今週のメインdeパツイチ2016
第64回神戸新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第64回 神戸新聞杯 阪神・芝2400m  3歳オープン(GII) 2016年9月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヒルノマゼラン アーリントン 6着 前走が案外。阪神で一変あればいいが... -
2 2 ジョルジュサンク すみれS 1着 流れに乗れればそこそこは走る。展開次第で。 -
3 ロードランウェイ 500万下 2着 一押し足りない。重賞では入着までか。 - -
3 4 ロードヴァンドール 藻岩山特別 2着 単騎逃げできる組み合わせだが押し切れる? -
5 カフジプリンス 阿寒湖特別 1着 前走不発。巻き返しあればいいが... - -
4 6 マイネルラフレシア 東スポ杯2歳S 3着 やや見劣る。展開の助けないと出番は。 - -
7 エアスピネル 朝日杯FS 2着 繰り上がりでチャンス巡ってきた。ここなら。 -
5 8 ナムラシングン 若葉S 2着 強敵相手にそこそこ好走有。ヒモで一考。
9 トゥルーハート 500万下 6着 もう少し上は目指せそうだが重賞では厳しい。 - -
6 10 ワンスインアライフ 鳥栖特別 1着 終いは確実もややジリっぽさあるだけに。 - -
11 アグネスフォルテ 京都新聞杯 2着 ダービーがイマイチ。重賞では嵌まらないと... - -
7 12 レッドエルディスト 青葉賞 2着 末脚強烈。展開が鍵だが一発あっても。
13 イモータル 共同通信杯 2着 強敵相手に好走あるが前2走が今一つで。 - -
8 14 サトノダイヤモンド 日本ダービー 2着 GI実績素直に評価。この相手なら順当に。 -
15 ミッキーロケット HTB賞 1着 力つけている。一角崩れるなら出番も。

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第64回神戸新聞杯の展望と予想とヨタ話

 先週のセントライト記念は人気馬同士で順当に決まったが...
 さて、こっちはどうなんでしょうか。第64回神戸新聞杯。

 という訳で、この神戸新聞杯。秋を迎えて勢力図が一変することも結構あるのだが、先週のセントライト記念は春のGI・重賞で好走した馬が上位を確保するという無難な結果に。 マカヒキやリオンディーズといった主力は欠いてるが、これといった入れ替わりは発生せず、春の実績馬で比較的無難に決着しそうな雰囲気あるのが今の3歳牡馬クラシック路線。 この神戸新聞杯もその流れに乗って無難に決着にしそうな感じがするが...さて、どうなんでしょうか。

 でもって、そんな感じの今回の神戸新聞杯。リオンディーズが故障で戦線離脱してしまったが、日本ダービー2着馬サトノダイヤモンド、皐月賞・ダービー4着のエアスピネルといった主力は健在。 夏場の条件戦を好内容で勝ち上がった夏の上がり馬もちらほらいたりするが...ここはもうこの2頭から入るしかないんじゃないかと。

 そんなこんなで、中心はサトノダイヤモンド。ダービーでハナ差の2着は素直に評価していいでしょう。エアスピネルは...皐月賞・ダービーともに上位確保したのは評価するが、 やや差のある4着だったことを考えるとねぇ。サトノダイヤモンドを逆転するのはちと難しいんじゃないかと。まぁ、実績が実績なだけに、サトノダイヤモンド以外の馬が相手なら大威張りはできるんでしょうけどね。

<第64回神戸新聞杯予想>

◎サトノダイヤモンド
○レッドエルディスト
▲エアスピネル
△ナムラシングン
△ミッキーロケット

 一発逆転があるとすればレッドエルディスト辺りかなぁ。
 末脚は一線級の馬と比較しても見劣りしないし、展開嵌まれば...

結果

1着サトノダイヤモンド
2着ミッキーロケット
3着レッドエルディスト
4着カフジプリンス
5着エアスピネル

タイム:2分25秒7 3F:34.6秒
サトノダイヤモンド 牡3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:栗東・池江厩舎
単勝:14番120円
複勝:14番110円、15番380円、12番240円
枠連:8-8 1130円 馬連:14-15 1160円
馬単:14-15 1260円
3連複:12-14-15 3070円
3連単:14-15-12 8010円
ワイド:14-15 570円
    12-14 330円 12-15 2420円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。穴っぽいところうまく引っかけて上々の結果に。
 ただ、サトノダイヤモンドがここまで人気を集めるとは...

 でもって、神戸新聞杯の結果。ロードヴァンドールが後続を離して逃げる展開となったが、こういう距離ということもあってか、ペースはそこまで速くならず。 そんなこともあって、結局、阪神外回りコースの長い直線で決着をつけるというありがちなレースに。

 で、抜けてきたのがサトノダイヤモンドとミッキーロケット。直線入った段階ではサトノダイヤモンドと外を回って上がってきたエアスピネルの一騎打ちになりそうな雰囲気だったが、 エアスピネルが伸び悩み、これに代わる形でミッキーロケットが進出することに。でもって、直線ではこの2頭の叩き合いとなったのだが...やはり実力の差なのか、先に出たサトノダイヤモンドがミッキーロケットを抜かせず、 先頭をキープしたままゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはサトノダイヤモンド。着差はクビだったが、まぁ、完勝といっていい内容だったんじゃないでしょうか。 休み明けでこれなら次も期待していいんじゃないかと。逆にイマイチだったのがエアスピネル。位置取りは悪くなかったが、直線でジリジリとしか伸びず5着止まり。 ただ単に休み明けで動きが鈍かっただけならいいのだが、距離が堪えたとか成長が乏しいとかそういうのが敗因だったりする可能性もあるんでねえ。 出来れば、一度様子見したいところ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。