今週のメインdeパツイチ2016
第52回金鯱賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第52回 金鯱賞 中京・芝2000m  3歳上オープン(GII) 2016年12月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ムスカテール 目黒記念 1着 ここ数戦物足りず。一時期の勢いはないか。 - -
2 2 レコンダイト 目黒記念 2着 前走それなりに差を詰める。流れに乗れれば。 -
3 3 パドルウィール 八坂S 4着 準OPで勝ち切れず。重賞では厳しいか。 - -
4 4 デニムアンドルビー ジャパンC 2着 実績は評価も久々。ここは様子見が妥当か。 - -
5 シュンドルボン 中山牝馬S 1着 末脚は相変わらず。あとは展開さえ嵌れば...
5 6 リアファル 神戸新聞杯 1着 実績は評価も久々。ここは一旦様子見。 -
7 サトノノブレス 鳴尾記念 1着 ここなら巻き返し可能。無難に上位確保か。
6 8 ヴォルシェーブ AR共和国杯 3着 手ごろな条件。相手強化されるがここなら。
9 トーホウジャッカル 菊花賞 1着 スランプに陥ったか。一変期待したいが... - -
7 10 トルークマクト ノベンバーS 1着 準OPの走り悪くないが重賞は少し荷が重い。 -
11 スズカデヴィアス 京都記念 2着 粘り足りない。行ききっても出番はなさそうで。 - -
8 12 マイネルラクリマ オールカマー 1着 復帰後の成績散々。ここはスルーが正解か。 - -
13 ヤマカツエース 中山金杯 1着 条件そこそこ楽になる。一変あっていい。

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第52回金鯱賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第52回金鯱賞の展望と予想とヨタ話

 最近、有馬記念の穴馬を輩出する傾向アリ。
 少々地味な一戦だが見逃し厳禁?第52回金鯱賞。

 という訳で、この金鯱賞。GIIという格の割にはローカル場での開催ということもあって、やや地味な感じのレースになりがちだが、 2012年のオーシャンブルー、2013年のウインバリアシオンなど有馬記念で好走する馬をぽつりぽつりと輩出することもあって、なかなか侮れないのがこの金鯱賞。

 で、今年の金鯱賞。トーホウジャッカルやデニムアンドルビー、リアファルといった、このレースで上位確保できれば有馬記念でも好走しそうなやや難アリのGI好走馬が出走していたりするが... ここは普通に重賞好走馬に期待するのが正解だったりするんじゃないでしょうか。昇級戦となったAR共和国杯でも3着確保したヴォルシェーブとか、オールカマーでゴールドアクターに迫ったサトノノブレスとかさ。

 そんなこんなで、予想もヴォルシェーブ・サトノノブレスから入ってしまっていいでしょう。あとは、展開が鍵だがいい末脚は使っているシュンドルボンとか、 近走成績物足りないが福島記念・中山金杯と連勝した勢い戻れば出番あっていいヤマカツエースとか、その辺りで勝負といったところ。

<第52回金鯱賞予想>

◎ヴォルシェーブ
○ヤマカツエース
▲サトノノブレス
△シュンドルボン
△リアファル

 前述のGI好走馬は...今回は様子見が正解かな。

結果

1着ヤマカツエース
2着パドルウィール
3着シュンドルボン
3着サトノノブレス(同着)
5着リアファル

タイム:1分59秒7 3F:34.0秒
ヤマカツエース 牡4歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・池添厩舎
単勝:13番990円
複勝:13番240円、3番310円
     5番260円、7番140円
枠連:3-8 8600円 馬連:3-13 9250円
馬単:13-3 16780円
3連複1:3-5-13 16080円
3連複2:3-7-13 6050円
3連単1:13-3-5 90340円
3連単2:13-3-7 49120円
ワイド:3-13 1450円
    5-13 1060円 7-13 430円
    3-5 1710円 3-7 670円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。パドルウィールはなぁ。
 1・3着はきっちりマークしていたんだが...

 まぁ、それはそれとして。金鯱賞の結果。それなりに前に行く馬は揃っていたが、スズカデヴィアスもリアファルもそこまで積極的に行こうとしなかったもんで、 道中はマイネルラクリマのマイペースの逃げに。で、ペースもそこまで上がらず前半1000m通過は1:01.5と緩め。

 そんなこんなで、直線での追い比べで決着をつける展開となったのだが...どちらかというと瞬発力に勝る馬が台頭する結果に。 直線では2番手から競馬したパドルウィールが抜け出し押し切る勢いだったが、これを中団追走から伸びてきたヤマカツエースが捕らえ1着。 2着にはパドルウィールがそのまま残ったが、3着は中団から競馬していたシュンドルボン・サトノノブレスが確保。

 と、まぁ、そんな感じのレースだったが、勝ったのはヤマカツエース。展開はやや異なっていたが、レースの内容的には今年の中山金杯と同じような感じでしたな。 その中山金杯以降の成績がイマイチだっただけに、どこまでやれるかちと微妙なところであったが、結果はこれですからね。 まぁ、中山金杯ぐらい走ればこの位はやれていい馬だったんでしょうけど。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。