今週のメインdeパツイチ2016
第18回東京ジャンプステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第18回 東京ジャンプステークス 東京・芝3110m  3歳上オープン(J.GIII) 2016年6月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エイシンフランキー 障・オープン 1着 緩い条件で勝った感有。重賞となると? -
2 2 トーセンハナミズキ 障・オープン 2着 前々走ぐらい走っても重賞ではさすがに。 - -
3 3 アロヒラニ 障・オープン 1着 前2走評価。重賞でもこの相手なら。
4 ウインヤード 障・オープン 2着 前走走り一変したがこの条件でどこまで。 - -
4 5 メイショウヒデタダ 障・未勝利 1着 マイペースの逃げなら一発有。昇級戦でも。
6 ラガーギアチェンジ 障・未勝利 1着 前走3着とはかなりの差。能力高そうで。 -
5 7 ビップハテンコウ 障・オープン 1着 入障後の成績悪くなく。まだ上目指せる。
8 ビコーピリラニ 中山GJ 4着 着順の割には差のある競馬続く。ちと辛い。 - -
6 9 ブライトボーイ ペガサスJS 2着 東京で一変する可能性有。見限れぬ。
10 ユキノスライダー 障・オープン 1着 良績新潟に集中。障害の難易度上がると... - -
7 11 タナトス 東京ジャンプ 2着 去年の2着馬。流れにさえ乗れれば。 -
12 オジュウチョウサン 中山GJ 1着 実績ダントツも東京ではちと足りないのが... -
8 13 テーオーゼウス 障・オープン 3着 着拾う程度の馬。去年の8着以上は... - -
14 クラウンデピュティ 中山新春JS 7着 昇級後の成績がイマイチ。ここでは... - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第18回東京ジャンプステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第18回東京ジャンプステークスの展望と予想とヨタ話

 大障害をパスする馬にとってはここからが本番?
 夏から秋にかけ一稼ぎ。第18回東京ジャンプステークス。

 という訳で、この東京ジャンプステークス。中山大障害を目指さない馬にとっては、夏から秋にかけ続くジャンプ重賞が稼ぎ時ということもあって、 この東京ジャンプステークスにもこの手の重賞で一稼ぎを目論む馬が多数参戦することに。

 ただ、今年は中山グランドジャンプ勝ちのオジュウチョウサンがいたり、 この手の重賞で好走している馬が少なめでOP・未勝利勝ちの新興勢力が主力を形成するような状況になっていたりと、 例年とちと違ったメンバー構成になっているのがねぇ。例年通りなら、重賞好走馬やオープン快勝馬を狙っていけばいいんだが...

 そんなこんなで、ちょいと厄介な今年の東京ジャンプステークス。実績的には中山グランドジャンプ勝ちのオジュウチョウサンなのだが、 去年の東京ジャンプSでは差のある4着など東京ではちとイマイチだったりするのがねぇ。ここは、OPでちと足りない競馬続くが東京で一変する可能性あるブライトボーイや、 入障して好走続けるアロヒラニ・ビップハテンコウ辺りで勝負してみてもいいんじゃないかと。 あと、この組み合わせなら未勝利勝ち直後だがメイショウヒデタダ・ラガーギアチェンジもアリかもしれませんな。

<第18回東京ジャンプステークス予想>

◎ブライトボーイ
○メイショウヒデタダ
▲アロヒラニ
△ビップハテンコウ
△オジュウチョウサン
△エイシンフランキー

 しかし、どの馬も決定打がないのがねぇ。
 ここはある程度荒れることを前提にした方がいいのかも...

結果

1着オジュウチョウサン
2着ウインヤード
3着タナトス
4着エイシンフランキー
5着アロヒラニ

タイム:3分26秒2 3F:39.8秒
オジュウチョウサン 牡5歳
騎手:石神深一 厩舎:美浦・和田厩舎
単勝:12番200円
複勝:12番130円、4番1030円、11番370円
枠連:3-7 450円 馬連:4-12 8920円
馬単:12-4 12350円
3連複:4-11-12 27550円
3連単:12-4-11 121550円
ワイド:4-12 2320円
    11-12 690円 4-11 4660円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ウインヤードはちょっとなぁ。
 とはいえ、オジュウチョウサン薄めではどうにもなりませんが。

 まぁ、それはともかく。東京ジャンプステークスの結果。それほど先行馬がいなかったこともあって、メイショウヒデタダ・クラウンデピュティ・エイシンフランキー・タナトス辺りがすんなり先行する形となったが、 思ったほど落ち着かず、小競り合いが続いたもんだから馬群は縦長に。そんなこともあってか、前に行った馬がそこまで粘れず、中団待機から伸びてきたオジュウチョウサン・ウインヤードに捕まり終了。

 そんなこんなで、勝ったのはオジュウチョウサン。実績を考えれば妥当なところだが、これまで好走歴が少なかった東京で結果残せたのは評価していいんじゃないでしょうか。 これだけやれるのであれば、大障害だけではなく他の重賞でも活躍できそうですな。あと、2着のウインヤード。前走の2着だけならフロック扱いされても仕方がないところだが...今回もきっちり走ってこの結果ですからねぇ。 クラス慣れして本格化した可能性もあるんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。