今週のメインdeパツイチ2017
第35回ニュージーランドトロフィー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第35回 ニュージーランドトロフィー 中山・芝1600m  3歳牡牝オープン(GII) 2017年4月8日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ナイトバナレット ジュニアC 1着 前走案外も中山マイルなら巻き返し可能。
2 ランガディア 500万下 1着 前走久々だったが快勝。今回重賞だが注意。 -
2 3 セイカチトセ 500万下 1着 ダートでいい末脚使うが今回芝。さすがに... - -
4 メイソンジュニア ファルコンS 3着 200mの距離延長微妙。ここは様子見。 - -
3 5 マンカストラップ 500万下 1着 たまに一発ある馬だがマイルは長そうで。 - -
6 ジョーストリクトリ アーリントン 5着 距離よりも重賞の方が問題?ちと力不足か。 - -
4 7 スズカゼ アネモネS 3着 流れに乗れればそこそこは走る。枠順次第で。 -
8 ダイイチターミナル 小倉2歳S 2着 前走4着評価もマイルはちと長そうで。 - -
5 9 カリビアンゴールド 500万下 1着 中山マイルの走り上々。重賞でも注意。 -
10 クライムメジャー サウジRC 3着 強敵相手に好走有。中山克服できれば。
6 11 ジャッキー 500万下 1着 前走がイマイチ。距離延長もちと微妙で。 - -
12 スズカメジャー フローラル賞 1着 いい末脚使って快勝。今回重賞だが即通用。
7 13 イノバティブ 500万下 1着 前2走それなりの末脚使う。ただ重賞では... -
14 タイセイスターリー シンザン記念 2着 共同通信杯でも好走。ここも展開次第で。 -
8 15 タイムトリップ クロッカスS 1着 距離よりも展開が鍵。流れに乗れれば... - -
16 ボンセルヴィーソ 朝日杯FS 3着 GI好走素直に評価。あとは枠順次第か。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第35回ニュージーランドトロフィー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第35回ニュージーランドトロフィーの展望と予想とヨタ話

クラシックはムリでもマイルなら...

NHKマイルCへのトライアル、第35回NZトロフィー。

という訳で、このニュージーランドトロフィー。距離だとか賞金だとかその辺りが原因でクラシックを断念した馬がNHKマイルカップを目指しここに参戦...というのが、 このニュージーランドトロフィーの出走馬にありがちなパターンだったりするが、最近はマイル路線一本に絞った生粋のマイラーが出てくることも多く、何かと難しい一戦になるのがこのニュージーランドトロフィー。

で、今年も、中距離重賞で結果を残せずクラシックを断念した馬や、ファルコンSから距離延長でここに挑んできた馬、マイルの500万下を勝ち上がった馬、 中山だけは妙に得意な馬など、ちょっと一癖ある馬が揃い、結構難解な一戦に。実績的には朝日杯FS3着のボンセルヴィーソとかシンザン記念2着のタイセイスターリー、 サウジアラビアRC3着のクライムメジャーなんだけど...どの馬も勝ち切れていないのがねぇ。上位は十分ありそうだが、勝ち切るとなると微妙なところ。

と、まぁ、そんな感じだったりするんで、今回のNZトロフィー。ここは500万下勝ち上がり馬で勝負してみてもいいんじゃないかと。 幸い、スズカメジャー・ランガディアとなかなかの内容で勝ち上がった馬が揃っていることだしさ。で、あとは前述の重賞好走馬を絡めていくような感じで。

<第35回ニュージーランドトロフィー予想>
◎スズカメジャー
○ナイトバナレット
▲ランガディア
△タイセイスターリー
△クライムメジャー
△ボンセルヴィーソ

あと、内枠引いた逃げ・先行馬にも注意必要かな。


結果

1着ジョーストリクトリ
2着メイソンジュニア
3着ボンセルヴィーソ
4着スズカゼ
5着タイムトリップ

タイム:1分36秒0 3F:35.3秒
ジョーストリクトリ 牡3歳
騎手:A.シュタルケ 厩舎:栗東・清水久詞厩舎
単勝:6番5110円
複勝:6番800円、4番490円、16番260円
枠連:2-3 11000円 馬連:4-6 29320円
馬単:6-4 57590円
3連複:4-6-16 49810円
3連単:6-4-16 496220円
ワイド:4-6 4440円
    6-16 3760円 4-16 1500円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。この組み合わせはちょっとなぁ。
 距離適性も実績も微妙な2頭で決まってしまっては...

 まぁ、それはともかく。ニュージーランドトロフィーの結果。馬場が渋って差し・追込馬の末脚が鈍りがちになったことも相まって、 ロスなく立ち回った馬が上位を確保するという中山っぽい結果になってしまいましたな。結局、内でじっとしていたジョーストリクトリが1着、 内枠&好スタートですんなり逃げることが出来たメイソンジュニアがそのまま粘りきって2着を確保。

 しかし、こういう展開でこの結果ですからねぇ。一応、こういう着順にはなったが...実際に強い競馬したのは3着のボンセルヴィーソだったりするんじゃないでしょうか。 大外枠だったにも関わらず、積極的に動きメイソンジュニアに次ぐ2番手を確保。で、直線でじわじわと差を詰めこの結果に。いい枠を引けていれば、 メイソンジュニアを交わすだけではなくジョーストリクトリを退けることも可能だったんじゃないかと...


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。