今週のメインdeパツイチ2016
第61回有馬記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第61回 有馬記念 中山・芝2500m  3歳上オープン(GI) 2016年12月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 キタサンブラック ジャパンC 1着 去年は3着。ただ今の勢いなら去年以上も。 -
2 ゴールドアクター 有馬記念 1着 去年の勝ち馬。中山なら巻き返しあっていい。 -
2 3 ムスカテール 目黒記念 1着 今年の成績物足りず。ここでは厳しい。 - -
4 ヤマカツエース 金鯱賞 1着 中山で重賞2勝も、距離とGIが問題で。 - -
3 5 サムソンズプライド プリンシパル 1着 重賞で好走なし。格下感否めなくて。 - -
6 サウンズオブアース 有馬記念 2着 去年の2着馬。今年も十分連対可能。 -
4 7 マルターズアポジー 福島記念 1着 この馬の出方次第で波乱も?注意必要。 -
8 ミッキークイーン 秋華賞 1着 末脚は相変わらず。展開嵌まれば一発も。 -
5 9 ヒットザターゲット 目黒記念 1着 たまに一発ある馬だが今年の成績今一つで。 -
10 アドマイヤデウス 日経賞 1着 GIでは足りないが展開の助けあれば多少は。 -
6 11 サトノダイヤモンド 菊花賞 1着 クラシック好走評価も今年の3歳のレベルが... - -
12 サトノノブレス 鳴尾記念 1着 GIIまでの馬。この条件はちと厳しいか。 - -
7 13 デニムアンドルビー ジャパンC 2着 前走悪くなかったがこの条件はちと厳しく。 - -
14 シュヴァルグラン ジャパンC 3着 流れに乗れれば上位狙える。ここでも。
8 15 アルバート ステイヤーズ 1着 去年は11着。やはりGIでは厳しいようで。 - -
16 マリアライト 宝塚記念 1着 去年は4着。ちと上がり要せばそれなりには。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第61回有馬記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2016年版
第61回有馬記念の展望と予想とヨタ話

 少し早めだが今年の中央競馬もこれで終了。
 締めくくりの一戦、第61回有馬記念。

 そんなこんなで、この有馬記念。今年の競馬の締めくくりとなる一戦。天皇賞(秋)の他にも海外GI2勝をあげたモーリスや、ダービー馬マカヒキ、皐月賞馬ディーマジェスティといった3歳勢が不在だったりするが... 天皇賞(春)・ジャパンCを制したキタサンブラックに、宝塚記念馬マリアライト、菊花賞馬サトノダイヤモンドといった中長距離GIの勝ち馬が揃い、今年の競馬を締めくくるのに相応しい一戦に。

 という訳で、今回の有馬記念。前述したGI勝ち馬に加え、ジャパンC上位馬やGII勝ち馬が揃い、一筋縄ではいかなそうなメンバー構成に。 あと、これまで楽に先手を取って逃げ切り勝ちしてきたキタサンブラックに絡んできそうなマルターズアポジーがいたりと、展開的にも一波乱ありそうだったりするし。

 と、まぁ、そんな感じで、結構難解な今回の有馬記念。とりあえず、そこまでキツい競馬にならなければキタサンブラックでいいんだろうけど...ねぇ。ここは一波乱あると考えて穴狙いしてみるのもアリなんじゃないかと。 後方待機で乱ペースに巻き込まれにくいミッキークイーンとか上がりを要すレースになって浮上しそうなマリアライト・シュヴァルグランとかさ。まぁ、そこまで展開が荒れないようなら、 キタサンブラックから入って、ゴールドアクター・サウンズオブアースといったJC上位馬かつ中山に良績ある馬で勝負といったところでしょうか。

<第61回有馬記念予想>

◎キタサンブラック
○ミッキークイーン
▲ゴールドアクター
△サウンズオブアース
△マリアライト
△シュヴァルグラン

 あと、3歳馬のサトノダイヤモンドは...ねぇ。
 今年の3歳勢、思っていたほどレベル高くない可能性があるんで...

結果

1着サトノダイヤモンド
2着キタサンブラック
3着ゴールドアクター
4着ヤマカツエース
5着ミッキークイーン

タイム:2分32秒6 3F:35.9秒
サトノダイヤモンド 牡3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:栗東・池江厩舎
単勝:11番260円
複勝:11番120円、1番120円、2番200円
枠連:1-6 330円 馬連:1-11 440円
馬単:11-1 770円
3連複:1-2-11 1050円
3連単:11-1-2 3940円
ワイド:1-11 200円
    2-11 450円 1-2 420円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。サトノダイヤモンドが来てしまってはなぁ。
 他は割と狙い通りだったのだが、そこはダメっす。

 でもって、有馬記念の結果。やはりというか何というか...マルターズアポジーが単騎で逃げ、それをやや離れた位置でキタサンブラックが追走するという予想された展開に。 で、逃げたマルターズアポジーもそこまで無茶はしなかったこともあって、レース自体はそこまで荒れず。ただ、キタサンブラックを楽に行かせると後々マズいことになると判断したのか、 2周目に入りペースが落ち着いたところで各馬じわりと差を詰め、3〜4コーナーの勝負所付近で馬群は一団に。

 で、直線に入ったのだが...自分の競馬に持ち込めたキタサンブラックはそう簡単に崩れず、先頭をキープ。 ただ、最後までは持たなかったようで、好位から競馬したサトノダイヤモンドの最後の一伸びまでは封じることが出来ず2着まで。

 そんなこんなで、勝ったのはサトノダイヤモンド。前走の菊花賞同じように、ここでも力強い伸びをみせ、古馬の有力所を一蹴。 いい塩梅の展開や斤量差が有利に作用したのは確かだが、やはり3歳牡馬クラシックで好走し続けていた能力は素直に評価すべきだったんでしょうな。 2着のキタサンブラックは...前述しているように、今回はマークがキツかったんでしょうな。自分の競馬をして粘るも、最後まで踏ん張りきれず。 まぁ、この辺りは展開だとか位置取りの差だったりするんで、条件次第では十分逆転はできるんじゃないかと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。