今週のメインdeパツイチ2016
第16回名古屋グランプリ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第16回 名古屋グランプリ 名古屋・ダ2500m  3歳上オープン(JpnII) 2016年12月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ストロングサウザー マーキュリー 1着 交流重賞の実績評価も前走ちと負けすぎで 
2 2 リワードレブロン オグリ記念 2着 能力差ある。ここでは入着も厳しいか。 - -
3 3 ケイティブレイブ 浦和記念 1着 前走楽勝。この条件では能力一枚上っぽく。
4 4 ユーロビート マーキュリー 1着 交流重賞勝ちある馬。流れに乗れれば。 -
5 5 ケントリュウコウ ひいらぎ特別 1着 前走勝ったがそれより前が凡走続きで... - -
6 アムールブリエ 名古屋GP 1着 去年の勝ち馬。ただ前走の負け方気になり... -
6 7 メイショウヒコボシ 浦和記念 4着 前走は展開嵌らず。もう少しやれていい馬で。
8 モズライジン 名古屋大賞典 3着 仕掛けどころが鍵だが嵌れば上位あっていい。
7 9 アップアンカー くろゆり賞 1着 自己条件で入着が精一杯。交流重賞では。 - -
10 トゥルーカラーズ でら馬SP 3着 嵌ってようやく入着する程度の馬。ここでは。 - -
8 11 ヴィルトグラーフ 九州大賞典 1着 地元の走り評価も相手強化されるここだと... - -
12 カツゲキキトキト 東海菊花賞 1着 地元ならもう少しやれていい。交流重賞でも。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第16回名古屋グランプリ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第16回名古屋グランプリの展望と予想とヨタ話

 有馬記念よりも一足先にグランプリ開幕!
 ...っていうか、早すぎですね。第16回名古屋グランプリ。

 という訳で、この名古屋グランプリ。去年までは開催がもう少し遅く、有馬記念の前後に組まれるレースだったのだが、 今年は1週分繰り上がったこともあって、あまりグランプリっぽくないレースに。まぁ、だからといって、何かが大きく変わる訳ではないんですけどね。気分的な問題。

 まぁ、それはともかく。この名古屋グランプリ。1週開催が前倒しになったが、ここから東京大賞典に向かうのはさすがに厳しいこともあって、 その手の有力馬は出て来ず、結局、例年通りの名古屋グランプリに。で、出走馬も東京大賞典を断念した感じの馬が揃うことに。

 ただ...今年はダート路線の層が全般的に厚めということもあって、東京大賞典を断念したような馬ではあるがレベルは結構高め。 前走の浦和記念で力の違いを見せつけ楽勝したJDダービー2着馬ケイティブレイブや、去年の勝ち馬アムールブリエ、佐賀記念・マーキュリーC勝ちのストロングサウザー、 一昨年のマーキュリーC勝ちや南関東での活躍光るユーロビート(この馬は東京大賞典に出るかもしれませんが...)といった実績馬がこの名古屋グランプリに参戦。

 と、まぁ、そんな感じで、結構な実績馬が揃ったのだが...ねぇ。ここはもうケイティブレイブでいいでしょう。 前走の浦和記念はうまく流れに乗れた感あるが、あそこまで楽勝してしまってはねぇ。能力の違いは認めざるを得ないんじゃないかと。

 で、あとはケイティブレイブの相手探し。実績的にはアムールブリエ・ストロングサウザーなんだろうけど、前走の負け方が気になるんでねぇ。 ここはメイショウヒコボシ・モズライジンを優先させてもいいんじゃないかと。

<第16回名古屋グランプリ予想>

◎ケイティブレイブ
○モズライジン
▲メイショウヒコボシ
△ストロングサウザー
△アムールブリエ

 ただ、馬券的にはどうなんでしょうかねぇ。
 ケイティブレイブに人気が集中しそうで...

結果

1着アムールブリエ
2着ケイティブレイブ
3着カツゲキキトキト
4着モズライジン
5着ストロングサウザー

タイム:2分41秒7 3F:38.2秒
アムールブリエ 牝5歳
騎手:C.ルメール 厩舎:栗東・松永幹厩舎
単勝:6番280円
複勝:6番110円、3番100円、12番450円
枠連:3-5 170円 馬連:3-6 180円
馬単:6-3 440円
3連複:3-6-12 2720円
3連単:6-3-12 10070円
ワイド:3-6 130円
    6-12 1280円 3-12 830円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、この印でこの配当ではなぁ。
 3着のカツゲキキトキトも拾ってはいるんだけど...

 まぁ、それはともかく。名古屋グランプリの結果。前に行く馬もそれなりに揃ってはいたが、逃げたのはケイティブレイブ。 枠順なりに出てそのまま先頭に立ち、単騎逃げ。3〜4コーナーの勝負所に差し掛かるまでは快調に逃げていたこともあって、 前走の浦和記念同様楽勝するパターンも考えられたが...その後やや脚色が鈍ってしまったのか、2番手から競馬したアムールブリエに捕まってしまい終了。

 そんなこんなで、 勝ったのはアムールブリエ。ケイティブレイブを交わし先頭に立つと、これを悠々と突き放し3馬身差の完勝。 前走のJBCレディスクラシックが惨敗といってしまっていい内容だっただけに、どこまで巻き返せるか気になるところではあったのだが...結果はこれですからね。 しかも、破った相手がケイティブレイブだったりするし。これはかなり強い競馬だったんじゃないかと。 とりあえず、ここがラストランだったりするのだが...これだけやれたことを考えるとねぇ。ちょっと惜しい気もしますな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。