今週のメインdeパツイチ2016
第17回兵庫チャンピオンシップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 兵庫チャンピオンシップ 園田・ダ1870m  3歳オープン(JpnII) 2016年5月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レガーロ 全日本2歳 2着 今年の成績物足りず。一変あればいいが... -
2 2 タケマルビクター 菊水賞 2着 安定した走り評価も交流重賞となると? -
3 3 モズバンブルビー 園田3歳A特 1着 前2走まずまずも相手強化のここでは。 - -
4 4 グランセブルス 500万下 1着 能力はそれなり。展開さえ嵌まれば...
5 5 イーストオブザサン 500万下 1着 手堅さ評価。ここでも上位狙えそうで。
6 ゴールドドリーム ヒヤシンスS 1着 能力一枚上。ここもスンナリ勝てていい。
6 7 アサクサセーラ 園田ジュニア 3着 やや足りない。相手強化のここでは。 - -
8 ケイティブレイブ 伏竜S 3着 実績評価もゴールドドリームには敵わないか。
7 9 サプールコンゴ 土佐春花賞 3着 地元の自己条件ならともかく交流重賞では。 - -
10 エイシンニシパ 菊水賞 3着 前走は流れに乗れず。もう少しやれていい。 - -
8 11 イツモシアワセ ももたろう特 1着 地元で好走続けるがここでは格下っぽく。 - -
12 リックカグラ 知床賞 1着 前2走が散々。中央勢相手では苦しい。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第17回兵庫チャンピオンシップの展望と予想とヨタ話

 3歳ダート路線の頂点目指し有力馬続々出走。
 JDダービーの前哨戦・第17回兵庫チャンピオンシップ。

 という訳で、この兵庫チャンピオンシップ。前述しているように、3歳ダート路線の大一番・JDダービーに向けての一戦。 ステップ自体はこのレース以外にもユニコーンSがあったりするんで、ここに有力馬が集結!という形にはならなかったりするが、 去年のクロスクリーガーのように本番で活躍する馬を輩出することもあるんで、軽視はできないレース。

 で、今年の兵庫チャンピオンシップ。去年の全日本2歳優駿2着馬レガーロに、 OPで好走続けるケイティブレイブ、500万下をなかなかの内容で勝ち上がったイーストオブザサン・グランセブルスとそれなりの馬が揃っているが...ねぇ。 ここはやはりゴールドドリームに注目せざるを得ないんじゃないかと。何せ、前走のヒヤシンスSで、後のUAEダービー馬ラニ、伏竜S馬ストロングバローズ、端午S馬ディーズプラネットといった強敵を蹴散らして完勝していたりしますからねぇ。 ここでも前走同様「能力の違いを見せつけ完勝」なんてことになったりするんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、予想もゴールドドリームから。あとはその相手探し。500万下勝ち上がりのグランセブルス・イーストオブザサンも気になるが、両馬ともに後ろから行く馬だったりするんでねぇ。 ここは前で競馬できるケイティブレイブから入ってみましょうか。で、あとはグランセブルス・イーストオブザサンといった感じで。

<第17回兵庫チャンピオンシップ予想>

◎ゴールドドリーム
○グランセブルス
▲ケイティブレイブ
△イーストオブザサン

 ただ、人気被りすぎて馬券にならない可能性もありそうで...

結果

1着ケイティブレイブ
2着ゴールドドリーム
3着グランセブルス
4着レガーロ
5着イーストオブザサン

タイム:2分00秒2 3F:37.7秒
ケイティブレイブ 牡3歳
騎手:川原正一 厩舎:栗東・目野厩舎
単勝:8番460円
複勝:8番110円、6番100円、4番220円
枠連:5-6 180円 馬連:6-8 200円
馬単:8-6 780円
3連複:4-6-8 930円
3連単:8-6-4 4100円
ワイド:6-8 140円
    4-8 690円 4-6 310円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。うーん、とりあえず的中はしたが...
 ゴールドドリームが2着というのはねぇ。微妙な結果。

 まぁ、それはともかく。兵庫チャンピオンシップの結果。とりあえず人気の2頭で決着したが...前述しているように、勝ったのは2番人気のケイティブレイブの方で、1番人気のゴールドドリームは2着まで。 レース自体は、逃げたケイティブレイブが直線に入ってもそのままというベタな逃げ切り。ゴールドドリームは出遅れをカバーして好位を確保したが、逃げたケイティブレイブを捕らえるどころか逆に突き放されてしまい終了。

 という訳で、勝ったのはケイティブレイブ。いい塩梅の展開になったり、ライバルがイマイチだったこともあって勝てた感はあるが、 ゴールドドリームに7馬身もの差をつけ勝ったのは素直に評価していいんじゃないかと。ただ、前2戦のOPの結果を考えると...ねえ。 この楽勝で3歳ダート路線の頂点に立ったと判断するのは早計かな。

 あと、ゴールドドリーム。スタートの遅れを取り戻すために上がっていったロスとか前走から間隔が開いていたりとかを考慮しても、 ここまで差をつけられてしまったのはどうなんでしょうかねぇ。まぁ、これまでの好走がいづれもそこそこ時計が出るダートでのものだっただけに、 やや時計を要すダートが思っていた以上に堪えただけなのかもしれませんが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。