今週のメインdeパツイチ2017
第24回チューリップ賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第24回 チューリップ賞 京都・芝1600m  3歳牝オープン(GIII) 2017年3月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミリッサ エルフィンS 3着 前走は流れに乗れず。もう少しやれる筈。
2 2 カワキタエンカ 千両賞 3着 良馬場で変わる余地はある。見限りは早計。 -
3 3 リスグラシュー 阪神JF 2着 阪神JF2着もそれなりに差は詰める。ここも。
4 4 エントリーチケット 紅梅S 2着 手堅さは評価もこの相手ではさすがに... -
5 5 アロンザモナ 紅梅S 1着 OP勝ち評価も今回相手かなり揃って。 -
6 ダノンディーヴァ 春菜賞 3着 前走の末脚は評価。展開嵌れば一発も? -
6 7 ミスパンテール 新馬 1着 新馬戦の勝ちっぷり評価。ただ今回久々で... -
8 ビップキャッツアイ エルフィンS 6着 昇級戦まずまずだったが、ここではさすがに... - -
7 9 レッドリボン 牝未勝利 1着 新馬で後のエルフィンS馬の2着有。侮れず。 -
10 ソウルスターリング 阪神JF 1着 阪神JF完勝素直に評価。あとは仕上がり次第。 -
8 11 ワールドフォーラブ クロッカスS 7着 ワンパンチ足りない。ここでは入着までか。 - -
12 アンバーミニー 白菊賞 11着 昇級後の2戦がサッパリ。厳しい。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第24回チューリップ賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第24回チューリップ賞の展望と予想とヨタ話

クラシックに向けての戦いが本格的にスタート。

桜花賞トライアル、第24回チューリップ賞。

という訳で、このチューリップ賞。桜花賞トライアル自体は他にもあったりするが、本番で好走例が多いのはやはりこのチューリップ賞組。 そんなこんなで、桜花賞の行方を左右する一戦となるのがこのチューリップ賞なのだが...今年はなぁ。有力馬が集まりすぎて、ここが桜花賞といってしまっても過言ではない一戦に。

でもって、そんな今回のチューリップ賞。阪神JF、エルフィンS、紅梅Sといったチューリップ賞で好走するケースが多いレースの上位馬が揃ったこともあるんで、今回はこの辺りで無難に勝負するのが正解でしょう。 とりあえず、阪神JF1・2着のソウルスターリング・リスグラシュー、エルフィンSはうまく流れに乗れず3着だったが、いい末脚を使って差を詰めたのは評価できるミリッサから入るとかそんな感じで。 紅梅S組は紅梅Sのレベルがちょっと微妙だったりするんで...次点候補までかな。

<第24回チューリップ賞予想>
◎ソウルスターリング
○カワキタエンカ
▲ミリッサ
△リスグラシュー
△アロンザモナ
△エントリーチケット

あと、カワキタエンカもちょっと気になる感じ。

前2走、重馬場で力出し切れていない感があって...


結果

1着ソウルスターリング
2着ミスパンテール
3着リスグラシュー
4着ミリッサ
5着カワキタエンカ

タイム:1分33秒2 3F:34.6秒
ソウルスターリング 牝3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:美浦・藤沢厩舎
単勝:10番150円
複勝:10番110円、7番360円、3番110円
枠連:6-7 3180円 馬連:7-10 4360円
馬単:10-7 4590円
3連複:3-7-10 1630円
3連単:10-7-3 11200円
ワイド:7-10 820円
    3-10 120円 3-7 1060円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ソウルスターリングは順当に来たが...
 ミスパンテールが薄めではなぁ。印は一応打っていたが。

 でもって、チューリップ賞の結果。もう少し接戦になっていい気もしていたのだが、結果はこれですからね。ソウルスターリング、他馬を寄せ付けず余裕の勝利。 しかも、展開に恵まれて楽勝したものじゃなくて、比較的余力を残した状態での楽勝だったりしますからねぇ。

 そんなこんなで、こういう結果になってしまったもんだから...桜花賞、もうソウルスターリングでほぼ決まりだったりするんじゃないでしょうか。 一応、まだ底を見せていないクイーンC馬アドマイヤミヤビが本番で逆転する可能性もあるが...何というか、格の違いというのがありそうなんでねぇ。 展開の助けがないと厳しいんじゃないかと...


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。