今週のメインdeパツイチ2016
第23回函館スプリントステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第23回 函館スプリントステークス 函館・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2016年6月19日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レッツゴードンキ 桜花賞 1着 条件楽になるが頭打ちの現状では... - -
2 ヤマニンプチガトー カーバンクル 4着 最近人気以上に走ること多く。一発注意。 -
2 3 シュウジ 小倉2歳S 1着 伸び悩む。距離短縮で変わればいいが。 -
4 オデュッセウス 橘S 1着 手頃な条件だが今回古馬勢がちと手強く。 -
3 5 エポワス UHB賞 1着 前2走が物足りず。重賞では苦しいか。 - -
6 セイコーライコウ アイビスSD 1着 2年連続4着。目標は次のアイビスSDか? - -
4 7 オメガヴェンデッタ 阪急杯 2着 前々走を再評価。ここなら勝ち負けに。
8 ティソーナ マーガレット 1着 OP勝ち評価も前走のブービーが気掛かり。 - -
5 9 アクティブミノル セントウルS 1着 立ち直る。仕上がっていればここでも。 -
10 スカイキューティー サンライズS 1着 昇級して頭打ち。今回同型も揃って... - -
6 11 キャンディバローズ ファンタジー 1着 今回古馬が相手だがこの斤量は魅力。 -
12 ティーハーフ 函館SS 1着 去年の勝ち馬だがそれ以降の成績が... - -
7 13 アースソニック 函館SS 2着 去年の2着馬。この条件なら一変も。 -
14 ローレルベローチェ シルクロード 2着 展開と久々が鍵も行き切れれば出番も。
8 15 ファントムロード フリーウェイ 1着 準OP止まりの馬っぽく。重賞では。 - -
16 ソルヴェイグ フィリーズ 1着 巻き返しあっていい条件だが過信は禁物で。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第23回函館スプリントステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第23回函館スプリントステークスの展望と予想とヨタ話

 今週から夏の北海道シリーズ、スタートです。
 あと、サマーシリーズも。第23回函館スプリントステークス。

 という訳で、この函館スプリントステークス。前述しているように、夏の北海道シリーズ一発目の重賞、そしてサマースプリントシリーズの開幕戦。 小倉や新潟決め打ちで挑んでくる馬もいるだけに、「短距離路線の有力馬がこの函館SSに集結!」というパターンにはならなかったりするが、 それなりにメンバー揃うのがこの函館スプリントステークス。

 でもって、今年の函館スプリントステークス。高松宮記念など、春の主要な短距離レースを使った後一息入れていたスプリンターが、 サマースプリントシリーズ、そしてその先にある大一番・スプリントステークスに向けここで始動するというのはいつも通りなのだが...今年は3歳馬も多数参戦してきたもんで、例年以上に混戦模様に。

 そんなこんなで、混戦模様となった今回の函館スプリントステークス。重賞・OPで好走している割には斤量軽めの3歳勢は魅力的だが...ここは古馬勢で勝負してみましょう。 中心はオメガヴェンデッタ。重賞勝ちはないが、強敵揃ったスワンS・阪急杯で好走しているし、先行勢を一通り行かせて好位から競馬できるのも○だしさ。あとは、高松宮記念4着で復調をアピールしたアクティブミノル、 同型の出方と久々が鍵も行き切れれば押し切りありそうなローレルベローチェ辺りを。あと、重賞勝っているが3歳牝馬ということで50kgとかなり有利な斤量で出走できるキャンディバローズ・ソルヴェイグも。

<第23回函館スプリントステークス予想>

◎オメガヴェンデッタ
○アースソニック
▲アクティブミノル
△キャンディバローズ
△ローレルベローチェ
△ソルヴェイグ

 あと、近走イマイチだが函館で一変ありそうなアースソニックも。
 一応、去年の2着馬だし、重賞で好走も多い馬だしさ。

結果

1着ソルヴェイグ
2着シュウジ
3着レッツゴードンキ
4着アクティブミノル
5着エポワス

タイム:1分07秒8(R) 3F:34.4秒
ソルヴェイグ 牝3歳
騎手:丸田恭介 厩舎:栗東・鮫島厩舎
単勝:16番3940円
複勝:16番850円、3番250円、1番320円
枠連:2-8 3850円 馬連:3-16 17090円
馬単:16-3 36650円
3連複:1-3-16 43840円
3連単:16-3-1 397650円
ワイド:3-16 4740円
    1-16 6050円 1-3 1030円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、ソルヴェイグはアリなんだが...
 この人気だったら思い切ってここから入るのも手だったなぁ。

 まぁ、それはともかく。函館スプリントステークスの結果。ローレルベローチェが逃げ、それをソルヴェイグ・アクティブミノルが追いかける展開。 ペースも前半3ハロン通過が33.4秒とかなり速めだったが、今年の函館は例年以上に時計の出る馬場だったようで、このペースでも前に行った馬、止まらず。 結局、差を詰めてきたのは内をロスなく回って抜けてきたレッツゴードンキぐらいで、ほぼ前残りの結果に。

 でもって、勝ったのはソルヴェイグ。4コーナーで逃げたローレルベローチェを交わし早々に先頭。直線ではソルヴェイグを見る形で駒を進めたシュウジに捕まり、 一旦は前に出られてしまう場面もあったが、盛り返してこの結果に。まぁ、この辺りは斤量差が影響した感は否めませんが。

 しかし、どうなんでしょうかねぇ。この結果。「新興勢力の台頭」と言ってしまってもいい結果ではあるが、 3歳や牝馬ということで斤量が軽めになっていた分好走できた感あるだけにねぇ。評価は一旦保留にしておいた方がいいかな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。