今週のメインdeパツイチ2016
第67回毎日王冠出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第67回 毎日王冠 東京・芝1800m  3歳上オープン(GII) 2016年10月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヒストリカル 毎日杯 1着 展開頼みの馬。嵌まればいい末脚使うが... -
2 2 ステファノス 天皇賞秋 2着 前走今一つも末脚活かせる東京なら。
3 3 クラレント 安田記念 3着 距離は大丈夫だが近走イマイチなのが。 - -
4 4 ロンギングダンサー 新潟記念 3着 東京に良績あるがGIII止まりの馬っぽくて。 - -
5 5 ディサイファ AJC杯 1着 去年の2着馬。仕上がっていれば今年も。
6 マイネルミラノ 函館記念 1着 楽に行かせると粘るがさすがにこの相手では。 -
6 7 アンビシャス 大阪杯 1着 前走大敗も今回巻き返しあっていい条件で。
8 ダノンシャーク マイルCS 1着 まだまだやれる。ただ1800mは微妙に長く。 -
7 9 ロゴタイプ 安田記念 1着 強敵撃破した前走評価。ここでも注意。 -
10 ルージュバック オークス 1着 前走GIIIだったが上々の内容。復活した? -
8 11 ウインフルブルーム 京都金杯 1着 GIでも好走ある馬。ただ今回相手揃って... - -
12 ロサギガンティア 阪神カップ 1着 最近は短距離の方がいい様子。千八だと? - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第67回毎日王冠枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第67回毎日王冠の展望と予想とヨタ話

 天皇賞秋・マイルCSに向け、有力馬続々始動。
 秋のGIを占う上で重要な一戦。第67回毎日王冠。

 という訳で、この毎日王冠。比較的長めの距離を使う馬は京都大賞典、マイル〜中距離路線の馬はこの毎日王冠で始動する形になっているが、 マイル〜中距離路線の層が厚いこともあって京都大賞典と比べて何かと激戦になりやすいのがこの毎日王冠。今年も頭数自体は12頭と少なめだが、そのほとんどがGI好走馬・重賞勝ち馬というかなり濃い一戦に。

 で、そんな今年の毎日王冠。前述しているように、有力馬が多数参戦してきている訳だが...やはりここは強敵相手に好走しているアンビシャス・ロゴタイプ・ルージュバック辺りの争いになるんじゃないでしょうか。 GIIの好走評価できるディサイファとか、去年の天皇賞秋2着馬ステファノス、マイルCS馬ダノンシャークも悪くはないんだが、前述の3頭に敵うかといわれると微妙なところだったりするんでねぇ。

 という訳で、今回の毎日王冠。ここはアンビシャス・ロゴタイプ・ルージュバックで勝負するのが正解でしょう。とりあえず中心はアンビシャス。宝塚記念の大敗が気になるところだが、馬場が原因であるならば巻き返しあっていい筈。 中山記念でドゥラメンテに迫るだけの能力は持っている馬だし、きちんと走ればこの相手でも勝ち負けになっていいんじゃないかと。あとは、安田記念でモーリスを撃破した実績を素直に評価してロゴタイプ、前走のエプソムCは相手関係楽だったが快勝評価できるルージュバックで。

<第67回毎日王冠予想>

◎アンビシャス
○ステファノス
▲ロゴタイプ
△ルージュバック
△ディサイファ

 いい塩梅に人気が割れてくれれば、馬券的な妙味もあるんだが...

結果

1着ルージュバック
2着アンビシャス
3着ヒストリカル
4着ロンギングダンサー
5着ステファノス

タイム:1分46秒6 3F:34.5秒
ルージュバック 牝4歳
騎手:戸崎圭太 厩舎:美浦・大竹厩舎
単勝:10番330円
複勝:10番160円、7番180円、1番1250円
枠連:6-7 480円 馬連:7-10 800円
馬単:10-7 1440円
3連複:1-7-10 18540円
3連単:10-7-1 61710円
ワイド:7-10 400円
    1-10 4060円 1-7 4860円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。この組み合わせでこの配当なら上々かな。
 3着のヒストリカルにも印は打っているが、こっちはちと微妙。

 まぁ、それはともかく。毎日王冠の結果。東京開幕週だし、それなりに前残りもあるんじゃないかと予想していたが、 終わってみれば道中最後方を追走していた3頭で決着してしまうという差し・追込馬優勢な結果に。 ただ、ペースが速く前崩れの展開になった訳ではなく、ペースが緩めで瞬発力勝負になった結果、瞬発力に秀でたこれらの馬が上位を独占することになった、そんな感じだったんじゃないでしょうか。

 そんなこんながあったりしたが、とりあえず勝ったのはルージュバック。やはり前走のエプソムCで復活していたようで。 今回も前走のエプソムC同様鋭い末脚を使ってこの結果に。2着のアンビシャスは当日の雨で馬場が渋った影響が懸念されたが、 そこまで極端に馬場が悪化しなかったこともあって、本来の走りを取り戻してこの結果。まぁ、ルージュバックには破れたが、 斤量差とか休み明けはやや鈍い傾向がある点を考慮すれば、2着でも内容自体は悪くなかったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。