今週のメインdeパツイチ2016
第48回函館2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第48回 函館2歳ステークス 函館・芝1200m  2歳オープン(GIII) 2016年7月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ネコワールド ダ千四1:26.2 1着 ダート専門っぽく。芝ではちと狙い辛く。 - -
2 フクノクオリア 芝千二1:09.6 1着 そこそこ走るがもう一押しないと重賞では。 - -
2 3 ザベストエバー 芝千0:57.4 1着 好タイムで快勝した新馬戦評価。ここでも。 -
4 メローブリーズ 芝千二1:11.0 1着 新馬戦余裕の勝利もちと相手弱かった? - -
3 5 タイムトリップ 芝千二1:09.7 1着 新馬戦はちと展開嵌まった感有。ここだと? - -
6 モンドキャンノ 芝千二1:09.4 1着 なかなかの相手に快勝。ここでも上位に。
4 7 ラッシュアウト 芝千二1:10.3 1着 未勝利脱出に少々時間要したのが... - -
8 バリンジャー 芝千二1:10.6 1着 直線軽く追った程度で快勝。まだ伸びる。
5 9 バンドオンザラン 栄冠賞 1着 道営成績評価も芝ではちとスピード不足? - -
10 ロイヤルメジャー 芝千二1:10.2 1着 牝馬限定戦だったが快勝は一応評価でき。 -
6 11 ピンクドッグウッド ウィナーズ 1着 前々走バンドオンザランに先着。ただ、芝が... -
12 レヴァンテライオン 芝千二1:10.9 1着 最後の一伸び評価。能力通用しそうで。
7 13 ポッドジーニー 芝千二1:10.9 1着 馬なりで押し切ったスピード評価。重賞でも。
14 ドゥモワゼル 芝千二1:10.6 1着 出遅れ挽回し快勝した未勝利戦評価でき。 - -
8 15 ガーシュウィン 芝千0:58.1 1着 新馬の勝ちっぷり評価。重賞でも勝ち負けに。 -
16 ラーナアズーラ 芝千二1:10.4 1着 平凡。重賞ではもう一押しないと苦しい。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第48回函館2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第48回函館2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 夏競馬といえば2歳戦も忘れちゃいけませんぜ。
 2歳馬にとって初の重賞・第48回函館2歳ステークス。

 しかし、この函館2歳ステークス。2歳馬にとって初の重賞となることもあって、判断材料が少なく、予想し辛い一戦。 新馬戦で「明らかに能力が違う」という勝ちっぷりをした馬が出てくるのであれば、そこから入ってしまえばいいんだが...ねぇ。 後続に差をつけて勝ったとか、勝ちタイムが良かったとか、そういうので単純に決められないのが何かと厄介。

 で、今年の函館2歳ステークス。新馬戦で後続馬を寄せ付けず楽勝している馬がちらほらいたりするが...どの馬も決定打を欠く印象。 とりあえず、この時期の2歳戦らしくスピード重視で新馬戦を好タイムで楽勝したザベストエバー、単騎逃げから悠々と押し切ったポッドジーニー辺りから入って、 好位から競馬して快勝したバリンジャー・モンドキャンノ、直線で馬群を捌くのに苦労した分仕掛けが遅れたが、その後の抜群の伸びをみせ差し切ったレヴァンテライオンで勝負してみますが...うーん、難しいところですな。

<第48回函館2歳ステークス予想>

◎ザベストエバー
○レヴァンテライオン
▲ポッドジーニー
△バリンジャー
△モンドキャンノ
△ガーシュウィン

 穴でこの時期好走例多い道営勢を狙うという手もあるのだが...
 今回出走の2頭、芝向きという感じがしないのがなぁ。

結果

1着レヴァンテライオン
2着モンドキャンノ
3着タイムトリップ
4着メローブリーズ
5着ドゥモワゼル

タイム:1分09秒2(R) 3F:35.7秒
レヴァンテライオン 牡2歳
騎手:三浦皇成 厩舎:栗東・矢作厩舎
単勝:12番720円
複勝:12番190円、6番110円、5番1040円
枠連:3-6 620円 馬連:6-12 660円
馬単:12-6 1670円
3連複:5-6-12 13330円
3連単:12-6-5 64380円
ワイド:6-12 340円
    5-12 7720円 5-6 2090円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。とりあえず的中はしたが...
 穴予想なのに1・2番人気の組み合わせというのはねぇ。

 ...まぁ、それはそれとして。函館2歳ステークスの結果。新馬戦同様、一通り行く馬を行かせて好位から競馬したレヴァンテライオン、 今回は前走のように馬群を捌くのに苦労する場面もなくすんなり先頭へ。直線で外にヨレたこともあって1番人気のモンドキャンノに詰め寄られる場面もあったが、 決定的なロスにはならず、そのまま押し切って勝利。

 しかしなぁ、何だかんだ言ったが、結局、1・2番人気の組み合わせで決着するという順当な結果に。 レヴァンテライオンもモンドキャンノも新馬戦でそれなりの見せ場作って勝った馬だけに、妥当といえば妥当な結果だったりするんだが...ねぇ。ここまですんなり決まってしまうとは。 まぁ、3着に13番人気のタイムトリップ、4着に8番人気のメローブリーズが入っていることを考えると、今回の人気馬同士の決着は偶然だった可能性もあったりしますが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。