今週のメインdeパツイチ2017
第51回共同通信杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第51回 共同通信杯 東京・芝1800m  3歳オープン(GIII) 2017年2月12日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スワーヴリチャード 東スポ杯2歳S 2着 東スポ杯2着も上々の内容。この条件なら。
2 2 ディアシューター 若竹賞 5着 成績頭打ち。現状ではダの方がいいのかも - -
3 3 タイセイスターリー シンザン記念 2着 シンザン記念2着評価も恵まれた感あって。 -
4 4 ムーヴザワールド 東スポ杯2歳S 3着 前走悪くなく。ここでも上位確保は可能で。
5 5 エアウィンザー 福寿草特別 2着 良血馬だが妙に詰め甘く。兄に似た? -
6 6 エテレインミノル 梅花賞 5着 昇級後の成績物足りず。ちと力不足か。 - -
7 ビルズトレジャー 500万下 2着 前走イマイチも東京なら巻き返しあっても。 -
7 8 エトルディーニュ 札幌2歳S 4着 一押し足りないが堅実駆けは評価でき。
9 チャロネグロ 未勝利 1着 前走の末脚侮れず。今回重賞だが展開次第で。 -
8 10 アサギリジョー 京成杯 5着 ジリ。入着はありそうだがそれ以上は。 - -
11 サイバーエレキング 川崎若駒OP 1着 ダート専門っぽく。芝ではさすがに... - -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第51回共同通信杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第51回共同通信杯の展望と予想とヨタ話

3歳牡馬クラシックの有力馬が続々誕生しているが...

やはり本命はこのレースで誕生?第51回共同通信杯。

という訳で、この共同通信杯。3歳牡馬クラシックの前哨戦としての重要度は弥生賞やスプリングSの方が上だったりするが...実際に活躍馬を送り出しているのはこの共同通信杯。 何せ、ここ数年、ディーマジェスティ・ドゥラメンテ・イスラボニータ・ゴールドシップ・ディープブリランテと立て続けにクラシックウィナーを輩出していますからねぇ。

そんなこんなで、クラシックを占う上で重要な一戦となるのが共同通信杯なのだが...今年は少し微妙な感じ。とりあえず、東スポ杯2歳S2・3着のスワーヴリチャード・ムーヴザワールドや、 シンザン記念2着のタイセイスターリーといった実績馬や、好走続けるエアスピネルの全弟エアウィンザーなど、それなりに期待できそうな馬はいるのだが...どこかで負けている馬ばかりなのがなぁ。 クラシックでも好走は可能なんだろうけど、勝ち切れるかといわれるとねぇ。

まぁ、その辺りは一旦置いておいて。とりあえず、共同通信杯の予想を。前走勝ち切れなかったのが気掛かりだが、ここは東スポ杯2歳2・3着のスワーヴリチャード・ムーヴザワールドでいいんじゃないかと。 他の馬も同じような感じで勝ち切れなかった馬ばかりだし、まぁ、能力の違いでなんとかなるんじゃないでしょうか。で、あとは、きっちり差を詰め上位確保する点は評価できるエアウィンザー・エトルディーニュ辺りを。

<第51回共同通信杯予想>
◎スワーヴリチャード
○チャロネグロ
▲ムーヴザワールド
△エアウィンザー
△エトルディーニュ
△タイセイスターリー

一発あるとすれば前走の末脚評価できるチャロネグロかな。


結果

1着スワーヴリチャード
2着エトルディーニュ
3着ムーヴザワールド
4着タイセイスターリー
5着ディアシューター

タイム:1分47秒5 3F:34.7秒
スワーヴリチャード 牡3歳
騎手:四位洋文 厩舎:栗東・庄野厩舎
単勝:1番310円
複勝:1番130円、8番310円、4番120円
枠連:1-7 1910円 馬連:1-8 3410円
馬単:1-8 4860円
3連複:1-4-8 2260円
3連単:1-8-4 16620円
ワイド:1-8 730円
    1-4 190円 4-8 740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!スワーヴリチャード結構人気だったが...
 2着のエトルディーニュがちょい人気薄で好配当に。

 でもって、共同通信杯の結果。ディアシューター・タイセイスターリーが積極的に出て行ったりしたが、それは序盤だけ。その後、ペースが落ち着いたこともあって、前半1000m通過は1:00.6止まり。

 という訳で、直線の追い比べで決着をつけるというベタな展開となったのだが...前日のクイーンCほど前に行った馬が残れるような展開ではなかったようで、結局、好位〜中団から競馬した馬が上位を独占する結果に。 道中好位追走からややポジションを下げるものの、馬群をうまく捌いて盛り返してきたスワーヴリチャードがそのまま馬群から抜け出し1着、 そして好位〜中団で競馬していたエトルディーニュ・ムーヴザワールド・タイセイスターリーが横一線に並んだ状態でゴールし、それぞれ2〜4着を確保することに。

 そんなこんながあったが、勝ったのはスワーヴリチャード。最内をロスなく走り、直線ではいい塩梅に馬群を捌いて抜け出すという立ち回りの良さに助けられたのは確かだが、 最終的に2着に2・1/2馬身もの差をつけ完勝してしまったのは素直に評価していいでしょう。とりあえず、今回ぐらい走ればGIでもいい勝負できるんじゃないかと。 あと、前でも後ろでも競馬できる自在性や、多少時計要す馬場も問題なくこなせるのもポイント高い感じですな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。