今週のメインdeパツイチ2016
第154回天皇賞(秋)出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第154回 天皇賞(秋) 東京・芝2000m  3歳上オープン(GI) 2016年10月30日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エイシンヒカリ 香港カップ 1着 海外での楽勝評価も去年の9着が気になり。 -
2 2 クラレント 安田記念 3着 去年は6着と健闘するもそれ以上は望めぬか。 - -
3 アンビシャス 大阪杯 1着 前走2着も上々の内容。あとは馬場次第か。 -
3 4 サトノクラウン 京都記念 1着 去年の大敗気になるも馬場渋れば出番も。 -
5 ロゴタイプ 安田記念 1着 休み明け動かない馬。叩き2戦目で注意。 -
4 6 アドマイヤデウス 日経賞 1着 今年の成績悪くなく。去年以上は望めそう。 -
7 サトノノブレス 菊花賞 2着 前走強敵相手に好走。前走ぐらい走れば... -
5 8 モーリス 香港マイル 1着 距離よりも安田記念2着がちと気になって。 -
9 ルージュバック 毎日王冠 1着 復活した様子。前走ぐらい走ればここも。 -
6 10 カムフィー ステイヤーズ 2着 東京に良績あるがGIでは力不足っぽく。 - -
11 ヒストリカル 毎日杯 1着 他力本願。いい末脚は持っているが... - -
7 12 リアルスティール ドバイターフ 1着 前走案外も立て直しているなら注意必要。 -
13 ヤマカツエース NZトロフィー 1着 現状ではGIIIまでの馬。GIではさすがに。 - -
8 14 ステファノス 天皇賞秋 2着 去年の2着馬。今年も一発あっていい。 -
15 ラブリーデイ 天皇賞秋 1着 詰め甘い頃に戻った感有。去年の勢いは... -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第154回天皇賞(秋)枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第154回天皇賞(秋)の展望と予想とヨタ話

 秋華賞・菊花賞とやや波乱が続いている秋のGIだが...
 このレースも一波乱ある?第154回天皇賞(秋)

 という訳で、この天皇賞・秋。海外に遠征している馬や、ジャパンカップ・有馬記念といったここよりもちょっと長めの距離、マイルCS・香港マイルといったここよりもちょっと短めの距離のレースを目標にしている馬、 牝馬限定のエリザベス女王杯を目標にしている馬がそれなりにいるもんで、有力馬勢揃いという形にはならないが...それでも中距離路線の有力馬が多数参戦し、毎年激戦になるのがこの天皇賞・秋。 今年も各種GI好走馬が多数出走しかなり濃い一戦に。

 そんなこんなで、今回の天皇賞秋。前述しているように、GI勝ち馬・好走馬が多数出走しているが...基本は毎日王冠組でいいでしょう。実績はあっても、ここがぶっつけ本番というのはさすがに厳しそうな感じだし。 という訳で、中心は毎日王冠1・2着のルージュバックとアンビシャス。展開とかGI勝ちがないという不安要素はあったりするが、前走の毎日王冠では結構相手揃っていたにも関わらず3着以下を全く相手にせず2頭だけの競馬になってしまいましたからねぇ。 能力が抜けているのは明らかでしょう。

 あとは、この2頭の相手探しといったところ。実績的には、モーリス・エイシンヒカリ・ラブリーデイはマークしておきたいところだが...モーリスは前2走の敗北、エイシンヒカリは海外遠征帰りと去年の9着、 ラブリーデイは今年の成績といった感じでそれぞれ問題を抱えていたりしますからねぇ。ここはもう少し穴っぽいところを狙ってみるのもアリなんじゃないかと。去年と同じ競馬できればチャンスありそうなステファノスとか、 休み明けはイマイチな傾向あるだけに前走の敗北は度外視できそうなロゴタイプ、土曜の雨が残って多少時計要す馬場になるならば出番ありそうなサトノクラウンとかさ。

<第154回天皇賞(秋)予想>

◎アンビシャス
○ステファノス
▲ルージュバック
△モーリス
△ラブリーデイ
△エイシンヒカリ

 あとは、いい塩梅に人気が分散してくれれば...

結果

1着モーリス
2着リアルスティール
3着ステファノス
4着アンビシャス
5着ロゴタイプ

タイム:1分59秒3 3F:34.2秒
モーリス 牡5歳
騎手:R.ムーア 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:8番360円
複勝:8番150円、12番350円、14番240円
枠連:5-7 1510円 馬連:8-12 2420円
馬単:8-12 3700円
3連複:8-12-14 7430円
3連単:8-12-14 32400円
ワイド:8-12 900円
    8-14 630円 12-14 1760円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印打っている馬が上位独占したが...
 印薄めのモーリス・リアルスティール同士で決着してしまってはなぁ。

 でもって、天皇賞・秋の結果。雨の影響は昨日までだったようで、この日は普通に良馬場での開催に。そんなこんなで、結構スピードの出る馬場状態となっていたが... 前半3ハロン通過が36.9秒、1000m通過が1:00.8とペースはかなり遅め。

 という訳で、レースは典型的な「直線入ってよーいドン」の競馬。一応、逃げたエイシンヒカリや好位から競馬したラブリーデイが踏ん張ってはいたが...今回は瞬発力に勝る馬の方が上だったようで。 中団追走から伸びてきたモーリス、後方待機から直線一気で突っ込んできたリアルスティール・ステファノスが上位を確保することに。

 しかしなぁ、モーリス。去年の勢い考えればこういう結果になっても不思議ではないんだろうけど、今年は安田記念2着、札幌記念2着と勝ち切れない競馬続いていただけにねぇ。 今年は去年のようにはいかないと思っていたのだが...結果はこれですからね。この調子なら今後も去年同様の活躍が期待できるんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。