今週のメインdeパツイチ2017
第55回京都金杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第55回 京都金杯 京都・芝1600m  4歳上オープン(GIII) 2017年1月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブラックスピネル 京都新聞杯 4着 詰め甘い。3着はありそうだが... -
2 ケントオー 中京記念 3着 前走案外。叩き2戦目で変わればいいが。 -
2 3 アルマディヴァン 中京記念 2着 どうも足りない。大敗はないのだが... -
4 ブラックムーン キャピタルS 1着 富士S6着が気になも末脚強烈なだけに -
3 5 フィエロ マイルCS 2着 相手なりには走る。ただここでも相手なり。 -
6 エアスピネル 朝日杯FS 2着 ここなら...という気もするが過信は禁物。 -
4 7 テイエムタイホー 京都金杯 2着 去年の2着馬だが2桁着順が続いては... - -
8 ペイシャフェリス 朱鷺S 1着 前2走物足りず。この条件では厳しいか。 - -
5 9 ダイシンサンダー 米子S 3着 OPまでの馬っぽく。この相手では苦しい。 - -
10 テイエムイナズマ デ杯2歳S 1着 重賞成績イマイチ。この条件では苦しい。 - -
6 11 ダンツプリウス NZトロフィー 1着 秋2戦が今一つ。一変あればいいが。 - -
12 ミッキージョイ 市川S 1着 前々走気になるも、まだ上目指せる馬で。
7 13 ピークトラム 中京記念 2着 前3戦が今一つ。今回相手も揃うし... - -
14 アストラエンブレム 紅葉S 1着 結構相手揃うが勢いと54kg侮れぬ。 -
15 マイネルハニー チャレンジC 1着 前走は展開嵌まった感有。今回は? - -
8 16 サクラアドニス 朱鷺S 1着 近走散々だしマイル実績も乏しくては。 - -
17 ムーンクレスト スワンS 5着 昇級後の走りまずまず。ただ今回相手が... - -
18 ガリバルディ 中京記念 1着 末脚強烈。あとは展開さえ嵌まれば...

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第55回京都金杯の展望と予想とヨタ話

 2017年の中央競馬、スタートです。
 西はマイルの金杯、第55回京都金杯。

 という訳で、この京都金杯。マイルの重賞だが、ハンデ戦だったり、比較的短めの距離もこなす馬は年末の阪神カップに向かうこともあってか、そこまで実績馬が出て来ないのがこの京都金杯。 ただ、ここで一気に飛躍しようと目論んでいる新興勢力が多数参戦してくることもあって、「実績馬が揃わない=レベルが低い」とは一概に言えなかったりするレースだったりするんでねぇ。軽視は禁物。

 で、今回の京都金杯。エアスピネルやフィエロ、ダンツプリウス、マイネルハニーのようにGIや重賞で好走している馬がいたりするんで、今回はその辺りを軸にして勝負...といきたいところだが、ねぇ。 エアスピネル・フィエロはGIでの好走を考えればここはスンナリ勝てていい条件だったりするが、どこでも相手なりにしか走らない馬だったりするし、ダンツプリウスは前走が案外、マイネルハニーは前走展開に恵まれて勝てた感あるのが気になるところ。 ここは別の馬で勝負してみるのもアリなんじゃないかと。

 という訳で、中心はミッキージョイ。前々走のビリが気になるところだが、それ以外ではまだ底見せていない走りしているんでねぇ。今回昇級戦&重賞だが即通用してもいいんじゃないかと。 あと、同じくまだ底見せていない感じがあるアストラエンブレム、マイルCSでは7着も出走馬中最速の上がりを叩き出しているガリバルディ辺りもアリなんじゃないかと。で、これに続く形でエアスピネル・フィエロといったところかな。

<第55回京都金杯予想>

◎ミッキージョイ
○ブラックムーン
▲アストラエンブレム
△ガリバルディ
△エアスピネル
△フィエロ

 あと、展開が鍵だが末脚強烈なブラックムーンも悪くはないでしょう。

結果

1着エアスピネル
2着ブラックスピネル
3着フィエロ
4着アストラエンブレム
5着マイネルハニー

タイム:1分32秒8 3F:35.2秒
エアスピネル 牡4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・笹田厩舎
単勝:6番180円
複勝:6番110円、1番250円、5番200円
枠連:1-3 830円 馬連:1-6 1120円
馬単:6-1 1390円
3連複:1-5-6 3260円
3連単:6-1-5 11040円
ワイド:1-6 450円
    5-6 400円 1-5 1360円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、そこが来てしまってはなぁ。
 比較的無難な決着だったりはするんだが...

 でもって、京都金杯の結果。こちらは中山金杯と違ってペイシャフェリスや内枠のブラックスピネル・ケントオー・アルマディヴァンが序盤から飛ばしていったもんで、前半3ハロン通過は33.9秒と結構速めのペースに。 その後、ペースは若干落ち着くものの、やはり前半が速めのペースだったこともあってか、前に行った馬は残れず中団から伸びてきた馬が上位を独占する結果に。

 そんな中、勝ったエアスピネルはというと...中団から徐々に進出し、残り200mで先頭に。あとはそのまま後続を引き離して快勝...といった感じの流れだったが、 何というか「勝ちきれなかった馬の本領」を発揮してしまったようで、ブラックスピネルに一気に差を詰められハナ差の勝利というかなり際どいレースになってしまいました。

 とはいえ、勝ちは勝ち。これで賞金も上積みできたことだし当面の目処は立ったんじゃないでしょうか。まぁ、妙な詰めの甘さは相変わらずだったりするんで、連勝でこのままGIも...という感じにはならないんでしょうけどね。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。