今週のメインdeパツイチ2017
第65回日経賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第65回 日経賞 中山・芝2500m  4歳上オープン(GII) 2017年3月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フェルメッツァ 初富士S 1着 パンチ不足。重賞では入着あれば上々か。 - -
2 レコンダイト 目黒記念 2着 成績伸び悩む。この条件悪くはないのだが... - -
2 3 ヤマカツライデン 丹頂S 1着 ノーマークで逃げられる組み合わせ。怖い。 -
4 プランスペスカ 鳴尾記念 3着 凡走続く。今回相手も揃うし、出番は... - -
3 5 ナスノセイカン 金鯱賞 4着 重賞でもそこそこ好走したが、この相手では。 - -
6 ディーマジェスティ 皐月賞 1着 ジャパンCの大敗気になるが実績は素直に評価。 -
4 7 マイネルサージュ オリオンS 1着 前走がイマイチ。さらに今回相手も強化され。 - -
8 ジュンヴァルカン 松籟S 1着 まだ底見せてない。この相手でも注意は必要。
5 9 レインボーライン 菊花賞 2着 手頃な条件。ここも手堅く上位確保しそうで。
10 アドマイヤデウス 日経賞 1着 一昨年の勝ち馬。ただ最近凡走も多くて... -
6 11 ミライヘノツバサ AJC杯 3着 やや詰め甘いが得意の中山ならそれなりに。 -
12 ゴールドアクター 有馬記念 1着 去年の勝ち馬。この相手なら連覇あっていい。 -
7 13 シャケトラ 日経新春杯 2着 前走より条件厳しくなる。ここは様子見。 - -
14 ツクバアズマオー 中山金杯 1着 中山は鬼。流れに乗れればここでも上位に。
8 15 トーセンレーヴ エプソムC 1着 去年以降の成績物足りず。ここでも一変は... - -
16 マイネルメダリスト 目黒記念 1着 大敗続く。さすがに一変は望み薄っぽくて。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第65回日経賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第65回日経賞の展望と予想とヨタ話

目標は大阪杯ではなく天皇賞(春)?

天皇賞(春)へのステップ、第65回日経賞。

という訳で、この日経賞。今年から大阪杯がGIに昇格した影響で、有力馬が大阪杯に集中、そして周辺の重賞が手薄に...なんてことも考えられたが、この日経賞があまり関係がなかったようで。 まぁ、大阪杯よりも天皇賞(春)を目標に据えているような比較的長距離路線寄りの馬が主力だったりするんで、当然といえば当然だったりしますが。

そんなこんなで、周辺環境は変わったが割と例年通りの日経賞。たまに大波乱があったりするが、基本的には実績馬で手堅く勝負するのが正解でしょう。 という訳で、ここはもうこの馬から入るしかないんじゃないかと。ゴールドアクター。前2走負けてはいるが、ジャパンC4着・有馬記念3着という十分すぎる内容だったりするし、去年このレースを勝っていたりするしさ。 今回、クラシックで好走したディーマジェスティ・レインボーライン、条件戦を順調に勝ち上がってきたミライヘノツバサ・ジュンヴァルカン・シャケトラなど、4歳馬も結構揃ってはいるんだが... ディーマジェスティはジャパンCの大敗が気になるし、レインボーラインは相手なりにしか走らずどうも勝ち切れない馬だったりするし、条件戦勝ち上がり組は実績不足な面あったりするなど、それぞれ弱みを抱えてることを考えるとねぇ。 ゴールドアクターほどは推せないんじゃないかと。

<第65回日経賞予想>
◎ゴールドアクター
○ヤマカツライデン
▲レインボーライン
△ディーマジェスティ
△ツクバアズマオー
△ジュンヴァルカン

あと、少し気になるのがヤマカツライデン。

同型馬不在で楽に単騎逃げできそうだし、嵌まれば...


結果

1着シャケトラ
2着ミライヘノツバサ
3着アドマイヤデウス
4着レインボーライン
5着ゴールドアクター

タイム:2分32秒8 3F:36.2秒
シャケトラ 牡4歳
騎手:田辺裕信 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:13番730円
複勝:13番280円、11番760円、10番570円
枠連:6-7 460円 馬連:11-13 6370円
馬単:13-11 12200円
3連複:10-11-13 32630円
3連単:13-11-10 167310円
ワイド:11-13 1760円
    10-13 1610円 10-11 3650円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。シャケトラ無印ではなぁ。
 他は薄めではあるが、一応印は打っていたんだけどねぇ...

 でもって、日経賞の結果。これといった逃げ馬がいなかったこともあって、道中はヤマカツライデンがマイペースで逃げる展開。で、ペースもあまり上がらず前半1000m通過は1:01.6止まり。 そんなこともあってか、全般的に前残りの展開に。逃げたヤマカツライデンは止まってしまったが、2番手から競馬したミライヘノツバサが2着、その後ろで待機していたアドマイヤデウスが3着を確保する結果に。

 ただ...勝ったのは中団待機から伸びてきたシャケトラ。逃げ込みを計るミライヘノツバサを坂を登り切った辺りで捕らえ先頭に立ち、そのままゴールへ。 ゴールドアクター・レインボーライン・ディーマジェスティといった同じような位置にいた人気馬がイマイチ伸びきれず入着止まりという結果になっていることを考えれば、 そこまで展開が嵌まったという感じではなかったんだけど...結果はこれですからねぇ。これは「力つけている」と考えた方がいいのかもしれませんな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。