今週のメインdeパツイチ2017
第58回AJC杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第58回 アメリカジョッキークラブカップ 中山・芝2200m  4歳上オープン(GII) 2017年1月22日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミライヘノツバサ 迎春S 1着 重賞成績今一つだが4勝している中山なら。
2 クラリティスカイ NHKマイルC 1着 復調しつつあるが、どうも詰め甘くて... -
2 3 マイネルメダリスト 目黒記念 1着 2桁着順続く。さすがに一変は望めぬか。 - -
4 シングウィズジョイ エリ女王杯 2着 中山で重賞勝ち有。牡馬相手でも注意。 -
3 5 ホッコーブレーヴ 天皇賞春 3着 去年の成績物足りず。一変期待したいが... - -
6 ルミナスウォリアー ディセンバー 2着 能力は重賞でも通用するが、展開が問題で。
4 7 ワンアンドオンリー 日本ダービー 1着 それなりに差は詰めている。そろそろ出番? -
8 タンタアレグリア 天皇賞春 4着 GI好走評価も今回久々。ここは一旦様子見。 - -
5 9 シルクドリーマー ムーンライト 1着 準OPまでの馬っぽく。重賞では厳しいか。 - -
10 ゼーヴィント ラジオNIKKEI 1着 前2走2着も能力の高さは示せた。ここなら。
6 11 ナスノセイカン ウェルカムS 1着 条件厳しくなるが準OPの走り評価できるだけに。
12 ショウナンバッハ AJC杯 3着 去年の3着馬だが前2走がイマイチで... - -
7 13 リアファル 神戸新聞杯 1着 前走久々だったが上々の内容。反動なければ。 -
14 マイネルフロスト 日本ダービー 3着 前走が負けすぎ。巻き返しあればいいが。 - -
8 15 ヤマニンボワラクテ 中日新聞杯 4着 去年は5着。重賞ではやや足りないようで。 - -
16 サイモントルナーレ 丹頂S 1着 重賞では2桁着順ばかり。力不足。 - -
17 クリールカイザー AJC杯 1着 一昨年の勝ち馬だがその頃の勢いはなくて。 - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回AJC杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第58回AJC杯の展望と予想とヨタ話

この時期のGII、ドバイの前哨戦として使う実績馬もいるが...

このレースはあまり関係ない?第58回AJC杯。

という訳で、このAJC杯。前述しているように、この時期、ドバイ遠征を視野に入れた実績馬がちらほら出てきたりするが、日経新春杯や京都記念、中山記念と比べるとこのAJC杯にはこの手の馬はあまり出て来ず。 どちらかというと、中山金杯からの流れで出てくる馬が多かったりするのがこのAJC杯。

で、今年のAJC杯もその手の実績馬は出て来ず、中山金杯やディセンバーS組が主力を形成するといういつも通りのAJC杯に。そんなこんなで、予想もこれらの馬から...と考えたくなるところだが、 今年はこの辺りで賞金を加算してGIへの出走を確実なものにしたいと考えているゼーヴィント・タンタアレグリア・リアファルといった重賞好走馬や、ナスノセイカン・ルミナスウォリアーといった活きのいい新興勢力を狙っていくのが正解だったりするんじゃないでしょうか。 これらの馬、前走まずまずの走りしていたりもするしさ。

<第58回AJC杯予想>
◎ゼーヴィント
○ミライヘノツバサ
▲リアファル
△ナスノセイカン
△ルミナスウォリアー
△クラリティスカイ

あと、中山に良績集中しているミライヘノツバサも。


結果

1着タンタアレグリア
2着ゼーヴィント
3着ミライヘノツバサ
4着ルミナスウォリアー
5着ワンアンドオンリー

タイム:2分11秒9 3F:363秒
タンタアレグリア 牡5歳
騎手:蛯名正義 厩舎:美浦・国枝厩舎
単勝:8番1470円
複勝:8番340円、10番130円、1番210円
枠連:4-5 960円 馬連:8-10 1930円
馬単:8-10 5470円
3連複:1-8-10 3970円
3連単:8-10-1 28980円
ワイド:8-10 760円
    1-8 1580円 1-10 440円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、ここでタンタアレグリアですか。
 他は割と狙い通りだったんだけど...

 まぁ、それはそれとして。AJC杯の結果。何というか、中山らしくうまく立ち回った馬が上位を確保する結果になりましたな。 最内でじっとしていたタンタアレグリアが直線でもそのまま内から進出し、先頭。道中、ロスなく立ち回ったこともあって勢いは衰えず、 ゼーヴィント・ミライヘノツバサらを退け先頭でゴールへ。

 という訳で、勝ったのはタンタアレグリア。去年の天皇賞春以来の出走だったが、問題なかったようで。上々の立ち回りにもサポートされ、この結果に。 まぁ、GI・重賞で好走しているし、大きく崩れていない馬だったりすることを考えれば、妥当な結果だったのかもしれませんな。

 あと、2着以下。ゼーヴィントもミライヘノツバサも道中ロスしないよう立ち回っていたが、さすがに最内でロスなく立ち回った馬には敵わなかったようで。 まぁ、この辺りは展開や条件次第で入れ替わりがあっても不思議ではなかったりするんで...着順はそこまで気にしなくてもいいかな。とりあえず、崩れなかったのは評価していいでしょう。 逆に、13着と大敗してしまったリアファルは...どうなんでしょうかねぇ。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。