今週のメインdeパツイチ2016
第64回京都新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第64回 京都新聞杯 京都・芝2200m  3歳オープン(GII) 2016年5月7日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダンツエイコウ 黄菊賞 10着 昇級戦が負けすぎ。重賞では厳しいか。 - -
2 2 スマートオーディン 毎日杯 1着 この相手なら今回も勝ち負け。重賞連勝も。
3 3 エルリストン 未勝利 1着 前走完勝評価も重賞となると苦しいかも。 -
4 スワーヴアーサー 未勝利 1着 後の青葉賞馬相手に僅差の競馬有。注意。 -
4 5 ユウチェンジ UAEダービー 4着 重賞実績評価も今回遠征帰り気になり。 -
6 カルムパシオン 未勝利 1着 展開嵌まって未勝利脱出できた感あるだけに... - -
5 7 エルプシャフト 未勝利 1着 良血馬。デビュー戦快勝しているだけに注意。 -
8 アドマイヤビスタ アイビーS 5着 一押し足りないかも。さらに今回久々で。 - -
6 9 ロイカバード きさらぎ賞 3着 前走3着に敗れるもこの相手なら上位に。 -
10 ゼンノタヂカラオ はなみずき賞 1着 手堅さ評価も上がり要さないと出番は... -
7 11 アグネスフォルテ 大寒桜賞 2着 大きく負けていないが重賞では苦しいか。 -
12 フォルテミノル 未勝利 1着 ダート、さらに展開嵌まっての未勝利勝ちでは... - -
8 13 ブラックスピネル 萩S 1着 妙に詰め甘いが萩Sぐらい走れば出番も。
14 スズカバーディー クローバー賞 2着 前走がイマイチ。ここは様子見が妥当か。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第64回京都新聞杯の展望と予想とヨタ話

 滑り込みで日本ダービー出走なるか?
 ダービーに向けての一戦、第64回京都新聞杯。

 という訳で、この京都新聞杯。優先出走権が与えられるトライアルレースではないが、賞金の上積みができれば賞金順で出走も可能になることもあって、 実質的にトライアルレースとして機能するのがこの京都新聞杯。実際、サトノラーゼンとかキズナとか、ここ経由でダービーに挑み上位確保していたりするしさ。

 で、今年の京都新聞杯。皐月賞はパスしてダービーに備えたスマートオーディンや、重賞・トライアルで惜敗し皐月賞には間に合わなかったブラックスピネル・ロイカバード・ゼンノタヂカラオなど、 それなりの馬がダービー目指しここに出走してきたのだが...そこまで抜けた馬でもなかったりするんでねぇ。未勝利戦を快勝した超良血馬エルプシャフトとか、未勝利戦だが後に青葉賞を快勝することとなるヴァンキッシュラン相手に好走した経験あるスワーヴアーサー、 ドバイ帰りが鍵だが朝日杯FS4着のユウチェンジ辺りにもチャンスはあるんじゃないでしょうか。

 でもって、京都新聞杯の予想。何だかんだ言ったが、ここは素直にスマートオーディンから入るのが妥当でしょう。32秒台の末脚使えるのも○だったりするしさ。 あとは、萩Sでそのスマートオーディンに先着しているブラックスピネル、まだ底を見せていないエルプシャフト辺りでいいでしょう。ロイカバード・ユウチェンジは少し足りない感じなんで...ここではヒモ候補までかな。

<第64回京都新聞杯予想>

◎スマートオーディン
○スワーヴアーサー
▲ブラックスピネル
△エルプシャフト
△ロイカバード
△ユウチェンジ

 あと、一発狙いでスワーヴアーサーも。

結果

1着スマートオーディン
2着アグネスフォルテ
3着ロイカバード
4着ブラックスピネル
5着エルプシャフト

タイム:2分12秒6 3F:34.5秒
スマートオーディン 牡3歳
騎手:戸崎圭太 厩舎:栗東・松田厩舎
単勝:2番200円
複勝:2番120円、11番510円、9番210円
枠連:2-7 3660円 馬連:2-11 4120円
馬単:2-11 5300円
3連複:2-9-11 7230円
3連単:2-11-9 33810円
ワイド:2-11 1310円
    2-9 340円 9-11 2930円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、アグネスフォルテはなぁ。
 展開嵌まったのは確かだが、ここまでやるとは...

 まぁ、それはそれとして。京都新聞杯の結果。先行馬が少なかった上にこの距離ということもあって、道中は各馬折り合いに専念。 そんなこともあって、前半1000m通過が1:00.8と緩めのペースに。で、レース自体も直線での追い比べ勝負という展開になったのだが... まぁ、こういう流れならスマートオーディンの末脚が炸裂してても不思議ではない訳で。道中は最後方付近を追走していたが、 淀の下りからスパートし、直線では大外一気で他馬を一蹴。2番手追走から粘り込みを図るアグネスフォルテをきっちり捕らえて1着に。

 そんなこんなで、勝ったスマートオーディン。ま、順当な結果だったんじゃないでしょうか。いい末脚も使ったことだし上々の内容。 ただ、ダービーで通用するかといわれるとちょっと微妙な気がするのがねぇ。緩い流れからの上がり勝負というあまりスタミナを要求されないような展開だったことを考えれば、 距離克服したと結論付けるのは早計だったりするし、何せ破った相手がねぇ。展開利があったとはいえ、アグネスフォルテを捕らえることができないような馬を相手に完勝してもあまり評価はできないんじゃないかと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。