今週のメインdeパツイチ2016
第36回白山大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第36回 白山大賞典 金沢・ダ2100m  3歳上オープン(JpnIII) 2016年10月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ドリームネイチヤー 入梅特別 1着 自己条件で入着止まりの馬。交流重賞では。 - -
2 2 カツゲキキトキト 東海ダービー 1着 JDダービーでは差のある6着。ちと厳しいか。 -
3 3 ニシノカチヅクシ アイスクリン 1着 交流重賞で2桁着樹続く。ここでは。 - -
4 4 タッチデュール マリーンC 4着 2連続ビリ。一変は望めそうになくて... - -
5 5 アムールブリエ 名古屋GP 1着 牡馬相手に重賞勝ち有。この相手なら。
6 グルームアイランド オグリ記念 1着 川崎記念8着で決着済。入着あれば上々。 - -
6 7 トニーポケット 白山国際太鼓 1着 地元の大きいところで通用せず。ここでは。 - -
8 ストロングサウザー マーキュリー 1着 能力的には前走ぐらいはやれる馬。ここも。
7 9 モンドクラッセ 東海S 2着 重賞で勝ちきれない競馬続くがここなら。
10 カフジスター 名舟大祭特別 1着 手堅く差を詰め上位確保するも交流重賞では。 - -
8 11 トラキチシャチョウ 上賀茂S 1着 いい末脚持っているが展開が鍵。乗り方次第。 -
12 ケイティブレイブ JDダービー 2着 同型馬いるがこの馬がハナ?行き切れれば。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第36回白山大賞典の展望と予想とヨタ話

 やや地味な一戦だがここも大事なステップ。
 秋のGIに向けての一戦。第36回白山大賞典。

 という訳で、この白山大賞典。同時期に行われるNTV盃やシリウスSの陰に隠れてしまい、何かと地味なレースだったりするが、 GI・JpnIでそこそこ好走する馬が結構参戦してくることもあって軽く扱えないのがこの白山大賞典。あと、交流重賞でも通用する能力を持った地方馬も出てきたりするし。

 で、そんな白山大賞典。今年は、レディスプレリュードではなくここに出てきたアムールブリエ、重賞で強敵相手に好走しているケイティブレイブ・モンドクラッセ、 佐賀記念・マーキュリーCを楽勝したストロングサウザーと、例年の白山大賞典よりもかなり濃い面子が揃うことに。

 そんなこんなで、予想もこれらの馬から。地元の大きいところで力の違いみせつけている地方馬カツゲキキトキトもいたりするが...前述した中央勢が結構強い馬だったりするんでねぇ。 真っ向勝負ではちょっと敵わないんじゃないかと。あとは、中央勢の中での順序付け。実績を考えれば牡馬相手に重賞勝ちあるアムールブリエなんだろうけど、ここはモンドクラッセで勝負してみてもいいんじゃないでしょうか。 東海S・エルムSの内容上々だし、先行できる強みあるし、54kgと比較的斤量軽めだしさ。

<第36回白山大賞典予想>

◎モンドクラッセ
○トラキチシャチョウ
▲アムールブリエ
△ケイティブレイブ
△ストロングサウザー

 あとは、中央勢でかためて無難に勝負する感じで。

結果

1着ケイティブレイブ
2着アムールブリエ
3着ストロングサウザー
4着モンドクラッセ
5着トラキチシャチョウ

タイム:2分15秒1 3F:39.5秒
ケイティブレイブ 牡3歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・目野厩舎
単勝:12番210円
複勝:12番110円、5番130円、8番160円
枠連:5-8 400円 馬連:5-12 430円
枠単:8-5 650円 馬単:12-5 720円
3連複:5-8-12 570円
3連単:12-5-8 2280円
ワイド:5-12 170円
    8-12 280円 5-8 310円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。しかし、微妙なところだなぁ。
 印は打っているんだが逆順気味になっちゃってるし...

 まぁ、それはそれとして。白山大賞典の結果。スタートを決めたケイティブレイブが単騎逃げに持ち込み...という感じの展開だったが、1周目3コーナー手前でモンドクラッセがハナを奪いに行き先頭へ。 ただ、ケイティブレイブもこれに抗わず2番手をキープしたもんで、そこまで先行争いは激しくならず。

 そんなこんなで、あとは前に行ったモンドクラッセ・ケイティブレイブの争いになりそうな感じだったが...序盤のムリが祟ったのか、モンドクラッセ、最後まで粘れず。 結局、ケイティブレイブがモンドクラッセを交わし先頭に立ち、そのまま押し切って1着。そして好位追走から伸びてきたアムールブリエ・ストロングサウザーがモンドクラッセを捕らえ2・3着に。

 しかし、今回はこういう着順になってしまったが、いい塩梅の展開になったケイティブレイブが勝ち、 能力通りの走りをしたアムールブリエ・ストロングサウザーが2・3着、やや厳しい展開となったモンドクラッセが4着になったと考えれば、 今回の上位陣、能力的にはほぼ互角だったりするんじゃないでしょうか。まぁ、牝馬にも関わらず57kg背負っていた点を強調するのであれば、アムールブリエが1頭だけ抜けていた可能性もあったりしますが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。