今週のメインdeパツイチ2017
第33回フェアリーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第33回 フェアリーステークス 中山・芝1600m  3歳牝オープン(GIII) 2017年1月8日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コーラルプリンセス 赤松賞 1着 いい末脚使うが今回中山。展開が鍵で。 -
2 ツヅク アルテミスS 11着 同型馬の存在が問題。恵まれないと... - -
2 3 アエロリット サフラン賞 2着 前走2着もハナ差。能力は重賞でも通用。 -
4 ブラックオニキス 札幌2歳S 2着 ジリっぽいが時計要す今の中山なら出番も。
3 5 ジャストザマリン 阪神JF 16着 前走大敗も新馬を再評価。巻き返しあれば。 -
6 ヒストリア アルテミスS 7着 新馬戦再評価。中山マイルで巻き返しを。
4 7 キュイキュイ 未勝利 1着 未勝利戦悪くなく。この相手ならそれなりに。 -
8 モリトシラユリ 未勝利 1着 芝もそれなりに走る。流れに乗れれば上位も。 -
5 9 ポンポン 赤松賞 8着 昇級後の成績物足りず。重賞では... - -
10 スノードーナツ 福島2歳S 11着 条件変えてきたが一変は望み薄っぽく。 - -
6 11 メローブリーズ 函館2歳S 4着 アルテミスS14着が気になり。マイルは長い? - -
12 アルミューテン アイビーS 7着 新馬戦快勝するもその後が続かず。辛い。 - -
7 13 パフォーム 赤松賞 6着 前2走が物足りず。重賞では苦しいか。 - -
14 アマノガワ 赤松賞 11着 昇級戦が負けすぎ。スピード不足なのかも。 - -
8 15 ライジングリーズン アルテミスS 13着 中山マイル快勝アリ。嵌まれば一発も。 -
16 キャスパリーグ もみじS 2着 詰め甘い。能力はあるが展開次第か。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第33回フェアリーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第33回フェアリーステークスの展望と予想とヨタ話

条件はそこまで悪くはないのだが...

気がつけば一発屋だらけに。第33回フェアリーS。

という訳で、このフェアリーステークス。スプリントからマイル、そしてこの時期の開催に変更されたが、3歳牝馬クラシックに繋がる気配はナシ。 まぁ、他のレースに繋がっていけばそれはそれでいいんだけど...そういうのもなかったりするんでねぇ。主要な勝ち鞍がこのレースしかない一発屋を輩出し続けているのがこのフェアリーステークス。

で、今年のフェアリーステークス。今年もそこまで傑出した馬はおらず「勝ち鞍がここだけ」の馬を輩出することになりそうな感じだが... まぁ、赤松賞勝ちのコーラルプリンセスや、500万下特別で負けてはいるがそれなりに見せ場は作ったアエロリット・キャスパリーグ辺りが勝てば多少は流れが変わりそうな雰囲気。

ただ...そううまく事が運ばないのがこのフェアリーステークス。冬場の開催で時計を要す馬場コンディションになっていたり、クセのある中山マイルということもあってか、 2桁人気馬が馬券に絡んで荒れることが多々あるんでねぇ。前述の馬はおさえつつも、かなり穴っぽいところまで拾って手広く勝負するのが正解だったりするんじゃないでしょうか。 新馬戦の勝ちっぷりは良かったが、前走の大敗で見切られそうなジャストザマリン・ライジングリーズンとかさ。あと、こちらはアルテミスS7着とそこそこ好走したこともあって、 それなりには人気になりそうなヒストリアもアリかと。

<第33回フェアリーステークス予想>
◎アエロリット
○ジャストザマリン
▲キャスパリーグ
△ブラックオニキス
△ヒストリア

あと、中山マイルだし、内枠引いた逃げ馬の一発にも注意。


結果

1着ライジングリーズン
2着アエロリット
3着モリトシラユリ
4着ジャストザマリン
5着アルミューテン

タイム:1分34秒7 3F:36.7秒
ライジングリーズン 牝3歳
騎手:丸田恭介 厩舎:美浦・奥村厩舎
単勝:15番3600円
複勝:15番660円、3番140円、8番450円
枠連:2-8 640円 馬連:3-15 5990円
馬単:15-3 20000円
3連複:3-8-15 34060円
3連単:15-3-8 275620円
ワイド:3-15 1910円
    8-15 7300円 3-8 1130円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。とりあえずアエロリットは2着確保。
 しかし、ライジングリーズンはなぁ。買えなくはないんだが...

 まぁ、それはともかく。フェアリーステークスの結果。こういうコース形態ということもあって、内枠を引いた上に好スタートを決めたツヅクがすんなり逃げる展開に。 ただ、1番人気のアエロリットがこれをマークするような競馬をしたもんで、そこまでマイペースの逃げには持ち込めず。

 そんなこんなで、そこまでゆったりとしたペースにならなかったこともあって、どちらかというと差し馬が台頭する結果に。 直線では好位から競馬したアエロリットが一旦は抜け出すものの、中団追走から伸びてきたライジングリーズンがこれを捕らえ1着。 そして、3着以下も中団から伸びてきた馬が確保。

 しかし、こういう条件のレースでこういうメンバー構成だっただけにねぇ。どこまで信用していいのかは分からん感じですな。 勝ったライジングリーズンも、結局「ここだけしか勝てなかった馬」になりそうな雰囲気あるし...

インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。