今週のメインdeパツイチ2017
第54回愛知杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第54回 愛知杯 中京・芝2000m  4歳上牝オープン(GIII) 2017年1月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 クインズミラーグロ カウントS 1着 展開が鍵。嵌まれば通用しそうだが... -
2 2 マラムデール 六波羅特別 1着 昇級後の成績物足りず。50kgでも辛いか。 - -
3 カゼルタ 西海賞 1着 準OPで頭打ち。51kgでも重賞では... - -
3 4 サンソヴール TVh賞 1着 1000万下までの馬っぽく。この条件では。 - -
5 リーサルウェポン 愛知杯 1着 去年の2着馬。今年も50kgだし嵌まれば。 -
4 6 ウインリバティ ムーンライト 1着 2桁着順多く。一変はちと望み薄か。 - -
7 プリメラアスール エリ女王杯 5着 前走は展開利あり。さて今回は? - -
5 8 ゴールドテーラー テレ玉杯 1着 マーメイドSで決着済?ここは様子見か。 - -
9 アンジェリック 幕張S 2着 末脚それなり。前崩れの展開になれば... -
6 10 シャルール クイーンS 2着 重賞好走評価も前2走の負け方が... - -
11 マキシマムドパリ 秋華賞 3着 詰め甘いが重賞でも上位は狙える馬で。 -
7 12 クリノラホール 逆瀬川S 1着 連勝評価。ハンデも軽めだしここはチャンス。
13 レーヴデトワール 紫苑S 1着 そこそこ差は詰める。49kgならチャンスも? -
8 14 ヒルノマテーラ マーメイドS 2着 ここなら巻き返し可能。あとは展開次第。
15 ダイワドレッサー ラジオNIKKEI 2着 前走が負けすぎ。一変あれば怖いが...

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回愛知杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第54回愛知杯の展望と予想とヨタ話

ヴィクトリアマイルまで続く牝馬路線。

女王候補が誕生する可能性も?第54回愛知杯。

という訳で、この愛知杯。ここを使って引退という牝馬もちらほらいたりするが、どちらかというとここを足掛かりにして牝馬GI路線参戦を目論む新興勢力が多数参戦するのがこの愛知杯。 今年もこれからが楽しみな条件戦勝ち上がり馬やOP・重賞好走馬が多数出走。

と、まぁ、そんな感じの愛知杯だったりするが...ハンデ戦だったりするのがちと気になるところ。ハンデ戦の割には比較的人気所で無難に決着することもあったりするが、 ハンデ戦らしく波乱になることもあったりするのがねぇ。ここはある程度波乱になることを前提にして予想するのが正解だったりするんじゃないでしょうか。

という訳で、今回の愛知杯。中心はとりあえず連勝の勢い&53kgと比較的軽めのハンデを評価してクリノラホールから入ってみるが... こういうレースだし、穴っぽいところを拾いつつ手広く勝負してもいいんじゃないかと。格上挑戦&近走足りない競馬続くが秋華賞3着などそれなりの実績はあるマキシマムドパリとか、 前走の大敗で人気を一気に落とすようなら妙味ありそうなダイワドレッサーとか。あとプリメラアスール辺りが飛ばして逃げ、前崩れの展開になるようなら軽ハンデの追込馬リーサルウェポン・レーヴデトワール辺りの一発もあっていいのかもしれませんな。

<第54回愛知杯予想>
◎クリノラホール
○リーサルウェポン
▲マキシマムドパリ
△ヒルノマテーラ
△ダイワドレッサー
△クインズミラーグロ

あとはいい塩梅のオッズになってくれれば...


結果

1着マキシマムドパリ
2着サンソヴール
3着クインズミラーグロ
4着マラムデール
5着アンジェリック

タイム:2分01秒4 3F:36.1秒
マキシマムドパリ 牝5歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・松元厩舎
単勝:11番500円
複勝:11番190円、4番570円、1番360円
枠連:3-6 2080円 馬連:4-11 7450円
馬単:11-4 13050円
3連複:1-4-11 20920円
3連単:11-4-1 120440円
ワイド:4-11 2460円
    1-11 870円 1-4 3480円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。マキシマムドパリは来たんだけど...
 それ以外がサッパリではなぁ。うーん。

 まぁ、それはそれとして。とりあえず、愛知杯の結果を。こういう組み合わせだし、やはり逃げたのはプリメラアスール。後続をやや引き離してマイペースで逃げる展開。 ただ、後続馬が早め早めに差を詰めてきた影響でペースが速くなったもんで、後半はかなり苦しい展開に。結局、直線で後続馬に捕まってしまい終了。

 で、これに代わってやってきたのが、サンソヴール・クインズミラーグロ・マラムデール・アンジェリックといった好位追走馬。 ただ、これらの馬も後方で待機していたマキシマムドパリの末脚には抗えず掲示板確保まで。

 そんなこんなで、勝ったのはマキシマムドパリ。詰めの甘い競馬が続いていたが、今回は各馬早め早めに動いた影響で妙に上がりを要す展開になったのがいい塩梅に作用してこの結果に。 まぁ、秋華賞で3着確保しているように元々能力的には重賞でも通用する馬だったんだし、当然と言えば当然の結果だったりしますが...


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。