今週のメインdeパツイチ2016
第18回兵庫ジュニアグランプリ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第18回 兵庫ジュニアグランプリ 園田・ダ1400m  2歳オープン(JpnII) 2016年11月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リンクスゼロ ダリア賞 1着 芝の走り評価もダートでどこまでやれる?
2 2 ブレイヴコール アッパーT 1着 前走の7着で決着済。交流重賞では辛い。 - -
3 3 ローズジュレップ ウィナーズCh 1着 前走2着も3着とは5馬身差。軽視は禁物。 -
4 4 ナチュラリー 兵庫若駒賞 1着 ブレイヴコールに完敗有。ここでは力不足。 - -
5 5 ゲキリン なでしこ賞 2着 ハングリーベンに突き放された前走が微妙で。
6 キャプテンロビン 新鋭特別 1着 やや差のある競馬続く。この条件では... -
6 7 アズールムーン りんどう賞 1着 いいスピード持っているが今回ダートが鍵で。 -
8 キョショウ 園田三組 1着 ビリ2連発。ここではさすがに厳しい。 - -
7 9 ハングリーベン なでしこ賞 1着 ネコワールドと互角。展開次第では逆転も?
10 キングレイジング Jクラウン 1着 前走の大敗が問題。交流重賞では辛い。 - -
8 11 バリスコア ヤングCC 1着 連勝は評価も戦ってきた相手が微妙で... - -
12 ネコワールド ヤマボウシ賞 1着 前走の粘り評価。ただ今回同型馬と枠順が... -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第18回兵庫ジュニアグランプリの展望と予想とヨタ話

 2歳ダート路線もそろそろ佳境に。
 全日本2歳優駿に向けての一戦、第18回兵庫ジュニアGP。

 という訳で、この兵庫ジュニアグランプリ。全日本2歳優駿に近い時期の交流重賞ということもあって、その全日本2歳優駿を見据えた一戦になるのだが... 本番で活躍するのはエーデルワイス賞・北海道2歳優駿組だったりするんでねぇ。何かと微妙な立ち位置になるのがこの兵庫ジュニアグランプリ。 まぁ、去年このレースを勝ったサウンドスカイが全日本2歳優駿も制していることを考えれば、「全くダメ」という訳ではないんだが...

 そんなこんなで、何かとアレな感じはするが...それは一旦置いておいて、とりあえず兵庫ジュニアグランプリの予想を。 一昨年のような波乱もたまにあるが、基本的には中央勢で無難に決まるのがこの兵庫ジュニアグランプリ。地方勢にこれといった馬が見当たらないし、 今年も同じような感じで決まるんじゃないでしょうか。

 で、あとは中央勢の中での順序付けが問題となるところだが...ここはハングリーベンで勝負してみましょうか。ヤマボウシ賞でネコワールドに負けていることを考えれば、 ここはネコワールドを中心にするのが妥当なところかもしれないが、今回、前で競馬する馬が多い上に、外枠引いてしまったんでねぇ。全馬潰すぐらいの勢いで逃げるのであれば、 ヤマボウシ賞の再現も可能なんだろうけど、ここは展開利ありそうなハングリーベンで勝負するのが正解だったりするんじゃないでしょうか。

 あとは、無難にネコワールド、そしてダートが鍵もスピードは評価できるアズールムーン・リンクスゼロ、前崩れになれば逆転もありそうなゲキリンといった感じで。

<第18回兵庫ジュニアグランプリ予想>

◎ハングリーベン
○ローズジュレップ
▲ネコワールド
△アズールムーン
△リンクスゼロ
△ゲキリン

 穴なら道営のローズジュレップかな。結構強い競馬しているし...

結果

1着ローズジュレップ
2着ハングリーベン
3着バリスコア
4着ゲキリン
5着アズールムーン

タイム:1分29秒1 3F:39.5秒
ローズジュレップ 牡2歳
騎手:川原正一 厩舎:北海道・田中淳厩舎
単勝:3番3840円
複勝:3番670円、9番190円、11番1110円
枠連:3-7 8040円 馬連:3-9 6360円
馬単:3-9 13700円
3連複:3-9-11 31780円
3連単:3-9-11 306650円
ワイド:3-9 1240円
    3-11 5680円 9-11 2340円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!いやぁ、ローズジュレップ来ましたか。
 ただ、さすがにバリスコアは厳しいッス。

 でもって、兵庫ジュニアグランプリ。逃げ馬が揃っていたり外枠引いたりと何かと不利な条件が揃ったが、逃げたのはネコワールド。 ただ...やはり前半でムリしたのが堪えたのか、前走のような押し切りは出来ず。好位から競馬したローズジュレップやハングリーベンに捕まり終了。

 そんなこんなで、直線では好位から競馬したローズジュレップ・ハングリーベン・ ゲキリンの争いとなったのだが...好位から競馬した馬も道中それなりの脚を使わされてしまったのか、 そこまでの伸びはみせられず。結局、 ネコワールドを交わし先頭に躍り出たローズジュレップがそのまま押し切って1着。2着は中団から伸びてきたバリスコアの追撃をなんとか振り切ったハングリーベンが確保。

 と、まぁ、そんな感じで、勝ったのはローズジュレップ。前述したように、ネコワールドにとってちと厳しい競馬になったことがローズジュレップに有利に作用した感はあるが、 ウィナーズChでそれなりの馬相手に楽勝していること考えればこれ位はやれていい馬だったのかもしれませんな。まぁ、中央勢のレベルがイマイチだった可能性も十分あったりしますが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。