今週のメインdeパツイチ2017
第57回きさらぎ賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第57回 きさらぎ賞 京都・芝1800m  3歳オープン(GIII) 2017年2月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サトノアーサー シクラメン賞 1着 今回強敵おらず。無傷の3連勝で重賞制覇も。 -
2 2 マテラレックス ひいらぎ賞 10着 昇級後の成績が散々。この条件は厳しいか。 - -
3 3 タガノアシュラ 黄菊賞 1着 ノーマークの逃げには注意。展開嵌れば。 -
4 4 ダンビュライト サウジRC 2着 前走イマイチだったが前々走ぐらい走れば。
5 5 プラチナヴォイス 萩S 1着 前走今一つもこの相手なら多少はやれそう。
6 6 エスピリトゥオーゾ 未勝利 1着 パンチ不足。ただ時計要すなら出番あっても。 -
7 7 アメリカズカップ 野路菊S 1着 前走完敗。多少は巻き返しありそうだが... - -
8 8 スズカメジャー 新馬 1着 ややパワー型っぽく。少々時計要すなら怖いが...

以上登録8頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回きさらぎ賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第57回きさらぎ賞の展望と予想とヨタ話

条件的にもローテーション的にもちと中途半端だったりするが...

たまに大物を輩出する重賞・第57回きさらぎ賞。

という訳で、このきさらぎ賞。最近は次週に行われる共同通信杯ばかり目立つ結果となっているが、 去年のサトノダイヤモンドや一昨年のルージュバックなど、クラシック戦線で活躍する大物を続々輩出しているのがこのきさらぎ賞。軽視は禁物ですぜ。

で、今年のきさらぎ賞。頭数自体は8頭とかなり寂しいメンバー構成となったが、まぁ、シクラメン賞で一頭だけ上がり3ハロン32秒台の末脚を使って他馬を置き去りにしたサトノアーサーがいるんでねぇ。 まぁ、そのシクラメン賞は相手に恵まれた感あるだけに、勝ちっぷりや3・1/2馬身という着差をそのまま鵜呑みにしない方がいいんだろうけど...ここでも強い競馬するんだったらねぇ。期待してもいいんじゃないかと。

と、まぁ、そんな感じだったりりするんで今回のきさらぎ賞、サトノアーサーから入るのが正解でしょう。一応、 サウジアラビアロイヤルC2着のダンビュライトや、 萩S勝ちのプラチナヴォイス、野路菊S勝ちのアメリカズカップといった実績馬もいることはいるのだが...この3頭、前走がイマイチだっただけにねぇ。サトノアーサーにはちょっと敵わないんじゃないかと。 とりあえず、この辺りをヒモでおさえて勝負といった感じでしょうか。

<第57回きさらぎ賞予想>
◎サトノアーサー
○タガノアシュラ
▲ダンビュライト
△スズカメジャー
△プラチナヴォイス

ただ、馬券的には微妙なんで...スルーするのも手かも。


結果

1着アメリカズカップ
2着サトノアーサー
3着ダンビュライト
4着プラチナヴォイス
5着エスピリトゥオーゾ

タイム:1分50秒1 3F:36.1秒
アメリカズカップ 牡3歳
騎手:松若風馬 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:7番1720円
複勝:7番230円、1番110円、4番130円
馬連:1-7 960円 馬単:7-1 3580円
3連複:1-4-7 1210円
3連単:7-1-4 14180円
ワイド:1-7 390円
    4-7 690円 1-4 190円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、難しいところですなぁ。
 アメリカズカップ、実績的には問題ないんだけど...

 でもって、きさらぎ賞の結果。うーん、何というか...ねぇ。やはりこの時期の3歳はまだどうなるか分かりませんなぁ。 単勝140円と圧倒的な人気を集めたサトノアーサーだったが、今回は前走ほどの爆発力はナシ。好位追走から抜け出したアメリカズカップを捕らえるどころか、 同じような位置にいたダンビュライトを交わして2着に上がるのがやっとでした。

 そんなこんながあったが、勝ったのはアメリカズカップ。前走の朝日杯FSは伸びずバテずといった感じの9着だっただけに、 ここで巻き返しあるか微妙なところだったが...終わってみればこれですからねぇ。まぁ、展開や上がりを要す馬場に助けられた感は否めないだけに、過信はできませんが。 今回は、どちらかというと、展開や馬場が悪い方に作用した感あるサトノアーサーの巻き返しに期待するのが正解なのかもしれませんな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。