今週のメインdeパツイチ2017
第52回クイーンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第52回 クイーンカップ 東京・芝1600m  3歳牝オープン(GIII) 2017年2月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トーホウアイレス サフラン賞 1着 前走の大敗が問題。巻き返しあればいいが。 -
2 アルミューテン フェアリーS 5着 単騎逃げ可能な組み合わせ。嵌れば... -
2 3 ハナレイムーン 新馬 1着 新馬戦の勝ちっぷり良く。重賞でも即通用。
4 コマノレジーナ 新馬 1着 勝ちっぷり評価も今回相手かなり強化され... -
3 5 サクセスライン 500万下 14着 昇級戦が負けすぎ。スピード不足っぽく。 - -
6 フローレスマジック アルテミスS 2着 後の阪神JF2着相手に好走有。この相手なら。 -
4 7 ディヴァインハイツ 新馬 1着 もうワンパンチ欲しい。重賞ではちょっと... - -
8 レーヌミノル 小倉2歳S 1着 阪神JFでは差のある3着。少し足りないか。 -
5 9 ヴィーナスアロー 兼六園JC 1着 芝の重賞ではちと厳しそう。ここは様子見。 - -
10 スズカグラーテ 500万下 2着 ダート向きの馬。芝ではさすがに厳しく。 - -
6 11 アエロリット フェアリーS 2着 順調だが今回相手一気に強化され。 -
12 モリトシラユリ フェアリーS 3着 パンチ不足だが時計要す馬場になれば一発も。 -
7 13 スズカゼ 菜の花賞 1着 前走は展開嵌った感有。この条件では。 - -
14 セイウンキラビヤカ 新馬 1着 新馬戦快勝もこの相手でどこまでやれる? -
8 15 アドマイヤミヤビ 百日草特別 1着 前2走評価。仕上がっていれば重賞でも。 -
16 パフォーム フェアリーS 7着 前2走大負けはしていないが...やはり力不足。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第52回クイーンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第52回クイーンカップの展望と予想とヨタ話

さすがに桜花賞トライアルほどではないが...

それなりに活躍馬を輩出する一戦・第52回クイーンカップ。

という訳で、このクイーンカップ。牡馬路線の共同通信杯のように、トライアルレースを差し置いて有力馬を続々輩出といった感じのレースではなかったりするが、 去年のメジャーエンブレムや、一昨年のミッキークイーンなど、それなりの活躍馬を輩出するのがこのクイーンカップ。地味だけどなかなか侮れない一戦。

で、今年のクイーンカップ。この時期の3歳重賞は頭数が揃わないことも多いが、東京マイルだとか牝馬限定戦だとか使いやすい条件が揃っていることもあって毎年フルゲート近くまできっちり頭数が揃うのがこのクイーンカップ。 今年もきっちり頭数は揃ったのだが...去年のメジャーエンブレムのような傑出馬はおらず、混戦模様。一応、アルテミスSやフェアリーS上位馬や阪神JF3着のレーヌミノルといった実績馬はいるが...そこまでズバ抜けた馬ではなさそうな感じだったりするし。

と、まぁ、そんな感じだったりするんで、ここはちょっと穴っぽいところ狙ってみるのもアリなんじゃないかと。とりあえず、中心はアルテミスSでいい末脚使ったフローレスマジックなのだが、 ここから新馬を快勝したハナレイムーンとか、未勝利・百日草特別と連勝したアドマイヤミヤビとかでちょい高めを狙ってみましょうか。あと、前走のアルテミスS12着で人気を一気に落とすならトーホウアイレスも妙味ありそう。

<第52回クイーンカップ予想>
◎フローレスマジック
○アルミューテン
▲ハナレイムーン
△アドマイヤミヤビ
△レーヌミノル
△トーホウアイレス

あと、逃げ嵌まりそうなアルミューテンも。


結果

1着アドマイヤミヤビ
2着アエロリット
3着フローレスマジック
4着レーヌミノル
5着ハナレイムーン

タイム:1分33秒2 3F:34.1秒
アドマイヤミヤビ 牝3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:栗東・友道厩舎
単勝:15番290円
複勝:15番120円、11番170円、6番120円
枠連:6-8 1050円 馬連:11-15 1330円
馬単:15-11 2130円
3連複:6-11-15 1170円
3連単:15-11-6 6820円
ワイド:11-15 410円
    6-15 180円 6-11 410円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。人気所が上位を占める結果だったが...
 アエロリットはちょっと狙い辛いッス。

 でもって、クイーンカップの結果。それなりに前に行く馬はいたが、どの馬もそこまで積極的に行かなかったもんで、結局、好スタートを決めたレーヌミノルがそのまま逃げる展開に。 そんなこんなで、ペースもあまり上がらず、前半3ハロン通過は34.8秒止まり。

 で、あとは直線での追い比べで決着をつける展開となったのだが...やはりこういう展開だったこともあって、逃げたレーヌミノルが最後まで粘ることに。 ただ、そのまま押し切れるほど余裕はなかったようで、結局、中団から伸びてきたアドマイヤミヤビ・アエロリット・フローレスマジックらに交わされ終了。

 そんなこんなで、勝ったのはアドマイヤミヤビ。前述しているように、ペースが緩く瞬発力勝負で決着をつける展開になったが... まぁ、これまでいい末脚使って上位確保していた馬だったりするんでねぇ。こういう展開も難なく克服してこの結果に。とりあえず、これで3連勝。 しかも、今回、それなりの相手に快勝していますからねぇ。クラシックに繋がる内容だったんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。