今週のメインdeパツイチ2016
第21回秋華賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第21回 秋華賞 京都・芝2000m  3歳牝オープン(GI) 2016年10月16日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エンジェルフェイス フラワーC 1着 前走負けすぎ。叩き2戦目だが一変は? - -
2 ジュエラー 桜花賞 1着 ライバル脱落で好機も前走案外なのが... -
2 3 パールコード フローラS 2着 堅実駆けは評価もGIとなるとさすがに。 - -
4 パーシーズベスト 紫苑S 4着 それなりに差は詰めたが少し力不足っぽく。 - -
3 5 レッドアヴァンセ エルフィンS 1着 良馬場&京都で変わる余地有。警戒は必要。 -
6 ゲッカコウ フラワーC 2着 2桁着順続く。GIでは力不足っぽくて。 - -
4 7 ヴィブロス 紫苑S 2着 前走差のある2着。ちょっと足りないか。
8 デンコウアンジュ アルテミスS 1着 復調気配伺えるもジリっぽい面も出てきて... -
5 9 クロコスミア ローズS 2着 前走は展開嵌った感有。今回同型もいて... - -
10 ビッシュ 紫苑S 1着 秋緒戦快勝。この相手ならGIでも勝ち負けに。 -
6 11 フロンテアクイーン クイーンC 2着 もう一押し欲しい。ここでは3着までか。 - -
12 ウインファビラス 阪神JF 2着 今年の成績今一つ。一変は望み薄かも。 - -
7 13 ワンダーピルエット 牝500万下 1着 芝未経験。ここではさすがに手を出し辛く。 - -
14 ミエノサクシード 夕月特別 1着 格下だが前2走上々の内容。この相手なら。
15 カイザーバル ローズS 3着 強敵相手に好走したのは評価。ここもヒモで。
8 16 ダイワドレッサー ラジオNIKKEI 2着 前2走悪くなく。ワンチャンスありそうで。
17 ネオヴェルザンディ 500万下 1着 格下。同型馬もいるし前走のようには... - -
18 キンショーユキヒメ 夕月特別 3着 ワンパンチ足りない。GIは厳しそうで。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第21回秋華賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第21回秋華賞の展望と予想とヨタ話

 今週から本格的に秋のGIシリーズ開幕です。
 まずは3歳牝馬三冠最終戦・第21回秋華賞。

 という訳で、この秋華賞。前述しているように、3歳牝馬クラシックの三冠目...なのだが、ねぇ。春の二冠で好走した実績馬か、夏を越えて力をつけてきた新興勢力か、そんな感じの構図になるのがこの秋華賞だったりするのだが、今回は...ねぇ。 オークス勝ち馬シンハライトはローズSを勝つも故障で戦線離脱してしまうし、オークス2着のチェッキーノも同じく故障で戦線離脱。さらに、NHKマイルC勝ちのメジャーエンブレムも中間一頓挫があってここには間に合わなかったりと、主力を悉く欠くことに。 一応、桜花賞勝ち馬ジュエラーはいたりするのだが、秋緒戦のローズSで大敗していることを考えると...ねぇ。過度な期待はできなさそうな感じだし。

 そんなこんなで、今回の秋華賞。前述しているように、実績馬がこういう状態なだけに、かなり荒れそうな一戦。とりあえず、比較的順調にこのレースを迎えることが出来たオークス3着馬ビッシュから入るが... ここはかなり荒れることを前提に予想するのが正解だったりするんじゃないかと。ちょっとイレギューラーなローテーションだが嵌まればいい末脚使うダイワドレッサーとか、格上挑戦だが前2走力の違い見せつけたミエノサクシードとかさ。 あと、トライアルで破れたカイザーバル・ヴィブロスも、この相手ならそれなりには健闘できるんじゃないかと。

<第21回秋華賞予想>

◎ビッシュ
○ダイワドレッサー
▲カイザーバル
△ミエノサクシード
△ヴィブロス
△ジュエラー

 あと、京都で一変ありそうなレッドアヴァンセもちょっと怖い感じ。

結果

1着ヴィブロス
2着パールコード
3着カイザーバル
4着ジュエラー
5着レッドアヴァンセ

タイム:1分58秒6 3F:34.4秒
ヴィブロス 牝3歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・友道厩舎
単勝:7番630円
複勝:7番220円、3番380円、15番480円
枠連:2-4 1870円 馬連:3-7 3550円
馬単:7-3 6170円
3連複:3-7-15 20940円
3連単:7-3-15 95520円
ワイド:3-7 1110円
    7-15 1790円 3-15 2950円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。パールコードはちょっとなぁ。
 ヴィブロス・カイザーバルはそれなりにカバーできていたんだが...

 でもって、秋華賞の結果。クロコスミアがかなり緩めのペースで逃げたもんで、基本的には上がりの競馬。直線では逃げ粘るクロコスミアを、パールコード・カイザーバルが追撃。 で、この2頭が抜けて先頭に...といった感じの展開だったが、脚色はその後ろにいたヴィブロスの方が上でしたな。結局、ヴィブロスが逃げ粘るクロコスミアだけではなくパールコード・カイザーバルも交わして先頭に立ち、そのままゴールに。

 という訳で、勝ったのはヴィブロス。前走の紫苑Sではそれなりに好走するもビッシュから2・1/2馬身離された2着という微妙な結果だけに、 ビッシュを逆転するのは難しいんじゃないかと考えていたのだが...ビッシュがどうもイマイチ(結果は10着)だったこともあって、ちょっと棚ボタっぽかったがこの結果に。 まぁ、出走馬中最速の上がり(33.4秒)を叩き出していることを考えれば、内容自体は悪くはなかったんじゃないかと。

 しかしなぁ、春の実績馬。イマイチでしたな。とりあえずジュエラーは叩き2戦目で変わって4着まで突っ込んできたのは評価するが...ビッシュはちょっとねぇ。 勝ったヴィブロスと同じような位置にいたにも関わらず、直線全く伸びず。まぁ、いい末脚持っているといっても、34秒台までの末脚しか使っていなかった馬だったりするんでねぇ。 こういう瞬発力勝負の競馬は向いてなかったのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。