今週のメインdeパツイチ2016
第20回シリウスステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第20回 シリウスステークス 阪神・ダ2000m  3歳上オープン(GIII) 2016年10月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マスクゾロ ジュライS 1着 自分の競馬できれば重賞でも通用しそうで。
2 2 シンゼンレンジャー ヴィクRC賞 1着 昇級後の成績が今一つ。ここでは入着まで。 - -
3 3 トウシンイーグル ダイオライト 2着 このレース好走多く。近走イマイチも一変警戒。 -
4 4 キョウエイギア JDダービー 1着 前走の勝ちっぷり評価。この相手ならここも。 -
5 5 ジュンファイトクン 500万下 1着 格下。最軽量の48kgでもこの条件では。 - -
6 6 ランウェイワルツ 兵庫CS 2着 久々が問題も前2走悪くない内容だけに。 -
7 カゼノコ JDダービー 1着 前2走がイマイチ。ここは一旦様子見か。 - -
7 8 ピオネロ BSN賞 1着 ダートの走り上々も重賞となるとさすがに? -
9 アポロケンタッキー ブリリアント 1着 OPでも完勝続き。この勢いなら重賞でも。
8 10 メイショウイチオシ 甲南S 1着 叩き2戦目だが前走がちょっと負けすぎで。 -
11 ミツバ オークランド 1着 いい末脚持っている。展開嵌れば一発も。 -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第20回シリウスステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第20回シリウスステークスの展望と予想とヨタ話

 秋〜冬のダートの大一番に向け、有力馬続々始動中。
 頭数は少なめだが有力馬がちらほら。第20回シリウスS。

 という訳で、このシリウスステークス。JBCシリーズやチャンピオンズCといったダート路線の秋の大一番に向けての一戦。 ハンデ戦ということや、他に手ごろな重賞があることもあって「ダート路線の有力馬が集結!」といった感じのレースにはならないが、 比較的軽めのハンデになる3歳馬や、条件戦・OPを勝った勢いのある馬など、ここでの好走をきっかけに飛躍しそうな有力馬がそれなりに出走してくるのがこのシリウスステークス。 実際、去年の勝ち馬アウォーディーはその後も連勝を続け、先週のNTV盃ではフェブラリーS馬モーニン、東京大賞典馬サウンドトゥルーを撃破するなど大出世したりしているし。

 で、今年のシリウスステークスはというと...頭数は11頭と少なめだが、JDダート勝ち馬キョウエイギア・カゼノコがいたり、 OPを好内容で勝ち上がったアポロケンタッキー・マスクゾロ・ピオネロとかいたりするんでねぇ。去年のアウォーディーに続く馬が現れても不思議ではないんじゃないかと。

 と、まぁ、そんな感じの今回のシリウスステークス。予想は前述の馬を中心にして勝負していけばいいんじゃないでしょうか。あとは、その中の順序付け。 実績を考えれば前走JDダービーを快勝しているキョウエイギアなのだが、春、やや成績不安定な時期あったことを考えるとねぇ。ここはOP連勝を評価してアポロケンタッキーを中心にして勝負するのもアリなんじゃないかと。 あと、桃山S・ジュライSと楽勝し続けているマスクゾロもうまく流れに乗れればチャンスはありそうな感じ。

<第20回シリウスステークス予想>

◎アポロケンタッキー
○ミツバ
▲マスクゾロ
△キョウエイギア
△ランウェイワルツ

 あと、こちらも展開次第だがミツバも怖い感じ。
 取りこぼし多いが、後方からきっちり差を詰めているのは評価。

結果

1着マスクゾロ
2着ピオネロ
3着アポロケンタッキー
4着ミツバ
5着カゼノコ

タイム:2分01秒7 3F:36.4秒
マスクゾロ 牡5歳
騎手:秋山真一郎 厩舎:栗東・岡田厩舎
単勝:1番360円
複勝:1番140円、8番130円、9番140円
枠連:1-7 440円 馬連:1-8 800円
馬単:1-8 1560円
3連複:1-8-9 1120円
3連単:1-8-9 5380円
ワイド:1-8 300円
    1-9 370円 8-9 330円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。うーん、○△で一応引っかけたが...
 穴狙った割には1・2番人気の決着という微妙な内容ではなぁ。

 まぁ、それはともかく。シリウスステークスの結果。1枠1番を引いたこともあってか、すんなりハナを奪取することに成功したマスクゾロ、 これを見る形で競馬したピオネロや、中団から押し上げてきたアポロケンタッキーといった他の人気所に迫られる場面もあったが、これらの追撃を凌ぎきって逃げ切り勝ち。 ピオネロ・アポロケンタッキーは前を捕らえる勢いで上がっていくも、もう一伸びが足りず、それぞれ2・3着を確保するまで。

 という訳で、勝ったのはマスクゾロ。今回重賞ということで相手もかなり強化されていたが、前述しているように自分の競馬に楽に持ち込めたこともあってこの結果に。 やや恵まれてこの結果になった感はあるが、とりあえずこれだけやれたのは評価していいでしょう。

 逆にイマイチだったのがキョウエイギア。ピオネロと同じようなポジションから競馬したが、失速して8着。 まぁ、休み明けで馬体重+11kgが堪えたと考えれば仕方がないのかもしれないが...それを考慮してもちょっと負けすぎが気が。 この敗北でスランプに陥るようなことがなければいいのだが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。