今週のメインdeパツイチ2016
第50回スプリンターズステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第50回 スプリンターズステークス 中山・芝1200m  3歳上オープン(GI) 2016年10月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビッグアーサー 高松宮記念 1着 秋緒戦楽勝。この勢い維持できているならここも。 -
2 ブランボヌール キーンランド 1着 距離短縮で巻き返すも今回相手かなり揃って... - -
2 3 ティーハーフ 函館SS 1着 スランプ脱出できず。ここでも一変は... - -
4 ソルヴェイグ フィリーズ 1着 斤量の恩恵少なくなり。この条件はちと辛いか。 - -
3 5 シュウジ キーンランド 2着 重賞連続2着は評価も今回条件厳しくなり。 - -
6 ベルカント アイビスSD 1着 サマーSP評価もこのレースはどうもイマイチで。 - -
4 7 スノードラゴン スプリンター 1着 前走もそれなりに差を詰める。展開次第で。 -
8 サクラゴスペル スプリンター 2着 去年の2着馬。中山得意だし嵌れば今年も? -
5 9 サトノルパン 京阪杯 1着 叩き2戦目で一変ありそう。京阪杯ぐらい走れば。
10 レッドアリオン マイラーズC 1着 前走かなりマシになるが一時期ほどの勢いは。 - -
6 11 ダンスディレクター シルクロード 1着 前走は展開嵌らず。兎に角展開さえ嵌れば...
12 レッツゴードンキ 桜花賞 1着 ぼちぼち走るようになる。流れに乗れれば。 -
7 13 レッドファルクス CBC賞 1着 前走なかなかの内容。仕上がっていれば怖い。 -
14 ウリウリ CBC賞 1着 前走それなりに差は詰める。もう一変あれば。 -
8 15 ミッキーアイル NHKマイルC 1着 去年ぶっつけ本番で4着。ただ今年は相手が... - -
16 ネロ セントウルS 2着 2着続きだが相手悪かっただけ。能力は通用。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第50回スプリンターズステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第50回スプリンターズステークスの展望と予想とヨタ話

 10月に入り本格的に秋競馬シーズンに突入。
 というわけで、GIですよ。第50回スプリンターズステークス。

 そんなこんなで、このスプリンターズステークス。秋のGIシリーズ開幕戦だったりするが、サマースプリントシリーズの影響もあってか、 どちらかというとサマースプリントシリーズの総決算といった感じの一戦になりがち。実際、サマースプリントシリーズ絡みの重賞にでている馬がほとんどだったりするし。

 しかし...サマースプリントシリーズの延長線上にある一戦といっても、シリーズのポイント上位馬でスンナリ決着はしないのがこのスプリンターズS。 それどころか、シリーズで燃え尽きてしまうのかここで派手に負けてしまう馬も結構いたりするだけにねぇ。どちらかというと、ここを目標にして使ってきた馬を狙っていくのが正解な感じ。

 という訳で、予想もそんな感じで組み立てていきましょうか。中心はビッグアーサー。秋緒戦となったセントウルSを完勝し万全の状態でここに参戦。 高松宮記念勝ちという実績もあることだし、ここも前走同様スンナリ勝ってしまってもいい筈。

 ただ、一発ブチかましてくる大駆けタイプの馬もちらほらいたりするんでねぇ。前哨戦はイマイチだったが、 叩き2戦目で一変あった上にいい塩梅の展開になればウリウリ・サトノルパン・ダンスディレクターの末脚が炸裂する可能性もあるし、 サクラゴスペルが得意の中山芝1200mで走り一変し、去年の再現する可能性もありそうだしさ。この辺りで一発狙ってみるのもアリなんじゃないかと。

<第50回スプリンターズステークス予想>

◎ビッグアーサー
○ダンスディレクター
▲ネロ
△レッドファルクス
△サトノルパン

 サマーSPシリーズ組ならベルカントよりもネロかな。
 緩めのローテで使われた分、まだ余力ありそうだしさ。

結果

1着レッドファルクス
2着ミッキーアイル
3着ソルヴェイグ
4着シュウジ
5着スノードラゴン

タイム:1分07秒6 3F:34.2秒
レッドファルクス 牡5歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:美浦・尾関厩舎
単勝:13番920円
複勝:13番380円、15番290円、4番740円
枠連:7-8 2000円 馬連:13-15 4490円
馬単:13-15 8240円
3連複:4-13-15 42230円
3連単:13-15-4 180060円
ワイド:13-15 1470円
    4-13 3470円 4-15 3450円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ビッグアーサー云々はあるが...
 ミッキーアイル無印なんで、それ以前の問題でしたな。

 でもって、スプリンターズステークスの結果。スタート直後は思い切って出て行ったソルヴェイグがハナを奪取し単騎逃げに持ち込む勢いだったが、 ミッキーアイルを競り合ってまでハナを主張するほどではなかったようで、結局、大方の予想通りミッキーアイルが逃げる形に。さらに、前で競馬すると思われていたビッグアーサーが前に行けなかったこともあって、 道中は終始ミッキーアイルのペースに。

 そんなこともあって、前半3ハロン通過は33.4秒とそこまで速くならず、「直線入ってよーいドン」といった感じのレースに。で、結果もそういう展開が色濃く現れたようで、 前に行ったミッキーアイル・ソルヴェイグ・シュウジがそのまま居残って2〜4着を確保、そして瞬発力に勝るレッドファルクスが1着、スノードラゴンが5着を確保するという結果に。

 という訳で、勝ったのはレッドファルクス。GIや重賞実績がやや乏しい馬ではあったが、まぁ、前走のCBC賞でもいい末脚使っていた馬だし、こういう展開ならGIでも通用してよかったんでしょうな。 2着のミッキーアイルは自分の競馬出来ればこれ位はやれる馬だし、まぁ、妥当なところでしょう。

 逆に、何もかも嵌まらなかったのが1番人気のビッグアーサー。スタート直後にソルヴェイグに前に入られてしまい好位を確保できず、 さらに緩めのペースで馬群がバラけなかったことや1枠1番という枠順も仇になって終始馬群から抜け出せず、結局、最後までそのまんま。まぁ、単に能力を出し切れなかっただけなんで、今回の敗北はそこまで悲観視する必要はないんだろうけど...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。