今週のメインdeパツイチ2016
第64回クイーンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第64回 クイーンステークス 札幌・芝1800m  3歳上牝オープン(GIII) 2016年7月31日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダンツキャンサー 安土城S 2着 今回距離延長&斤量増。さすがに厳しい。 - -
2 2 マコトブリジャール 福島牝馬S 1着 展開が鍵。前走みたいに嵌ればいいが。 - -
3 3 テルメディカラカラ 晩春S 1着 1800mでも好走ある馬。それよりも展開が鍵。 -
4 4 レッドリヴェール 桜花賞 2着 去年の2着馬だがそれ以降の成績が散々で... - -
5 カトルラポール 由比ヶ浜特別 5着 自己条件でもイマイチ。重賞では... - -
5 6 ウインプリメーラ 京都金杯 1着 手ごろな条件。ここなら巻き返し可能。
7 ナムラアン 都大路S 1着 前走案外。ただ今回別定戦だし巻き返しも。
6 8 ロッテンマイヤー クイーンC 3着 今回条件楽に?一変する可能性はあるが。
9 ノットフォーマル フェアリーS 1着 去年の4着馬だが2桁着順続く現状では。 - -
7 10 マイネグレヴィル フラワーC 2着 そこそこ走る。ただ今回同型馬多いのが... - -
11 シャルール 福島牝馬S 2着 前走の大敗気がかりも前々走ぐらい走れば。 -
8 12 メイショウスザンナ クイーンS 1着 去年の勝ち馬だが大駆けタイプだけに過信は... -
13 リラヴァティ マーメイドS 1着 前走より条件厳しくなる。ここが正念場。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第64回クイーンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第64回クイーンステークスの展望と予想とヨタ話

 今週から札幌・新潟・小倉開催スタート。
 札幌開催一発目の重賞はこれ。第64回クイーンS。

 という訳で、このクイーンステークス。サマーシリーズに組み込まれていないが、ここを使ってローズSや府中牝馬S、そして秋華賞・エリザベス女王杯に向かうというローテーションが組みやすいこともあって、 牝馬路線の有力所が出走してくることも多々あるのがこのクイーンステークス。まぁ、メンバーが揃わず少数頭での開催になることもありますが...

 まぁ、それはともかく。今年のクイーンステークス。豪華メンバーとまではいかないが、オークス2着のチェッキーノや、去年の勝ち馬メイショウスザンナ、 牝馬重賞で好走しているリラヴァティ・マコトブリジャール・シャルール・ウインプリメーラなどの馬がこのクイーンステークスに参戦し、それなりのレベルに。

 で、それなりの馬が出てくるのであれば、それらの馬が手堅く上位を確保するのがこのクイーンステークス...なのだが、思わぬ馬がこれらの人気所に割り込んで荒らすことが多々あるだけにねぇ。 ここは人気所をおさえつつ、うまく穴っぽいところを引っかけるといった感じで予想するのが妥当なところなんじゃないかと。とりあえず、3歳馬だがフローラS楽勝とオークス2着を評価してチェッキーノから入って、 ウインプリメーラ・リラヴァティといった重賞好走馬をおさえつつ、前走の敗北で人気を落としそうなシャルール・ロッテンマイヤー・ナムラアンで高めを狙うといった感じかな。

 ※チェッキーノ取消のため、馬柱・印のみ修正

<第64回クイーンステークス予想>

◎ウインプリメーラ
○ナムラアン
▲シャルール
△ロッテンマイヤー
△リラヴァティ

 テルメディカラカラ・メイショウスザンナも気になるが...
 この辺りは展開嵌まらないと厳しいかな。

結果

1着マコトブリジャール
2着シャルール
3着ダンツキャンサー
4着レッドリヴェール
5着テルメディカラカラ

タイム:1分47秒7 3F:34.3秒
マコトブリジャール 牝6歳
騎手:四位洋文 厩舎:栗東・鮫島厩舎
単勝:2番2020円
複勝:2番530円、11番190円、1番1070円
枠連:2-7 3600円 馬連:2-11 4120円
馬単:2-11 11610円
3連複:1-2-11 60230円
3連単:2-11-1 397120円
ワイド:2-11 1490円
    1-2 6430円 1-11 3660円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、微妙なところですな。
 まぁ、チェッキーノ取消の段階ですでにグダグダだったりしますが...

 それはそれとして。クイーンステークスの結果。終わってみれば福島牝馬ステークス1・2着馬がそのまま1・2着を確保するという順当な結果だったりするが... マコトブリジャールが何かと掴み所がない馬だったりするんでねぇ。前走の福島牝馬ステークスほどではないが、今回もあまり人気にはならず、その結果、結構荒れることに。 まぁ、「思わぬ馬が突っ込んで荒らす」という点では、いつも通りのクイーンSだったりしますが。

 そんなこんなで、今回のクイーンステークス。前述しているように、福島牝馬ステークス1・2着馬がそのまま1・2着を確保するという、実績的には順当な結果。 ただ...人気馬で好走したのはシャルールだけというのはちょっと意外でしたな。ウインプリメーラもロッテンマイヤーもリラヴァティも直線での伸びがイマイチで馬群に沈んでしまう始末。 まぁ、ウインプリメーラ・ロッテンマイヤーは前走大敗から立ち直れていない、リラヴァティは条件厳しくなったのが堪えたと考えれば、この結果は仕方がないのかもしれませんが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。