今週のメインdeパツイチ2017
第34回フェブラリーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第34回 フェブラリーステークス 東京・ダ1600m  4歳上オープン(GI) 2017年2月19日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サウンドトゥルー チャンピオン 1着 やや展開に左右される馬。ここも展開次第。 -
2 ホワイトフーガ JBCレディ 1着 去年は10着。牡馬相手だとさすがに苦しいか。 - -
2 3 ゴールドドリーム ユニコーンS 1着 前走案外も東京マイルなら巻き返し可能。
4 コパノリッキー フェブラリー 1着 前3走の負け方問題。一変あればいいが。 - -
3 5 アスカノロマン チャンピオン 3着 去年の3着馬だが前走負けすぎの感あって。 - -
6 モーニン フェブラリー 1着 去年の勝ち馬だが、それ以降凡走多いのが... - -
4 7 ブライトライン みやこS 1着 最近凡走目立つ。さすがに衰えてきたか。 - -
8 デニムアンドルビー 宝塚記念 2着 芝の実績は評価も今回ダート。ちと苦しい。 - -
5 9 ベストウォーリア 南部杯 1着 勝ち切れないのが難点も手堅さは評価でき。
10 カフジテイク 根岸S 1着 距離は克服済。いい塩梅の展開になれば。 -
6 11 ノンコノユメ JDダービー 1着 去年の2着馬。この条件なら一変あっていい。
12 ニシケンモノノフ 兵庫ゴールド 1着 マイルだと少し甘い。ただ展開利ありそうで。 -
7 13 エイシンバッケン 根岸S 3着 末脚強烈。ただマイルはちと微妙かも... -
14 キングズガード プロキオンS 3着 少し足りない。距離も少々長いようで。 - -
8 15 ケイティブレイブ JDダービー 2着 前2走が案外。展開利はありそうだが... -
16 インカンテーション 平安S 1着 去年以降の成績が散々。ここでは厳しい。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第34回フェブラリーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第34回フェブラリーステークスの展望と予想とヨタ話

2017年の中央GIはこのレースで開幕。

ダート路線の頂点へ。第34回フェブラリーステークス。

という訳で、このフェブラリーステークス。去年の秋から続いたダートGI・JpnIもこのフェブラリーステークスで一段落。 そんなこんなで、各種GI・JpnI好走馬が勢揃いするのがこのフェブラリーステークスだったりするのだが...これらの実績馬で順当に決まらないことも結構あったりするんでねぇ。 何かと難しい一戦。

で、今年のフェブラリーステークス。去年の勝ち馬モーニンに、2014・2015年とフェブラリーSを連覇したコパノリッキー、去年のチャンピオンズC馬サウンドトゥルー、JBCレディスクラシックを連覇したホワイトフーガ、 南部杯2勝のベストウォーリア、去年このレースで2着に入ったJDダービー馬ノンコノユメといったGI・JpnIが勢揃い。さらにGI・JpnIや、根岸S・武蔵野Sといったこのレースに直結する重賞で好走した馬も揃い、 まさに「ダート路線の頂上決戦」といった感じの一戦に。

ただ...ここまでメンバーが揃っちゃうとねぇ。予想するのも何かと大変。実績的にはこのレースを勝っているモーニン・コパノリッキーなんだけど...最近凡走続きなのが気掛かり。 あと、チャンピオンズCを勝ったサウンドトゥルーも東京大賞典・川崎記念と詰めの甘い競馬続いているのがねぇ。ここはちょっと穴っぽいところで一発狙ってみるものアリなんじゃないかと。

という訳で、中心はノンコノユメ。ここ数戦ピリっとしない競馬が続くが、末脚をフルに発揮できる東京なら巻き返しあっていいんじゃないでしょうか。 あとは、今回先行勢が少なく展開利見込めそうなベストウォーリア・ゴールドドリーム、末脚強烈なカフジテイク・サウンドトゥルーを。

<第34回フェブラリーステークス予想>
◎ノンコノユメ
○ニシケンモノノフ
▲ベストウォーリア
△カフジテイク
△ゴールドドリーム
△サウンドトゥルー

あと、距離微妙だが前残りありそうなニシケンモノノフも。


結果

1着ゴールドドリーム
2着ベストウォーリア
3着カフジテイク
4着エイシンバッケン
5着ニシケンモノノフ

タイム:1分35秒1 3F:36.1秒
ゴールドドリーム 牡4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・平田厩舎
単勝:3番500円
複勝:3番180円、9番180円、10番150円
枠連:2-5 470円 馬連:3-9 1470円
馬単:3-9 2520円
3連複:3-9-10 2140円
3連単:3-9-10 9240円
ワイド:3-9 550円
    3-10 530円 9-10 430円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。とりあえず拾ってはいるんだけど...
 ゴールドドリームが思っていた以上に人気で妙味が...

 でもって、フェブラリーステークスの結果。コパノリッキーがすんなりハナを奪って逃げる展開になっても不思議ではない組み合わせだったのだが、 実際に逃げたのはインカンテーションとニシケンモノノフ。しかも、コパノリッキーが控えたから先頭に立てたという感じでもなかったんでねぇ。 そんなこんなで、インカンテーションの積極的な逃げがあった影響で前半3ハロン通過が34.0秒、1000m通過が0:59.0と結構速めのペースに。

 となれば、後方待機組の出番になってしまうのは仕方がないところ。一応、2番手から競馬したニシケンモノノフが最後まで粘るものの、 中団から伸びてきたゴールドドリーム・ベストウォーリアや後方待機組のカフジテイク・エイシンバッケンには敵わず5着まで。

 という訳で、勝ったのはゴールドドリーム。まぁ、内容的にはヒヤシンスS・ユニコーンSと似た感じだったんじゃないでしょうかねぇ。 中団追走から着実に伸び、残り200mを過ぎた辺りで先頭。この辺りでベストウォーリアも内から伸びゴールドドリームに迫ってきたが、これを凌いで1着。 まぁ、とりあえずGIは勝てたしこれはこれで評価すべきなんだけど...好走パターンがマイル&比較的時計の出るダートに偏ってきているのが気になるところ。 他の条件でもきっちり走ってくれればいいのだが...


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。