今週のメインdeパツイチ2016
第69回鳴尾記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第69回 鳴尾記念 阪神・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2016年6月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メイショウナルト 七夕賞 1着 一変するのは来月から?ここは様子見。 - -
2 2 プランスペスカ メトロS 4着 前2走まずまずだが重賞ではさすがに... - -
3 3 サトノノブレス 菊花賞 2着 前走イマイチもこの条件ならそれなりに。 -
4 アズマシャトル 小倉記念 1着 実績は評価も久々が鍵。仕上がり次第で。
4 5 アクションスター 京成杯 2着 去年以降の成績物足りず。多少良化はしたが... -
6 トラストワン アンドロメダ 2着 詰め甘い。入着はありそうだがそれ以上は。 - -
5 7 パッションダンス 新潟大賞典 1着 前走快勝。ただやや新潟専門っぽいのが... -
8 メイショウカンパク 京都大賞典 1着 スランプ続く。今回も一変は望めそうになく。 - -
6 9 マジェスティハーツ 鳴尾記念 2着 去年の2着馬。ただ近走イマイチなのが... -
10 ヤマカツエース NZトロフィー 1着 GIII好走評価。今回久々だがいきなりでも
7 11 フラガラッハ 中京記念 1着 一昨年の3着馬だが目標は次の中京記念? - -
12 ステファノス QE2世C 2着 GI好走評価。ただ久々だし過信は禁物。
8 13 クランモンタナ 新潟記念 2着 多少走るようになるが重賞では苦しいか。 - -
14 フレージャパン メトロS 3着 たまに一発あるが重賞ではさすがに力不足で。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第69回鳴尾記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第69回鳴尾記念の展望と予想とヨタ話

 宝塚記念のステップとしては少々地味めな一戦だが...
 ラブリーデイを輩出して状況が一変?第69回鳴尾記念。

 という訳で、この鳴尾記念。前述しているように、宝塚記念を見据えた一戦ではあるが...GIIIだとか、他に有力なステップがあるとか、そもそも宝塚記念を目標にしている馬が少なめだとか、 そういう原因があるのかどうも盛り上がりに欠けるのがこの鳴尾記念。ただ、去年このレースを勝ったラブリーデイが宝塚記念、そして天皇賞秋を制するなど、一気に飛躍したことを考えるとねぇ。 ちょっと流れは変わりつつあるのかもしれませんな。

 まぁ、それは結果が出てから考えるとして、とりあえず今回の鳴尾記念。GIで好走しているステファノス・サトノノブレスとかいたりするが、そこまで抜けた馬はおらずGIIIらしいメンバー構成に。 ただ、別定戦とか馬場コンディションの良い開幕週ということもあってか、人気所がきっちり能力を発揮して上位を確保するのがこの鳴尾記念だったりするだけにねぇ。 ここは素直に実績馬中心で勝負するのが正解だったりするんじゃないでしょうか。

 という訳で、中心はヤマカツエース。実績的にはGI好走しているステファノス・サトノノブレスなのかもしれないが、この手のGIIIで大崩れせず上位確保している点を評価。 あと、負けてはいるが京都記念とか札幌記念で強敵相手に好走していたりするしさ。で、これに続く形でステファノス・サトノノブレスといった感じかな。

<第69回鳴尾記念予想>

◎ヤマカツエース
○アズマシャトル
▲サトノノブレス
△ステファノス
△パッションダンス

 能力的にはアズマシャトルもアリだが、長期休養明けが...

結果

1着サトノノブレス
2着ステファノス
3着プランスペスカ
4着パッションダンス
5着マジェスティハーツ

タイム:1分57秒6(R) 3F:35.1秒
サトノノブレス 牡6歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・池江厩舎
単勝:3番380円
複勝:3番150円、12番160円、2番2760円
枠連:3-7 580円 馬連:3-12 630円
馬単:3-12 1210円
3連複:2-3-12 33750円
3連単:3-12-2 123600円
ワイド:3-12 320円
    2-3 7090円 2-12 9050円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。だけど、軸馬が来ていないのはなぁ。
 当てたとはいっても人気所で配当も微妙だし...

 まぁ、それはともかく。鳴尾記念の結果。先行馬が少なく、メイショウナルトがすんなりハナを奪って逃げる展開に。 あとは「このまま淡々と流れ直線での追い比べ勝負」になりそうな感じだったが、逃げたメイショウナルトがペースを落とさず逃げたもんで、 極端な上がり勝負にはならず。

 そんなこんなで、各馬位置取りに関わらずそれなりに能力を発揮できる展開になったもんで、終わってみれば実績馬が手堅く上位を占める結果に。 好位追走から抜けてきたサトノノブレスがそのまま押し切って1着。中団から伸びてきたプランスペスカが2着を確保。

 という訳で、勝ったのはサトノノブレス。大崩れすることもそれなりにある馬だが、きちんと走ればこれ位はやれる馬だけにねぇ。まぁ、妥当な結果でしょう。 2着のステファノスは前走から間隔開いたがそこまで影響は出なかったようで。この馬も能力通りの走りをしてこの結果に。 とりあえず、今回の上位2頭、これだけやれるのであれば今後もそれなりに期待はしていいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。