今週のメインdeパツイチ2016
第52回関東オークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第52回 関東オークス 川崎・ダ2100m  3歳牝オープン(JpnII) 2016年6月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スティルフル シーサイドJ 3着 南関東での成績散々。この条件では。 - -
2 2 リン 新春ペガサス 5着 中央500万下で大敗。能力不足。 - -
3 3 マテリアメディカ すずらん特別 1着 東京プリンセス賞7着で決着済。ここでは。 - -
4 ブライトリビング 500万下 1着 新馬・500万下勝ちの内容評価。侮れぬ。
4 5 ディーズプラネット エーデル賞 3着 強敵下した前走評価も距離延長が鍵で。
6 アルセナーレ 500万下 1着 一本調子だが嵌まれば押し切りあっても。
5 7 ミスミランダー ラブミー記念 1着 エーデル賞11着が問題。交流重賞では。 - -
8 ポッドガゼール プリンセス賞 5着 この条件では展開嵌まらない限り出番は... -
6 9 ビッグピンク Sデビュー 2着 未勝利。この条件ではさすがに出番は... - -
10 オツボネサマ ドリームCh 1着 前走が負けすぎ。短距離じゃないとムリ? - -
7 11 ワカチナ プリンセス賞 4着 やや差のある競馬続く。交流重賞では... - -
12 エメンタールベルン 東京2歳優駿 5着 前走楽勝も今回相手一気に強化され。 - -
8 13 タイニーダンサー 北海道2歳 1着 前2走が案外も2歳時の勢い戻れば。
14 ツリーナッツヒメ フルールC 4着 成績頭打ち。自己条件じゃないと出番は... - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第52回関東オークスの展望と予想とヨタ話

 3歳ダート路線もぼちぼち佳境に。
 まずは牝馬の出番。第52回関東オークス。

 でもって、この関東オークス。前述しているように、ダート路線を歩む3歳牝馬にとっての大一番となるのがこの関東オークス。 さらに、3歳ダート路線の大一番となるJDダートや秋のダート牝馬路線に繋がる一戦だったりもしますからねぇ。JpnIIという格の割には地味な重賞だが見逃せない一戦。

 で、今年の関東オークス。南関東の牝馬二冠で好走したモダンウーマン・リンダリンダがここではなく東京ダービーに駒を進めたこともあって、南関東勢が手薄。 そんなこんなで、ここはもう中央勢の独壇場だったりするんじゃないでしょうかねぇ。交流重賞2勝のタイニーダンサーや、強敵を下して端午Sを制覇したディーズプラネットなど、 なかなかの馬が揃っていたりもするしさ。

 という訳で、予想も中央勢中心になってしまうのは仕方がないところ。あとはその中の順序付け。近走成績を考えれば端午S勝ちのディーズプラネットなのだが...距離延長と展開がちょっとねぇ。 ここは、近走イマイチな競馬続くが相手弱化&距離延長&好位からの競馬で巻き返しありそうなタイニーダンサーで勝負してみましょうか。で、これに続く形でディーズプラネット、 そして500万下勝ちのアルセナーレ・ ブライトリビングを。

<第52回関東オークス予想>

◎タイニーダンサー
○アルセナーレ
▲ディーズプラネット
△ブライトリビング

 まぁ、アルセナーレ1着付けで一発狙うのもアリかな。
 こういう組み合わせだし、単騎逃げ出来れば押し切りも...

結果

1着タイニーダンサー
2着ミスミランダー
3着アルセナーレ
4着ディーズプラネット
5着ブライトリビング

タイム:2分19秒1 3F:39.6秒
タイニーダンサー 牝3歳
騎手:戸崎圭太 厩舎:美浦・伊藤圭厩舎
単勝:13番310円
複勝:13番140円、7番540円、6番140円
枠連:5-8 1930円 馬連:7-13 6430円
枠単:8-5 2670円 馬単:13-7 8550円
3連複:6-7-13 4230円
3連単:13-7-6 37780円
ワイド:7-13 1380円
    6-13 220円 6-7 1350円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。タイニーダンサーは妥当なところだが...
 2着ミスミランダーですか。多少好走はある馬だが...うーん。

 まぁ、それはそれとして。関東オークスの結果。前を伺う馬がちらほらいたりしたが、やはりアルセナーレがハナ。 そんなこんなで、隊列がすんなり確定したもんで緩めのペースに。で、あとは2周目3〜4コーナ手前付近から各馬スタートというありがちな展開に。

 しかし...あっさり決着してしまいましたねぇ。2番手から競馬したタイニーダンサーが直線に入って先頭、そしてそのまま後続を引き離してゴールへ一目散。 最終的には2着に2・1/2馬身の差をつけ完勝。そして、逃げ粘るアルセナーレやじわり差を詰めてきたディーズプラネットを退けたミスミランダーが2着を確保。

 という訳で、勝ったのはタイニーダンサー。着差は2・1/2馬身だったが、余裕の内容。着差以上に強い競馬したんじゃないでしょうか。 まぁ、エーデルワイス賞・北海道2歳優駿の内容を考えれば、これ位はやれて当然だったりするんでしょうけどね。今回は「貫禄勝ち」といったところでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。