐月賞。下馬評では、きさらぎ賞勝ちのサトノダイヤモンド、朝日杯FS勝ちのリオンディーズ、弥生賞勝ちのマカヒキの三強対決といった感じの一戦だったりするが、 メジャーエンブレム一強ムードだった先週の桜花賞がああいう結果になってしまったことを考えるとねぇ。日曜の天気がちょっと怪しかったりもするし、今回の皐月賞、三強がコケる展開も想定しておいた方がいいのかもしれませんな。

 そんなこんなで、今回の皐月賞。無難に三強で勝負するなら、前走の弥生賞はやや折り合いを欠いた分マカヒキに敗れた感のあるリオンディーズの巻き返しに期待するのが妥当なところかな。 多少道悪になっても血統的にはこなせそうな感じだしさ。で、これ続く形でサトノダイヤモンド。あと、3番手はマカヒキではなくエアスピネル。前2走は前から少し離された2・3着だっただけに、 もう勝負付けが済んだ感あるが、道悪で時計を要す馬場になれば立ち回り方次第では巻き返しあっていいんじゃないかと。

 ...と、ここまでは無難に三強が来た場合の話。道悪になって三強が崩れるような展開になるなら、時計要す馬場で好走続けるナムラシングンやミッキーロケット、 スピード勝負だと苦しいが時計を要せば好位追走から粘り込みありそうなミライヘノツバサ辺りの台頭もありそうな感じ。

<第76回皐月賞予想>

◎リオンディーズ
○ナムラシングン
▲サトノダイヤモンド
△エアスピネル
△マカヒキ

 まぁ、この辺りは当日の馬場状態次第ですけどね。

結果

1着ディーマジェスティ
2着マカヒキ
3着サトノダイヤモンド
4着エアスピネル
5着リオンディーズ

タイム:1分57秒9 3F:35.6秒
ディーマジェスティ 牡3歳
騎手:蛯名正義 厩舎:美浦・二ノ宮厩舎
単勝:18番3090円
複勝:18番530円、3番160円、11番150円
枠連:2-8 450円 馬連:3-18 6220円
馬単:18-3 17680円
3連複:3-11-18 6000円
3連単:18-3-11 70390円
ワイド:3-18 1730円
    11-18 1760円 3-11 320円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は一応打っているが...
 打っているといっても△だし、一方しか来ていないし。

 まぁ、それはともかく。皐月賞の結果。そこそこ前に行く馬は揃っていたがハナにはそこまで拘らない馬ばかりだったんで、 落ち着いた流れになると予想していたのだが...なんというかねぇ。ハナ争い自体はリスペクトアースがすんなり単騎逃げに持ち込んだこともあって、そこまで激しくはならなかったのだが... リオンディーズが今回も折り合いを欠いてしまった上に、アドマイヤモラールやマウントロブソンがこれをつつくような形になってしまったもんでねぇ。 隊列が確定してからもペースが全く落ちず、前半3ハロン通過が34.2秒、1000m通過が0:58.4とかなりのハイペースに。

 そんなこともあって、終わってみれば前崩れの競馬。リオンディーズ・サトノダイヤモンド・エアスピネルといった有力所が前で踏ん張るものの、 最後方付近から競馬したディーマジェスティやマカヒキの末脚には抗えず、結局、この2頭がまとめて差し切って1・2着を確保することに。

 しかしなぁ、今回の皐月賞。こういう展開だっただけに、どこまで評価していいのか分からんところ。 ディーマジェスティ・マカヒキの末脚を素直に評価することもできるし、負けたとはいえ、こういう流れにも関わらず踏ん張って上位確保したリオンディーズ・サトノダイヤモンド・エアスピネルの底力を評価することもできるしさ。 まぁ、リオンディーズは折り合いという問題を抱えることになってしまったが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。