今週のメインdeパツイチ2017
第66回中山金杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第66回 中山金杯 中山・芝2000m  4歳上オープン(GIII) 2017年1月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シャイニープリンス 富士S 2着 前走より条件楽に。うまく流れに乗れれば。 -
2 2 クラリティスカイ NHKマイルC 1着 そこそこは走る。この相手ならそれなりに。 -
3 3 ツクバアズマオー オールカマー 3着 前々走を再評価。ただどうも詰め甘くて... -
4 4 ライズトゥフェイム 中山金杯 4着 去年の4着馬。ただそれ以降の成績が... - -
5 ロンギングダンサー 新潟記念 3着 前走不発だったが54kgなら展開次第で。
5 6 ダノンメジャー 八坂S 1着 前走8着も僅差。マイペースで行ければ。
7 ドレッドノータス 京都2歳S 1着 前走ダだったが負けすぎ。ここは様子見。 - -
6 8 マイネルフロスト 日本ダービー 3着 去年の2着馬。前々走ぐらい走れば...
9 カムフィー ステイヤーズ 2着 パンチ不足。この条件ではさすがに辛い。 - -
7 10 ストロングタイタン 修学院S 1着 連勝と54kg評価。この相手なら重賞でも。 -
11 トミケンスラーヴァ 白井特別 1着 格下。軽ハンデだが出番はなさそうで。 - -
8 12 シャドウパーティー レインバーS 1着 前走が案外も54kgなら巻き返し可能。 -
13 マイネグレヴィル フラワーC 2着 大負けはしておらず。52kgだし多少は。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第66回中山金杯の展望と予想とヨタ話

 2017年の中央競馬、スタートです。
 東は中距離の金杯、第66回中山金杯。

 でもって、この中山金杯。前述しているように、中距離の重賞ということもあって、チャレンジCやディセンバーSといった直近の中距離戦から参戦してくる馬が多め。 となれば、これらの中距離戦の上位馬で決着しても不思議ではないのだが、まぁ、そこは荒れる金杯。思わぬ馬の爆走で波乱になる可能性も十分あるんじゃないでしょうか。

 ただ...最近はそこまで荒れないのがこの中山金杯。ここはある程度実績馬をおさつつ、ちょい高めを狙っていくのが正解だったりするんじゃないでしょうか。 という訳で、中心はストロングタイタン。今回昇級&初重賞だが前2走完勝しているし、54kgと斤量軽めだったりするしさ。あと、好位から競馬するのであれば、今回先行馬少なめだったりするし、そのまま残っても不思議ではないかと。 あとは、オールカマーでゴールドアクター・サトノノブレスに次ぐ3着を確保した点を評価してツクバアズマオー、今回ディセンバーSより斤量が軽くなるシャイニープリンス、そして、ちょっと穴っぽいところで、 近走ちと物足りないが重賞好走の実績を評価してロンギングダンサー・マイネルフロスト辺りを。

<第66回中山金杯予想>

◎ストロングタイタン
○ダノンメジャー
▲ツクバアズマオー
△シャイニープリンス
△ロンギングダンサー
△マイネルフロスト

 あと、ダノンメジャーの逃げ切りに期待するのもアリかも。

結果

1着ツクバアズマオー
2着クラリティスカイ
3着シャイニープリンス
4着シャドウパーティー
5着カムフィー

タイム:2分00秒6 3F:36.7秒
ツクバアズマオー 牡6歳
騎手:吉田豊 厩舎:美浦・尾形厩舎
単勝:3番280円
複勝:3番120円、2番260円、1番220円
枠連:2-3 1930円 馬連:2-3 1760円
馬単:3-2 2690円
3連複:1-2-3 2360円
3連単:3-2-1 10430円
ワイド:2-3 550円
    1-3 370円 1-2 1030円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているんだが...
 軸が来ないのではさすがにねぇ。

 それはともかく中山金杯の結果。内枠のシャイニープリンス・クラリティスカイが上々のスタートを決めたり、外からトミケンスラーヴァ・マイネグレヴィルがやってきたりしたが、やはり逃げたのはダノンメジャー。 1コーナーのコーナワークで他の馬を振り切り単騎逃げに。そんなこんなで、すんなり逃げられたもんだから1000m通過は1:00.4とペースはあまり上がらず。

 ただ、比較的ペースが緩めと判断したのか、各馬早々にスパートしたもんでその後一気にペースアップ。結局、ここでペースが上がったもんだから前に行った馬はあまり残れず、 どちらかという差し・追込馬が台頭する結果に。後方待機から徐々に押し上げていったツクバアズマオーが直線で末脚を爆発させ1着、2着は好位から競馬したクラリティスカイがそのまま粘りきったが、 3〜5着は中団より後ろから競馬した馬が占めることに。

 そんなこんなで、勝ったのはツクバアズマオー。いい塩梅の展開になったのは確かだが、オールカマーでゴールドアクター・サトノノブレスに次ぐ3着を確保していたことを考えれば...ねぇ。 この相手だったらこういう結果になってしまうのも頷けるんじゃないかと。あと、2着のクラリティスカイ。57.5kgというハンデやこういう展開だったにも関わらず、粘って2着を確保したのは評価していいでしょう。 NHKマイルカップを勝った時ほどの勢いはないのかもしれないが、GIIIぐらいならこれからも十分勝ち負けになりそうな感じですな。



競馬鹿トップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。