今週のメインdeパツイチ2017
第61回大阪杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第61回 大阪杯 阪神・芝2000m  4歳上オープン(GI) 2017年4月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミッキーロケット 日経新春杯 1着 GIIまでの馬っぽく。ここでは連下までか。 -
2 2 アングライフェン 京都記念 5着 重賞で通用せず。この条件ではさすがに。 - -
3 3 スズカデヴィアス 京都記念 2着 ここ数戦の走り悪くないがさすがにGIとなると。 - -
4 ステファノス 天皇賞秋 2着 前走イマイチも叩き2戦目で変わる余地あって。 -
4 5 キタサンブラック ジャパンC 1着 同型馬の出方と久々が気になるが実績は評価。 -
6 サクラアンプルール 中山記念 2着 前走強敵相手に好走も今回条件厳しくなり。 - -
5 7 サトノクラウン 香港ヴァーズ 1着 前2走評価。使われている強みあるしここも。 -
8 ロードヴァンドール 金鯱賞 2着 前走は展開に助けられた感アリ。ここでは。 - -
6 9 ディサイファ AJC杯 1着 去年の成績物足りないが好調時の走り戻れば。 -
10 モンドインテロ 日経新春杯 3着 この距離ちと短い。目標は次なのでは? - -
7 11 マルターズアポジー 小倉大賞典 1着 単騎逃げには注意もGIではさすがに厳しい。 -
12 アンビシャス 大阪杯 1着 去年、キタサンブラックを下し勝利。今年も?
8 13 ヤマカツエース 金鯱賞 1着 中距離重賞4勝。ただ阪神で好走ないのが...
14 マカヒキ 日本ダービー 1着 今回一変あっていい条件だが過信は禁物で。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第61回大阪杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第61回大阪杯の展望と予想とヨタ話

今年からGIに昇格した一戦だが...

あまり変化はナシ?第61回大阪杯。

という訳で、この大阪杯。去年のジャパンC馬キタサンブラックに、日本ダービー馬マカヒキ、香港ヴァーズ馬サトノクラウンなどが揃いGIらしい一戦となったのだが... 最近の大阪杯は大体こんな感じのメンバー構成だっただけにねぇ。去年はGIIだったにも関わらずGI馬が5頭、さらに重賞勝ちだけではなくGIでも好走あったアンビシャス・タッチングスピーチもいたりしたし。 そう考えると、GIに昇格はしたがレース的にはあまり変わってないのかもしれませんな。

まぁ、それはともかく。今回の大阪杯。前述しているように、GI馬が多数参戦しているが...去年の大阪杯を考えると、ここはこの馬から入ってもいいんじゃないかと。アンビシャス。 前走の中山記念は4着という結果だったが、休み明けだった上に前残りの展開だったことを考えれば悪くない結果。今回叩き2戦目で上積み見込めそうだし、去年このレースでキタサンブラックら相手に勝利していますからねぇ。 ここはチャンスなんじゃないかと。

で、あとはサトノクラウン・キタサンブラックといったGI馬をおさえつつ、中距離重賞での走り評価できるヤマカツエース辺りで勝負といった感じかな。 実績的にはマカヒキもアリなんだが...前走の京都記念がやや物足りない内容だっただけにねぇ。叩き2戦目で一変する余地は十分あるが、 凱旋門賞大敗のダメージが残っているようだと案外な結果に終わる可能性も...

<第61回大阪杯予想>
◎アンビシャス
○ステファノス
▲サトノクラウン
△キタサンブラック
△ヤマカツエース
△マカヒキ

あと、叩き2戦目で変わればステファノスも。


結果

1着キタサンブラック
2着ステファノス
3着ヤマカツエース
4着マカヒキ
5着アンビシャス

タイム:1分58秒9 3F:35.3秒
キタサンブラック 牡5歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・清水厩舎
単勝:5番240円
複勝:5番110円、4番280円、13番280円
枠連:3-4 2130円 馬連:4-5 2320円
馬単:5-4 3390円
3連複:4-5-13 4830円
3連単:5-4-13 23910円
ワイド:4-5 540円
    5-13 480円 4-13 1800円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。ステファノスはいい狙いだったんだけど...
 ちょっと印が食い違っていて、結局、○△の的中止まり。

 まぁ、それはともかく。大阪杯の結果。やはり、マルターズアポジーやロードヴァンドールが出て行ったこともあって、キタサンブラックは逃げず好位からの競馬。 ただ、終わってみれば別に逃げなくてもこの位置取りで十分だったんでしょうな。マルターズアポジーが後続を引き離して逃げた割には前半1000mは0:59.6と比較的緩めのペースになったことも幸いして、 好位追走から逃げ馬を捕らえ先頭、そしてそのまま押し切るという危なげのない競馬であっさり勝ってしまいました。

 そんなこんなで、勝ったのはキタサンブラック。去年の取りこぼしや、距離、休み明けなど、不安材料があったことはあったが、結果はこれですからねぇ。 まぁ、前述しているように、前に行った馬もそれなりの末脚を使える比較的緩めのペースに助けられた感は否めないが、 瞬発力に勝る馬の追撃を軽く封じて勝ってしまったのは評価していいでしょう。これだけの競馬ができるのであれば、 今年も十分活躍できるんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。