今週のメインdeパツイチ2016
第21回プロキオンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第21回 プロキオンステークス 中京・ダ1400m  3歳上オープン(GIII) 2016年7月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ワンダーコロアール アハルテケS 3着 復調してきたが重賞ではさすがに辛いか。 - -
2 2 カフジテイク 夏至S 1着 中京ダ1400mでも好走有。展開さえ嵌れば。 -
3 グレープブランデー フェブラリー 2着 前走健闘するも、あって去年の5着並みか。 - -
3 4 ブライトライン みやこS 1着 今回斤量楽になる。まだまだやれそうで。
5 クラリティスカイ NHKマイルC 1着 血統的にはダこなせていいが、近走成績が... - -
4 6 ムスカテール 川崎記念 2着 ダートに戻ってきたが...今回条件厳しくて。 - -
7 ワイドバッハ 武蔵野S 1着 2年連続7着。やはり中京で追い込みは... - -
5 8 ダノングッド 安芸S 1着 準OP連勝評価も重賞は少し荷が重いかも。 - -
9 キングズガード 栗東S 1着 OPも快勝。今回重賞だが通用していい。 -
6 10 ニシケンモノノフ 兵庫ジュニア 1着 ダ1400mならどこでも手堅く走る。ここでも。
11 マルカフリート カペラS 3着 末脚は健在だが完全に展開頼みの馬で。 -
7 12 ポメグラネイト 栗東S 2着 OPで少々頭打ち。重賞ではちと苦しいか。 - -
13 タガノトネール 南部杯 2着 流れに乗れれば上位狙える条件。ここなら。
8 14 ノボバカラ かきつばた記 1着 前走ダノンレジェンドとハナ差。能力は通用。 -
15 キクノストーム カペラS 1着 大駆けタイプの馬だが去年の10着が気になり... -

以上登録15頭(出走馬、馬連順)
※念の為、第21回プロキオンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第21回プロキオンステークスの展望と予想とヨタ話

 春のダート短距離路線、締めくくりはこのレース?
 妙にメンバー揃う一戦、第21回プロキオンステークス。

 という訳で、このプロキオンステークス。ダート短距離路線、春にはこれといった大一番がないこともあって、東京スプリントやさきたま杯、そしてこのプロキオンS辺りに有力馬が集中。 で、今年も例年通りダート短距離路線の有力馬がこのプロキオンステークスに多数参戦することに。

 そんなこんなで、今回のプロキオンステークス。前述しているように、それなりの馬が揃ったが...実績的にそこまで抜けた馬はおらず、 OP・準OPを勝ち上がった新興勢力と重賞好走経験ある馬がせめぎ合っているような状態。さらに、展開に注文がつく馬が多いもんで...ねぇ。何かと読み辛い厄介な一戦になってしまいました。

 と、まぁ、そんな感じで、予想するのも何かと厄介。とりあえず、OPを好内容で勝っただけではなくダート短距離路線で好走続けるダノンレジェンド相手に肉薄した経験もあるニシケンモノノフ・ノボバカラ辺りから入ってみるが... ここは、この手の短距離なら手堅く上位確保するタガノトネール、展開が鍵だが3連勝でOPまで制覇した勢い怖いキングズガード、斤量が58kg→56kgと軽くなるブライトラインまで手広く勝負してみるのが正解だったりするんじゃないでしょうか。

<第21回プロキオンステークス予想>

◎ニシケンモノノフ
○タガノトネール
▲ノボバカラ
△キングズガード
△ブライトライン

 あとは、オッズ次第といった感じかな。

結果

1着ノボバカラ
2着ニシケンモノノフ
3着キングズガード
4着ブライトライン
5着グレープブランデー

タイム:1分22秒1 3F:36.7秒
ノボバカラ 牡4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:美浦・天間厩舎
単勝:14番330円
複勝:14番130円、10番150円、9番130円
枠連:6-8 860円 馬連:10-14 870円
馬単:14-10 1440円
3連複:9-10-14 1020円
3連単:14-10-9 4510円
ワイド:10-14 340円
    9-14 250円 9-10 420円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。そこそこ、といったところでしょうか。
 もう少し人気が割れてくれればいい塩梅になったんだが...

 まぁ、それはともかく。プロキオンステークスの結果。それなりに前に行く馬はいたが、ハナを奪取する勢いで出て行ったノボバカラ、 道中は手控えて好位3番手からの競馬となったが、4コーナーで早々に先頭に。逃げたワンダーコロアールが直線入ったところで二の足を使ったこともあって、 一旦ポジションを下げるものの、残り200mで盛り返して再び先頭に立つと、あとはそのまんま。迫るニシケンモノノフも悠々退け快勝。

 という訳で、勝ったのはノボバカラ。相手それなりに揃っていたが、実績を考えればこれ位はやれていい馬だし、妥当な結果でしょう。 展開的にも波乱はなかったしさ。2着以下も順当。ただ、2着のニシケンモノノフは、外を回ったロスがなければ...といった感じの競馬だけにねぇ。 ノボバカラを逆転するだけの能力は持っているんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。