今週のメインdeパツイチ2016
第21回マーメイドステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第21回 マーメイドステークス 阪神・芝2000m  3歳上牝オープン(GIII) 2016年6月12日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ココロノアイ チューリップ 1着 3歳以降の成績物足りず。一変は... - -
2 2 ナムラアン 都大路S 1着 牡馬相手に好走。牝馬同士なら55kgでも。 -
3 3 アカネイロ パールS 5着 昇級戦5着も51kgなら多少は通用しそうで。 -
4 レッドオリヴィア パールS 2着 準OPの走り評価。52kgだし展開次第で上位も。 -
4 5 ハピネスダンサー 中山牝馬S 5着 ややジリっぽいが手堅く差を詰めるのは評価。
6 ショウナンバーキン ムーンライト 2着 そこそこ差は詰めるがそこそこ止まりでは。 -
5 7 ヒルノマテーラ ローズS 5着 重賞でも好走ある馬。51kgなら一発あっても。
8 タガノエトワール 秋華賞 3着 前走の大敗気がかりも立て直していれば。
6 9 メイショウマンボ エリ女王杯 1着 一変する気配なく。さすがに厳しいか... - -
10 ゴールドテーラー テレ玉杯 1着 堅実駆けや50kg魅力だが少々力不足っぽく。 - -
7 11 ウインリバティ ムーンライト 1着 2桁着順続く。ここではちと厳しいか。 - -
12 リラヴァティ 福島牝馬S 2着 去年の8着がちと気になり。手頃な条件だが... -
8 13 シュンドルボン 中山牝馬S 1着 能力は通用も56kgが鍵。他が軽いだけに... -
14 シャイニーガール スイートピー 1着 ケツ争いばかり。49kgでも出番はなさそう。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第21回マーメイドステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第21回マーメイドステークスの展望と予想とヨタ話

 秋に向けての布石となればいいのだが...
 なかなかうまくいかない一戦、第21回マーメイドS。

 という訳で、このマーメイドステークス。秋のGIに向けここで賞金を加算しておこうと考える陣営が多いのか、毎年それなりの馬が揃うのだが... 2桁人気馬に荒らされてしまうことが多々あり、なかなか思ったような結果にならないのがこのマーメイドステークス。

 そんなこんなで、何かと荒れがちなこのマーメイドステークス。今年は傑出馬不在で混戦模様ということもあって極端な波乱は望めそうにないが、 かといって順当に決まりそうなメンバー構成でもなく、それなりの波乱は見込めそうな一戦に。さらにいい塩梅の斤量差もあったりするしさ。

 でもって、そんなマーメイドステークスの予想。ここは実績馬をある程度おさえつつ、軽ハンデ馬で一発狙ってみるのが妥当なところでしょう。 都大路Sで牡馬を蹴散らしたナムラアン、GI好走あるタガノエトワール、前々走の中山牝馬S勝ち評価できるシュンドルボンといった実績馬をおさえつつ、 昇級戦のパールSでは4着に敗れるものの、強敵揃いのローズSで5着を確保した能力を考えればもう少しやれていい筈のヒルノマテーラ、 少々詰めは甘いが53kgならもう少し上の着順はとれそうなリラヴァティ・ハピネスダンサーで一発狙う...といった感じでしょうか。

<第21回マーメイドステークス予想>

◎ナムラアン
○ヒルノマテーラ
▲タガノエトワール
△リラヴァティ
△ハピネスダンサー
△シュンドルボン

 もう少し手を広げることができるのであれば、
 レッドオリヴィア・アカネイロも絡めたいところだが...

結果

1着リラヴァティ
2着ヒルノマテーラ
3着ココロノアイ
4着シュンドルボン
5着ハピネスダンサー

タイム:1分59秒3 3F:35.7秒
リラヴァティ 牝5歳
騎手:松若風馬 厩舎:栗東・石坂厩舎
単勝:12番1080円
複勝:12番370円、7番370円、1番310円
枠連:5-7 2390円 馬連:7-12 6030円
馬単:12-7 11720円
3連複:1-7-12 24090円
3連単:12-7-1 147190円
ワイド:7-12 1870円
    1-12 2170円 1-7 2240円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。悪くはない狙いだったが...
 ちょっと印が食い違っていて結局△○で引っかけた程度。

 でもって、マーメイドステークスの結果。これまでのような「2桁人気馬の爆走で大波乱」というパターンではなかったが、 人気のシュンドルボン・ハピネスダンサーが4・5着止まりで馬券に絡めなかったり、5〜7番人気が1〜3着を占めたりしたもんで、それなりに荒れたレースに。

 レース自体は、好位から競馬したリラヴァティ・ココロノアイがそのまま前で粘って1・3着を確保。ただ、ベタな前残りのレースにはならず、道中最後方だったヒルノマテーラが大外一気で突っ込み2着を確保する結果に。 まぁ、ヒルノマテーラは軽ハンデだとか雨の影響があったのか良馬場の割には多少時計を要す馬場だったりとかいい塩梅に嵌まった感あるだけに、実質的には前残りのレースだったのかもしれませんが。

 まぁ、それはともかく。勝ったのはリラヴァティ。準OPのパールSから連勝で重賞制覇という形だが、元々重賞で好走ある馬だし、能力的にはこれ位はやれてよかったんでしょうな。 ハンデも53kgと軽めだったし、いい塩梅に流れに乗れたこともあってこの結果に。まぁ、今回よりも相手強化されるとちと微妙な感じするだけに、GIでどこまでやれるかは未知数だったりしますが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。