今週のメインdeパツイチ2016
第51回関屋記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第51回 関屋記念 新潟・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2016年8月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サトノギャラント 谷川岳S 1着 そこそこの末脚は使うがうまく嵌まらないと... -
2 クラリティスカイ NHKマイルC 1着 スランプ続く。手頃な条件ではあるが... - -
2 3 クリノタカラチャン 豊栄特別 1着 昇級後の成績散々。重賞ではさすがに... - -
4 ピークトラム 中京記念 2着 今年の成績評価。ここも無難に上位確保? -
3 5 ダンスアミーガ 中京記念 4着 前走4着は復活の兆し?もう一変あれば。 -
6 ケントオー 中京記念 3着 前2走は評価も重賞ではちょっと足りない? -
4 7 マジックタイム ダービー卿CT 1着 前々走を再評価。牡馬相手でも通用。 -
8 アルマディヴァン 中京記念 2着 去年の4着馬だが今年はそこまでの勢いなく。 - -
5 9 ラングレー 洛陽S 1着 前走案外も瞬発力勝負になりやすい新潟なら。 -
10 レッドアリオン マイラーズC 1着 去年の勝ち馬だがそれ以降の成績が... - -
6 11 ロサギガンティア 阪神カップ 1着 手頃な条件になるがちょっと間隔開くのが... - -
12 ダノンリバティ シリウスS 2着 この条件ならそれなりに。ヒモなら。
7 13 カレンケカリーナ 長岡S 1着 昇級して頭打ち。新潟に良績あるが一変は。 - -
14 マジェスティハーツ 関屋記念 2着 ここ狙いで使ってきた感あり。一変注意。 -
15 リーサルウェポン 愛知杯 2着 2桁着順続く。この条件はちと厳しいか。 - -
8 16 マイネルアウラート 東京新聞杯 3着 走りにムラ有。東京新聞杯ぐらい走れば... -
17 ヤングマンパワー アーリントン 1着 去年は3着。今年もそれ位はやれそうで。
18 タガノエトワール 秋華賞 3着 前走まずまずも今回条件ちと厳しくなり。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第51回関屋記念の展望と予想とヨタ話

 サマー2000に続き、サマーマイルも折り返し地点に。
 といっても3戦しかないんですけどね。第51回関屋記念。

 という訳で、この関屋記念。前述しているように、サマーマイルシリーズの第2戦...なのだが、全部で3戦しかない上に、中京記念や京成杯AHが何かとクセのある重賞だったりするもんで、 シリーズ制覇を目指し積極的に使ってくる馬は少なめ。で、その結果、どのレースもイマイチ盛り上がりを欠くことになりがち。

 ただ、この関屋記念に限れば、別定戦だったり、差し・追込馬も十分勝負になる新潟マイルだったりと、何かと使い勝手のよい条件が揃っていることもあって、 実績馬が多数参戦し、レベル高めの一戦になることもしばしば。今年もGI好走馬や重賞勝ち馬が多数参戦していたりするしさ。

 という訳で、今回の関屋記念。実績馬が揃っていることだし、その辺りから手堅く勝負してしまっていいんじゃないかと。中心はラングレー。前走のエプソムCは不発で9着に敗れてしまったが、 洛陽Sぐらいの走りが出来れば巻き返しあっていい筈。直線が長く瞬発力勝負になりやすいのも有利に作用しそうだしさ。あとは、牝馬だが牡馬を蹴散らしてダービー卿CTを勝ったマジックタイム、 中京記念上位のピークトラム・ケントオー、今回準OPからの昇級戦だったりするが、アーリントンC勝ちや去年の関屋記念3着などそれなりの重賞実績あるヤングマンパワー辺りを。

<第51回関屋記念予想>

◎ラングレー
○マジェスティハーツ
▲マジックタイム
△ピークトラム
△ダノンリバティ
△ヤングマンパワー

 あと、新潟に良績あるマジェスティハーツにも注意。
 前々走の鳴尾記念もまずまずだったし、一変する可能性も...

結果

1着ヤングマンパワー
2着ダノンリバティ
3着マジックタイム
4着ダンスアミーガ
5着ロサギガンティア

タイム:1分31秒8 3F:34.7秒
ヤングマンパワー 牡4歳
騎手:戸崎圭太 厩舎:美浦・手塚厩舎
単勝:17番610円
複勝:17番210円、12番380円、7番170円
枠連:6-8 940円 馬連:12-17 4350円
馬単:17-12 7220円
3連複:7-12-17 5340円
3連単:17-12-7 34040円
ワイド:12-17 1580円
    7-17 530円 7-12 1300円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているんだが...
 軸馬が絡んでこないのではねぇ。うーん。

 それはともかく、関屋記念の結果。スタート直後は各馬様子を窺っていたのかどの馬も積極的には動かず、その結果、ロサギガンティアが押し出されるように先頭に。 ただ、ペースが緩くなると判断したのか、レッドアリオンが一気に上がっていき単騎で逃げる形になったもんで、極端に緩いペースにはならず。

 しかし、終わってみればやはりペースがそこまで速くならなかったのが影響したのか、全般的に前残りの競馬に。レッドアリオンを見る形で2番手集団を追走していたダノンリバティがそのまま粘りきって2着、 そしてその後ろで競馬していたヤングマンパワーが踏ん張るダノンリバティを競り落として1着という結果に。一応、後方待機のマジックタイムも追い込んできたりしたが...粘るロサギガンティアを交わして3着を確保するのがやっとでした。

 そんなこんなで、勝ったのはヤングマンパワー。戦績的には「準オープンを勝った勢いで重賞も制覇」といった感じだったりするが、まぁ、元々重賞勝っている馬だし、能力通りの走りをしただけでしょうな。順当勝ち。 2着のダノンリバティもやや展開嵌まった感はあるが、毎日杯2着などの実績を考えれば妥当な結果だったんじゃないでしょうか。あとは...マジックタイム・ラングレー・ケントオー辺りは展開が向かなかった感じですな。 今回はこういう結果になってしまったが、もう少しいい条件が揃えば巻き返しあっていいんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。