今週のメインdeパツイチ2016
第67回チャレンジカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第67回 チャレンジカップ 阪神・芝1800m  3歳上オープン(GIII) 2016年12月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フルーキー チャレンジC 1着 去年の勝ち馬。GIIIなら勝ち負けになる馬で。 -
2 ダノンメジャー 京都2歳S 2着 重賞では展開の助けないと苦しいかも。 - -
2 3 エキストラエンド 京都金杯 1着 復調しつつあるが目標は次の京都金杯? - -
4 ベルーフ 京成杯 1着 末脚評価。いい塩梅の展開になれば... - -
3 5 ヒストリカル 毎日杯 1着 去年の2着馬。とにかく展開が鍵の馬で。
6 デウスウルト 中日新聞杯 2着 一昨年の2着馬だがその頃の勢いはなく。 - -
4 7 ケツァルテナンゴ 白富士S 1着 前走それなりに差は詰める。ただ久々が... - -
8 タッチングスピーチ エリ女王杯 3着 前走は展開向かず。もう少しやれていい。
5 9 ケイティープライド 函館記念 2着 そこそこは走る。今回52kgだし嵌まれば。 -
10 プランスペスカ 鳴尾記念 3着 詰め甘い。53kgは魅力だが入着までか。 - -
6 11 シルクドリーマー ムーンライト 1着 嵌まればいい末脚使う。前崩れの展開なら... -
12 クランモンタナ 小倉記念 1着 凡走続く。たまに爆走ある馬だがここでは... -
7 13 メイショウナルト 七夕賞 1着 一時期の勢いなく。今回同型馬もいるし... - -
14 ブラックスピネル 白百合S 1着 手頃な条件。うまく流れに乗れれば。 -
15 マイネルハニー スプリングS 2着 やや厳しい条件だがノーマークの逃げなら。 -
8 16 ディサイファ AJC杯 1着 ここ数戦今一つもこの条件なら巻き返し可。 -
17 ヒルノマテーラ マーメイドS 2着 前々走評価も牡馬相手の重賞では... - -
18 フェイマスエンド カシオペアS 4着 OPで勝ち切れず。やや力不足っぽく。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第67回チャレンジカップの展望と予想とヨタ話

 ここで結果出して有馬記念に滑り込み...
 というのはちと厳しいか。第67回チャレンジカップ。

 という訳で、このチャレンジカップ。先週の金鯱賞同様、このレースで結果を出して有馬記念へ...という流れになってもいいのだが、ローテーションがちと厳しかったり、 実績馬にとって負担が大きいハンデ戦、さらにGIIIとやや格が落ちることもあって、有馬記念よりも東西金杯に向けての一戦といった感じになるのがこのチャレンジカップ。

 で、この傾向は今年も変わらず。GIIIの常連や、GIでは通用せずGIIIで巻き返しを計る馬、準OP・OPで好走し重賞に駒を進めてきた新興勢力などがこのチャレンジカップに参戦。 ただ...今年は重賞でそれなりに好走している馬が揃っていたりするんでねぇ。今回はこの辺りの馬が順当に上位を確保しそうな雰囲気。

 そんなこんなで、予想はこれら重賞好走馬でいいんじゃないかと。着順はそうでもないが強敵相手に僅差の競馬しているブラックスピネル、勝ち切れないのが難点だがGIIIで好走多数のフルーキーとかさ。 あとは、相手関係楽になるここなら巻き返しありそうなタッチングスピーチ・ヒストリカル・ディサイファといったGI出走馬を。

<第67回チャレンジカップ予想>

◎ブラックスピネル
○シルクドリーマー
▲フルーキー
△タッチングスピーチ
△ヒストリカル
△ディサイファ

 あと、前2走いい末脚使っているシルクドリーマーも展開嵌まれば...

結果

1着マイネルハニー
2着ベルーフ
3着ケイティープライド
4着フルーキー
5着ブラックスピネル

タイム:1分46秒5 3F:36.1秒
マイネルハニー 牡3歳
騎手:柴田大知 厩舎:美浦・栗田厩舎
単勝:15番1540円
複勝:15番430円、4番310円、9番820円
枠連:2-7 1790円 馬連:4-15 7460円
馬単:15-4 15950円
3連複:4-9-15 74740円
3連単:15-4-9 470230円
ワイド:4-15 2320円
    9-15 5390円 4-9 4580円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、ベルーフの評価下げすぎたか。
 まぁ、軸馬が来ないのではどうにもなりませんけどね。

 でもって、チャレンジカップの結果。ダノンメジャー・メイショウナルト・マイネルハニーといった逃げ馬が揃っていたこともあって、前半1000m通過は0:58.8と速め。 ただ、他の馬もこのペースに飲まれてしまったようで、そこまで極端な前崩れの展開にはならず、その結果、前につけていたマイネルハニーがそのまま居残ってしまうことに。 まぁ、差し・追込勢が2着以下を占めていることを考えれば、割と前崩れのレースではあったんでしょうけどね。

 まぁ、それはそれとして。勝ったのはマイネルハニー。相手関係が楽になりぼちぼち走るようになっていたことを考えれば、この結果も妥当なところなんだろうけど...この流れで残ってしまうとはねぇ。 ダノンメジャー・メイショウナルトを先に行かせ自身はそこまで無理をしなかったのが最後の粘りに繋がった...とか、そんなところでしょうか。

 2着以下は前述しているように差し・追込勢が占める結果となったのだが、人気のフルーキーは57.5kg、ブラックスピネルは馬体重+18kgが堪えたのか、伸びがイマイチで馬券に絡むことができず。 まぁ、この辺りはそれなりの敗因があることだし、条件さえ好転すれば巻き返しあっていいんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。