今週のメインdeパツイチ2017
第19回黒船賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第19回 黒船賞 高知・ダ1400m  4歳上オープン(JpnIII) 2017年3月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トウケイタイガー 園田ウインタ 1着 園田の走り評価も中央所属時の成績が... -
2 2 ニシノビークイック タンザナイト 2着 転厩してもサッパリ。一変は望めそうになく。 - -
3 3 ニシケンモノノフ 兵庫ゴールド 1着 今回相手関係楽だし千四。ここは順当か。 -
4 4 ビービーガザリアス 金沢スプC 2着 最近入着するのが精一杯。ここでは。 - -
5 5 エルウェーオージャ 黒潮スプC 3着 地元重賞で足りず。交流重賞ではさすがに。 - -
6 グレイスフルリープ サマーCh 1着 前3走イマイチもこの条件なら巻き返しも。
6 7 サトノキングリー 朱雀S 2着 地元重賞で惨敗。この条件では厳しい。 - -
8 ディアマルコ 土佐秋月賞 1着 前2走今一つも好調時の走り戻れば多少は。 -
7 9 キングズガード プロキオンS 3着 能力は通用も展開が鍵。仕掛け所次第か。
10 ドリームバレンチノ JBCスプ 1着 59kgは大丈夫だが最近ちと詰め甘くて。
8 11 ヴィンテージイヤー だるま夕日賞 5着 前走で決着済。交流重賞では荷が重い。 - -
12 ブラゾンドゥリス バレンタイン 1着 手頃な条件。今回重賞だが上位狙える。

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第19回黒船賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第19回黒船賞の展望と予想とヨタ話

かしわ記念へのステップという感じもするが...

目標は東京スプリントだったりする?第19回黒船賞。

という訳で、この黒船賞。条件的には、かしわ記念の前哨戦といった感じだったりするが...どちらかというと4月の東京スプリントや、かしわ記念ではなくかきつばた記念に向かう短距離路線馬が多数出走してくるのがこの黒船賞。 今年も1200-1400mといった短距離で活躍している馬が多数参戦し、主力を形成することに。

で、そんな今回の黒船賞。近走ちと物足りない競馬続く馬が多かったりするが、地方勢にこれといった馬がいないことだし、ここは中央勢で勝負するのが正解でしょう。中心はニシケンモノノフ。 ダ1400mに良績多数ある馬だし、近走も負けてはいるものの強敵相手に好走し続けていますからねぇ。この相手ならすんなり勝てていいんじゃないかと。 あとは、比較的メンバー手薄なここなら十分勝ち負けになりそうなブラゾンドゥリス、そして重賞実績を評価してキングズガード・ドリームバレンチノ辺りで手堅く勝負といったところでしょうか。

<第19回黒船賞予想>
◎ニシケンモノノフ
○グレイスフルリープ
▲ブラゾンドゥリス
△キングズガード
△ドリームバレンチノ

好調時の走り戻ればグレイスフルリープも怖いが...


結果

1着ブラゾンドゥリス
2着キングズガード
3着グレイスフルリープ
4着ドリームバレンチノ
5着ニシケンモノノフ

タイム:1分28秒2 3F:39.1秒
ブラゾンドゥリス 牡歳
騎手:内田博幸 厩舎:美浦・尾形和幸厩舎
単勝:12番460円
複勝:12番180円、9番190円、6番330円
枠連:7-8 720円 馬連:9-12 1180円
馬単:12-9 2250円
3連複:6-9-12 3370円
3連単:12-9-6 13830円
ワイド:9-12 350円
    6-12 650円 6-9 690円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。とりあえず、○△で引っかけてはいるが...
 軸馬が来ないのではなぁ。グレイスフルリープも3着止まりだし。

 でもって、黒船賞の結果。それなりに前に行く馬が揃っていたが、結局、逃げたのはニシケンモノノフ。 で、これを見る形でグレイスフルリープ・ブラゾンドゥリスが追走。そんなこんなで、あとは先団を形成したこれら中央勢同士の争いに... なりそうな感じだったが、これら先行勢、結構崩れてしまいましたな。逃げたニシケンモノノフは脚が止まって5着。グレイスフルリープも粘り込めず3着まで。 結局、その後ろで競馬してた馬が上位を独占する結果に。

 そんなこんながあったが、勝ったのはブラゾンドゥリス。前に行っていたニシケンモノノフ・グレイスフルリープが粘り込めなかったことを考えれば、 このポジションはベストだったんじゃないでしょうかねぇ。中団追走から馬郡をうまく捌いて抜け出してきたキングズガードの追撃も封じて1着。 ただ、今回メンバーがやや手薄だったり、いい塩梅の展開になったことを考えると...ねぇ。重賞戦線でやっていけるかどうかは、もう少し様子をみてから判断するのが正解だったりするんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。