今週のメインdeパツイチ2016
第43回北海道2歳優駿出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第43回 北海道2歳優駿 門別・ダ1800m  2歳オープン(JpnIII) 2016年11月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ララベスラーナ ダ千八1:48.1 1着 そこそこ堅実に走るが相手強化のここだと。 - -
2 2 エスプリゾーン サンライズC 4着 それなりの末脚あるが交流重賞では力不足。 - -
3 3 ヒガシウィルウィン サンライズC 1着 地元成績評価。ただ今回は相手強化が鍵で。
4 トミケンカリム ダ千八1:58.2 1着 新馬戦快勝も展開嵌まった感あるだけに。 - -
4 5 ストーンリバー 鎌倉記念 1着 強敵下して連勝は評価。ここでも勝ち負けに。
6 バンドオンザラン イノセントC 1着 嵌まれば結構走る馬。自分の競馬できれば。 -
5 7 ゴーリキ イノセントC 2着 前2走がちと物足りず。交流重賞では... - -
8 スウィフトハート サンライズC 2着 それなりの末脚使う。展開嵌まれば上位も。
6 9 リコーソッピース サンライズC 3着 前走差のある3着。もう一押しないと。 -
10 ビービーガウディ ダ千八1:54.6 1着 能力はそれなり。流れにさえ乗れれば... -
7 11 カンテサンス ターフCh 1着 前走負けすぎ。この距離長いのかも... - -
12 スーパーステション 栄冠賞 3着 地元で入着止まりの競馬続く。ここでは。 - -
8 13 エピカリス プラタナス賞 1着 前2走力の違い見せつける。ここでも。
14 ソッサスブレイ アタックCh 1着 前走がイマイチ。交流重賞では厳しいか。 - -

以上登録14頭(出走馬、五十音順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第43回北海道2歳優駿の展望と予想とヨタ話

 今週はJBCシリーズがあったりしますが...2歳戦もありますよ。
 全日本2歳優駿に向けての一戦、第43回北海道2歳優駿。

 という訳で、この北海道2歳優駿。前述しているように、2歳ダート路線の大一番・全日本2歳優駿に向けての一戦。出走馬の戦績がまだ浅く、何かと読み辛いレースだったりするが、 ここの好走馬、全日本2歳優駿だけではなく、来年のJDダービー付近まで活躍することが結構あるんでねぇ。何かと見逃せないのがこの北海道2歳優駿。

 で、今年の北海道2歳優駿。サンライズC・イノセントC・栄冠賞といった地元の主要なレースで好走した道営勢が揃っているが...ここはやはり中央のエピカリスしかないんじゃないかと。 新馬戦では単騎逃げから後続を一方的に突き放し圧勝、そして前走のプラタナス賞では馬なりで馬群から抜け出し独走態勢に持ち込み、2着に7馬身の差をつけ圧勝するなど、桁違いの強さをみせつけているだけにねぇ。 並大抵の馬では太刀打ちできないんじゃないかと。

 という訳で、中心はもうエピカリスでいいでしょう。あとはエピカリスの相手探し。素直にサンライズC上位馬で固めてしまってもいいのだが...ここは未勝利勝ち上がり馬だが長くいい脚を使って上位確保しているビービーガウディという手もアリでしょう。 あと、サンライズC1・2着馬のヒガシウィルウィン・スウィフトハートに先着した経験あるストーンリバーもアリかな。

<第43回北海道2歳優駿予想>

◎エピカリス
○バンドオンザラン
▲ビービーガウディ
△ストーンリバー
△スウィフトハート
△ヒガシウィルウィン

 ただ、プラタナス賞快勝馬が凡走するケースも結構あるんで...
 エピカリス切って大穴狙いに徹するのもアリかもしれませんな。

結果

1着エピカリス
2着ヒガシウィルウィン
3着スウィフトハート
4着ストーンリバー
5着ビービーガウディ

タイム:1分54秒6 3F:39.5秒
出走取消:4番
エピカリス 牡2歳
騎手:C.ルメール 厩舎:美浦・萩原厩舎
単勝:13番100円
複勝:13番100円、3番150円、8番330円
枠連:3-8 300円 馬連:3-13 440円
馬単:13-3 510円
3連複:3-8-13 1340円
3連単:13-3-8 2410円
ワイド:3-13 240円
    8-13 410円 3-8 1160円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。エピカリスの単勝100円は...仕方がないか。
 まぁ、ヒモがいい塩梅の人気でそこそこの配当にはなりましたが。

 でもって、北海道2歳優駿の結果。プラタナス賞勝ち馬がここでコケるパターンがそれなりにあったもんで、少々懐疑的だったのだが...杞憂でしたな。 エピカリス、ここでも力の違いを見せつけ楽勝。道中は特に絡んでくる馬もおらずマイペースの逃げ。で、3コーナー付近で後続馬を早々に突き放しにかかり、独走体勢に。 で、その勢いのまま一方的に差を広げ、終わってみれば2着に2.4秒もの差をつけ大差勝ちしてしまうことに。

 そんなこんなで、勝ったエピカリス。相手関係が楽だったとかそういう要因もあるかもしれないが、ここまで一方的な競馬をして圧勝してしまってはねぇ。 早熟馬で早々に頭打ちになってしまったり、自滅しない限り当面はこの馬の天下が続くんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。