今週のメインdeパツイチ2017
第57回京成杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第57回 京成杯 中山・芝2000m  3歳オープン(GIII) 2017年1月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サーベラージュ 新馬 1着 力の違い見せつけた新馬評価。重賞でも。 -
2 2 マイネルスフェーン ホープフルS 2着 能力は通用。あとは展開次第か。
3 イブキ 新潟2歳S 3着 今年の新潟2歳S組は微妙。過信は... - -
3 4 ポポカテペトル 500万下 5着 もう一押し必要。ここでは入着まで。 - -
5 ジュニエーブル ききょうS 6着 昇級後の成績物足りず。入着あれば... - -
4 6 ニシノアモーレ 新馬 1着 新馬の勝ちっぷり評価。ただ中山が鍵で。 -
7 サンティール 未勝利 1着 前走は展開利あった感が。この条件だと。 - -
5 8 コマノインパルス 葉牡丹賞 2着 この相手ならもう少しやれる筈。警戒必要。
9 アダマンティン 未勝利 1着 ややジリっぽく。重賞では厳しいかも... - -
6 10 アダムバローズ 紫菊賞 1着 京都2歳S負けすぎも展開さえ嵌まれば。 -
11 ガンサリュート 未勝利 1着 手堅さ評価も重賞ではもう一押しないと。 -
7 12 アサギリジョー 葉牡丹賞 3着 前走やや離された3着。ここも3着までか。 - -
13 メリオラ ホープフルS 6着 前走案外。中山は向かないのかも... -
8 14 ベストリゾート ホープフルS 4着 この相手なら多少は。2・3着なら。
15 バリングラ ジュニアC 6着 前走6着も多少差は詰める。3着なら。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回京成杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第57回京成杯の展望と予想とヨタ話

とりあえず皐月賞と同じ距離・コースの一戦だったりするが...

そっち方面にはなかなか繋がらない一戦、第57回京成杯。

という訳で、この京成杯。前述しているように、3歳牡馬クラシック一冠目の皐月賞と同じ中山芝2000mで行われるレースだったりするが、あまり直結しないのがこの京成杯。 まぁ、時期的に中途半端だったり、直前に弥生賞というベストな条件のレースがあったりするんでこうなってしまうのも仕方がないところだったりしますが...

まぁ、それはともかく。京成杯の予想を。基本的にはホープフルS組や葉牡丹賞等の中距離500万下特別好走馬を狙っていけばいいのだが...ホープフルSが重賞に昇格した影響なのか、 ここよりもホープフルSを優先させる馬が多くなり、結果、この手の馬があまり京成杯に出て来なくなってしまったんでねぇ。ここは新馬・未勝利を好内容で勝ち上がった馬を狙っていくのが妥当なところでしょう。

という訳で、中心はサーベラージュ。新馬戦では後続を寄せ付けずそのままぶっちぎって勝利。しかも、どちらかというと多少時計を要す中山の方があっていそうな感じだしさ。 あとは、中山が鍵も新馬戦で披露した末脚は評価できるニシノアモーレ、そしてホープフルS上位のマイネルスフェーン・ベストリゾート、葉牡丹賞2着のコマノインパルスを。

<第57回京成杯予想>
◎サーベラージュ
○アダムバローズ
▲ニシノアモーレ
△マイネルスフェーン
△コマノインパルス
△ベストリゾート

あと、アダムバローズの逃げ切りに期待するのもアリかな。


結果

1着コマノインパルス
2着ガンサリュート
3着マイネルスフェーン
4着ジュニエーブル
5着アサギリジョー

タイム:2分02秒5 3F:36.3秒
コマノインパルス 牡3歳
騎手:田辺裕信 厩舎:美浦・菊川厩舎
単勝:8番380円
複勝:8番140円、11番360円、2番190円
枠連:5-6 1600円 馬連:8-11 2580円
馬単:8-11 3970円
3連複:2-8-11 4660円
3連単:8-11-2 23040円
ワイド:8-11 950円
    2-8 410円 2-11 1520円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。とりあえず○▲で的中させたが...
 コマノインパルスが1番人気ではなぁ。安めの決着。

 まぁ、それはそれとして。京成杯の結果。メリオラが単騎で逃げ、それをベストリゾート・バリングラが追いかける展開。 前半1000m通過が1:01.6とペースはそこまで速くない感じだったが...終わってみれば、差し・追込馬が上位を独占するという前崩れの結果に。 勝ったのは最後方付近から競馬した1番人気のコマノインパルス、そしてこれを追いかける形で上がってきたガンサリュートが2着。

 しかし、どうなんでしょうかねぇ。今回の上位馬。とりあえずこれだけやれたのは評価するが、 内でゴチャついて競馬にならなかったポポカテペトル・サーベラージュ辺りがきちんと走っていたら...と考えるとねぇ。この辺りの馬が逆転していた可能性も十分あったんじゃないかと。 まぁ、京成杯自体が何かと微妙な位置付けの重賞だったりするんで、今回の結果は参考程度に留めておくのが正解かな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。