今週のメインdeパツイチ2017
第61回阪急杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第61回 阪急杯 阪神・芝1400m  4歳上オープン(GIII) 2017年2月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カオスモス ダービー卿CT 2着 2桁着順続く。一変はちと望み薄っぽく。 - -
2 2 トーキングドラム 洛陽S 4着 昇級戦まずまず。流れに乗れれば3着も。
3 3 ブラヴィッシモ 阪急杯 3着 去年の3着馬だが近走ちと物足りなくて。 -
4 4 ヒルノデイバロー シルクロード 4着 末脚はそれなりも、もう一押しが足りなくて。
5 5 ロサギガンティア 阪神カップ 1着 実績評価。前走より条件楽になるここなら。 -
6 ムーンクレスト スワンS 5着 前走負けすぎもスワンSぐらい走れば...
6 7 シュウジ 阪神カップ 1着 前走強敵下す。仕上がっていれば。
8 ミッキーラブソング 京都金杯 3着 去年は4着。ただ最近どうもぱっとしなくて。 - -
7 9 メドウラーク 洛陽S 5着 最近はOPで着拾うのが精一杯。出番は... - -
10 テイエムタイホー 京都金杯 2着 2桁着順連発。阪神好走多いが出番は... - -
8 11 ダイシンサンダー 米子S 3着 OP好走止まりの馬。重賞ではさすがに。 - -
12 ナガラオリオン 南部杯 5着 末脚は評価も今回芝の重賞。ここは様子見。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第61回阪急杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第61回阪急杯の展望と予想とヨタ話

1400mと距離は本番よりちょっと長めだが...

高松宮記念の前哨戦、第61回阪急杯。

という訳で、この阪急杯。前述しているように、高松宮記念よりも200m長い1400mで行われる一戦だが、本番で好走が多いのはこの阪急杯組。 実際、去年・一昨年のミッキーアイルや、2014年のコパノリチャード、2013年のロードカナロア、2012・2011年のサンカルロ、2010年のビービーガルダン・エーシンフォワード、2009年のローレルゲレイロなどなど、 毎年高松宮記念上位馬を輩出していたりしますし。

そんなこんなで、高松宮記念の最重要ステップとなるこの阪急杯...なのだが、今年は頭数12頭と例年より少なめだったりするし、有力所が阪神カップ勝ちのシュウジ・ロサギガンティアぐらいしかいないのがねぇ。 まぁ、この辺りがきっちり結果を出せば本番にも繋がるんだろうけど、今年は何かと微妙な感じですな。

まぁ、それはそれとして。とりあえず阪急杯の予想を。こういう組み合わせだし、ここは前述のシュウジ・ロサギガンティア中心になってしまうのは仕方がないところ。 あとは、強敵揃ったスワンSで5着と健闘した点を評価してムーンクレスト、やや詰め甘いがきっちり差は詰めているトーキングドラム、展開が鍵だが嵌まればいい末脚使うヒルノデイバロー辺りをマークしておけばいいかな。

<第61回阪急杯予想>
◎シュウジ
○ムーンクレスト
▲ロサギガンティア
△トーキングドラム
△ヒルノデイバロー

大駆けタイプの馬もちらほらいるんで、荒れる可能性もありますが...


結果

1着トーキングドラム
2着ヒルノデイバロー
3着ナガラオリオン
4着ブラヴィッシモ
5着メドウラーク

タイム:1分21秒4 3F:35.9秒
トーキングドラム 牡7歳
騎手:幸英明 厩舎:美浦・斎藤厩舎
単勝:2番2570円
複勝:2番980円、4番600円、12番2930円
枠連:2-4 12600円 馬連:2-4 13090円
馬単:2-4 33100円
3連複:2-4-12 239760円
3連単:2-4-12 2483180円
ワイド:2-4 2850円
    2-12 14470円 4-12 8610円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。こちらも○▲△で引っかけました。
 しかし、3着ナガラオリオンでここまで配当弾けるとは...

 まぁ、それはともかく。阪急杯の結果。カオスモスが逃げ、テイエムタイホーがこれを追いかける展開となったが、 前半3ハロン通過が33.8秒とそれほど荒れるようなペースにはならず。ただ...直線に入ってもシュウジ・ロサギガンティアといった人気所が全く伸びなかったもんでねぇ。 結局、7番人気のトーキングドラムが勝ち、ケツ人気のナガラオリオンが3着に突っ込むなど荒れた結果に。

 と、まぁ、そんな阪急杯だったが、勝ったのはトーキングドラム。道中は中団、最内でじっと待機。 直線では最内が開いたところを突っ込み、その勢いのまま馬群を抜け出し先頭へ。中団から抜け出してきたヒルノデイバローもこれに迫ってきたが、これをなんとか凌いで1着。 ただ、今回は内でロスなく立ち回った分勝てた感あるのがねぇ。真っ向勝負になるとこれまでのような詰めの甘い競馬しそうで...


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。