今週のメインdeパツイチ2016
第2回ターコイズステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第2回 ターコイズステークス 中山・芝1600m  3歳上牝オープン(重賞) 2016年12月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カフェブリリアント 阪神牝馬S 1着 前々走再評価。この条件なら展開次第で。
2 ウキヨノカゼ スプリンター 3着 中山マイル連対アリ。ただ今回久々が... -
2 3 ダイワドレッサー ラジオNIKKEI 2着 牡馬相手に好走評価。ここなら十分勝ち負けに。 -
4 サンソヴール TVh賞 1着 準OPの走り悪くなく。52kgなら一発あっても。 -
3 5 エンジェルフェイス フラワーC 1着 前2走負けすぎ。自分の競馬できても辛い。 - -
6 ビービーバーレル フェアリーS 1着 今回重賞勝ちの舞台だがこの相手ちと厳しく。 - -
4 7 クロコスミア ローズS 2着 前々走の粘り評価も枠順と同型馬の出方が鍵。 - -
8 アルマディヴァン 中京記念 2着 近走今一つ。中山牝馬Sぐらい走れば怖いが... - -
5 9 ウインファビラス 阪神JF 2着 今年2桁着順ばかり。早熟だったのか? - -
10 マジックタイム ダービー卿CT 1着 重賞実績評価。56kgでも上位争いは可能。 -
6 11 アットザシーサイド 桜花賞 3着 距離短縮で復活。ただクセのある中山だと?
12 ペイシャフェリス 朱鷺S 1着 物足りない競馬続くが得意の中山マイルなら。 -
7 13 レッツゴードンキ 桜花賞 1着 やや迷走中だが上位確保している底力は評価。 - -
14 ウリウリ CBC賞 1着 着順イマイチも前2走いい末脚使っていて。 -
8 15 エテルナミノル ユートピアS 1着 手頃な条件。昇級戦でもそれなりには。 -
16 マイネグレヴィル フラワーC 2着 パンチ不足。何らかの助けがないと出番は... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第2回ターコイズステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第2回ターコイズステークスの展望と予想とヨタ話

 エリザベス女王杯が終わっても牝馬路線はまだ続きます。
 牝馬限定の重賞、第2回ターコイズステークス。

 という訳で、このターコイズステークス。前述しているように、牝馬の大一番・エリザベス女王杯は終わったが、ターコイズS・愛知杯・京都牝馬Sとまだまだ牝馬限定戦が続くのが牝馬路線。 さらにその先には中山牝馬S、阪神牝馬S、福島牝馬S、そして春の大一番・ヴィクトリアマイルが控えていたりするんでねぇ。このターコイズSで「ヴィクトリアマイルに向けての戦いが始まった」というのも、 案外大袈裟なものではないのかもしれませんな。

 まぁ、それはそれとして。とりあえず、ターコイズSの予想を。条件楽になるここで巻き返しを図るGI出走馬や、来年に向けて少しでも賞金を加算しておきたい新興勢力が入り乱れ、かなりの混戦となる上に、 ハンデ戦、クセのある中山という条件も加わることもあって、とにかくまともな決着にならないのがこのターコイズS。去年なんて、11番人気・16番人気(ケツ人気)・15番人気(ブービー人気)で決着していたりしますし。

 そんなこんなで、ここは荒れることを前提にして予想するのが正解だったりするんじゃないでしょうか。とりあえず、重賞の好走光るダイワドレッサー・マジックタイムをおさえつつ、穴っぽいところをこれに絡めて勝負していくような感じで。 昇級戦が嫌われて評価落とすなら妙味ありそうなエテルナミノルとか、去年1番人気でコケたり近走がイマイチだったりするのが引っかかって人気を落としそうなカフェブリリアントとかさ。あと、着順上は低迷しているように見えるが、 いい末脚は使っているウリウリ・ウキヨノカゼもアリなんじゃないかと。

<第2回ターコイズステークス予想>

◎ダイワドレッサー
○ウリウリ
▲マジックタイム
△エテルナミノル
△アットザシーサイド
△カフェブリリアント

 あとは、オッズをみつつ調整といったところかな。

結果

1着マジックタイム
2着レッツゴードンキ
3着カフェブリリアント
4着ウキヨノカゼ
5着ウインファビラス

タイム:1分33秒6 3F:35.3秒
マジックタイム 牝5歳
騎手:C.ルメール 厩舎:美浦・中川厩舎
単勝:10番290円
複勝:10番130円、13番320円、1番220円
枠連:5-7 1180円 馬連:10-13 1910円
馬単:10-13 2900円
3連複:1-10-13 4050円
3連単:10-13-1 17140円
ワイド:10-13 740円
    1-10 460円 1-13 1710円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。実績的には順当なところだが...
 こういうレースでそこを狙うのはちょっと厳しくてなぁ。

 まぁ、それはともかく。ターコイズステークスの結果。やはり比較的内目の枠を引いたクロコスミア・エンジェルフェイスが逃げる展開。 そんなこんなで、ハナ争いはそこまで激しくならずすんなり決着したのだが...逃げたクロコスミア・エンジェルフェイス、前半3ハロン通過が34.6秒、1000m通過が0:58.3とペースを落とさす逃げたもんで、結局、最後まで持たず。 さらに他馬もこの流れに巻き込まれてしまったもんで、ほぼ前崩れといってもいいレースに。

 で、やってきたのが1番人気のマジックタイム。道中最後方まで下げる場面もあったが、前を無理に追いかけなかったことが幸いして、直線で温存していた末脚を爆発させこの結果に。 中団追走から差してきたカフェブリリアント・ウキヨノカゼらもまとめて交わし1着。そして、道中マジックタイムに代わって最後方から競馬することとなったレッツゴードンキがマジックタイムを追いかけるような形で進出し、2着を確保。

 そんなこんなで、今回の上位馬。マジックタイムもレッツゴードンキも実績を考えれば妥当な結果...なんだろうけど、今回は展開に助けられた感は否めないんじゃないかと。 まぁ、それなりのハンデ背負わされていたことも考慮すれば、悪くはない内容だったりするが...あまり過信はしない方がいいのかもしれませんなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。