今週のメインdeパツイチ2016
第70回セントライト記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第70回 セントライト記念 中山・芝2200m  3歳オープン(GII) 2016年9月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メートルダール 共同通信杯 3着 ワンパンチ足りない。ここでは3着まで。 -
2 2 ピースマインド プリンシパル 4着 同型馬の出方次第。でも重賞ではちと辛いか。 -
3 3 プロフェット 京成杯 1着 春二冠イマイチ。決め手が足りないようで。 - -
4 4 ディーマジェスティ 皐月賞 1着 実績通り走れば問題ない筈。仕上がり次第で。 -
5 5 マウントロブソン スプリングS 1着 GIでもそれなりに差を詰める。展開次第で。 -
6 キークラッカー 500万下 1着 単騎逃げ可ならここでも。同型馬の出方次第。 -
6 7 ネイチャーレット 500万下 1着 前2走の末脚評価。力つけているようで注意。 -
8 ケンホファヴァルト 北辰特別 1着 一押し足りない。多少展開利あっても苦しい。 - -
7 9 プロディガルサン 東スポ杯2歳S 2着 今年の成績物足りず。一変あればいいが... -
10 ゼーヴィント ラジオNIKKEI 1着 前走もっと離せた筈。相手揃うここでも。
8 11 ノーブルマーズ 白百合S 3着 前2走がちと物足りず。ここでは入着まで。 - -
12 ステイパーシスト 出雲崎特別 1着 前走まずまず。流れに乗れれば多少は。

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第70回セントライト記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第70回セントライト記念の展望と予想とヨタ話

 最後の一冠・菊花賞に向け有力馬続々始動。
 菊花賞トライアル、第70回セントライト記念。

 という訳で、このセントライト記念。前述しているように、3歳牡馬クラシック最終戦・菊花賞に向けての一戦。 ただ、有力所は神戸新聞杯で始動することが多く、そこまでメンバーが揃わなかったりするのがこのセントライト記念。

 しかし、去年、このレースを勝ったキタサンブラックが菊花賞を制したこともあってか、多少流れが変わった様子。 皐月賞馬ディーマジェスティ、スプリングS馬マウントロブソン、ラジオNIKKEI賞馬ゼーヴィント、京成杯馬プロフェットといった実績馬がこのセントライト記念で始動することに。

 そんなこんなで、今回のセントライト記念。ここは実績的にも抜けているし中山でGI勝っているのも評価できるディーマジェスティで勝負...といきたいところだが、ここはこの馬で勝負してみてもいいんじゃないでしょうかねぇ。ゼーヴィント。 重賞を勝っているといってもやや地味なラジオNIKKEI賞だったり、プリンシパルSで3着に敗れダービー出走を逃したりしていることを考えると、実績的には足りない感じがするが... ラジオNIKKEI賞がダイワドレッサーを捌くロスがあったにも関わらず、1・1/4馬身の差をつけ完勝というかなり強い内容だっただけにねぇ。 まだ底見せていないこの馬に期待するのもアリかと。

<第70回セントライト記念予想>

◎ゼーヴィント
○ネイチャーレット
▲ディーマジェスティ
△マウントロブソン
△ステイパーシスト
△メートルダール

 あとは無難にディーマジェスティ、そして重賞・OP好走馬でいいかな。

結果

1着ディーマジェスティ
2着ゼーヴィント
3着プロディガルサン
4着ネイチャーレット
5着ノーブルマーズ

タイム:2分13秒1 3F:35.4秒
ディーマジェスティ 牡3歳
騎手:蛯名正義 厩舎:美浦・二ノ宮厩舎
単勝:4番140円
複勝:4番110円、10番140円、9番140円
枠連:4-7 200円 馬連:4-10 390円
馬単:4-10 480円
3連複:4-9-10 770円
3連単:4-10-9 1820円
ワイド:4-10 180円
    4-9 210円 9-10 580円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんなんでしょうけど...
 ここまでガチガチの決着になってしまうとなぁ。うーん。

 でもって、セントライト記念の結果。それなりに先行馬は揃っていたが、そこまで積極的に出て行かなかったこともあって、ペースは緩め。 となれば、ローズSのように逃げ残りも...なんてことも考えられたが、早め早めに進出した有力所には敵わず。結局、マクって進出してきた1番人気のディーマジェスティが1着、 好位追走から抜けてきた2番人気のゼーヴィントが2着、ディーマジェスティと同じような位置から競馬した3番人気のプロディガルサンが3着と、人気順の決着に。

 しかしなぁ、特に波乱もなく順当に決まってしまうとはねぇ。実績的に抜けているディーマジェスティがすんなり勝ってしまうのはある程度予想はしていたのだが、 2・3着もここまできっちり決まってしまうとは。この調子だと、勢力図は春から変わらず、秋も春のまま決着してしまいそうな感じがするが...どうなんでしょうかねぇ。 とりあえず、この辺りは神戸新聞杯の結果待ちといったところかな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。