今週のメインdeパツイチ2017
第77回桜花賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第77回 桜花賞 阪神・芝1600m  3歳牝オープン(GI) 2017年4月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミスエルテ ファンタジーS 1着 前走案外。牝馬相手で巻き返す可能性あるが... -
2 ライジングリーズン アネモネS 1着 微妙な条件だがこの連勝は一応警戒必要。 -
2 3 サロニカ エルフィンS 1着 やや展開に恵まれた感あるも前走の粘りは評価。
4 ジューヌエコール デ杯2歳S 1着 一叩きした効果見込める。3着ならありそうで。 -
3 5 ベルカプリ デ杯2歳S 5着 前走が負けすぎ。この条件では厳しいか。 - -
6 リスグラシュー 阪神JF 2着 堅実駆け評価。展開嵌まれば逆転もある? - -
4 7 ショーウェイ ファンタジー 2着 前2走が物足りず。GIではさすがに厳しい。 - -
8 カラクレナイ フィリーズ 1着 末脚評価。ただマイル実績ないのが気になり。 - -
5 9 ゴールドケープ フィリーズ 3着 前走の末脚評価。展開嵌まればチャンスも。 -
10 レーヌミノル 阪神JF 3着 堅実駆け評価。ここも手堅く上位確保しそう。 -
6 11 アロンザモナ 紅梅S 1着 ややジリっぽく。上がり要せば怖いが... -
12 アエロリット クイーンC 2着 もう一押し欲しい。ここでは3着までか。 - -
7 13 ヴゼットジョリー 新潟2歳S 1着 前走まずまず。一変あれば出番あっても。 -
14 ソウルスターリング 阪神JF 1着 ライバルとなるファンディーナが不在。順当に。
15 アドマイヤミヤビ クイーンC 1着 前走の快勝評価。展開次第では逆転も? -
8 16 ミスパンテール チューリップ 2着 昇級戦の前走上々。GIでも通用しそうで。 -
17 ディアドラ アネモネS 2着 パンチ不足。時計要す馬場じゃないと。 - -
18 カワキタエンカ 君子蘭賞 1着 チューリップ賞で決着済っぽく。ここでは... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第77回桜花賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第77回桜花賞の展望と予想とヨタ話

今週から3歳馬のGI、スタートです。

まずは3歳牝馬クラシック一冠目・第77回桜花賞。

という訳で、この桜花賞。ここ数年、順当に決まりそうで決まらず、それなりに荒れるケースが続いているのがこの桜花賞だったりするが... 今年はこの馬がいますからねぇ。ソウルスターリング。4戦4勝と無敗で桜の舞台へ。しかも、その4戦すべてが完勝で全く底を見せていなかったりしますからねぇ。 さらに、ソウルスターリングのライバルとなるファンディーナは皐月賞に向かうこともあって不在だったりするし。 今回の桜花賞、これはもう「ソウルスターリングの一強」といってしまっても過言ではないんじゃないでしょうか。

と、まぁ、そんな感じだったりするんで、今回の桜花賞、ここはもうソウルスターリング中心でいいでしょう。あとはこの馬の相手探し。 順当にトライアル上位馬でまとめてしまってもいいが、ここはちょっと捻ってクイーンC勝ちのアドマイヤミヤビを相手筆頭に据えてみてもいいんじゃないかと。 そのクイーンCでは重賞で好走している馬相手に快勝。しかも出走馬の中で一頭だけ抜けた上がり3ハロン:33.6秒という末脚を使っていることを考えれば、 ソウルスターリングには敵わないにしても、他の馬が相手だったら先着は十分可能かと。

<第77回桜花賞予想>
◎ソウルスターリング
○ゴールドケープ
▲アドマイヤミヤビ
△レーヌミノル
△ミスパンテール
△ミスエルテ

で、あとはトライアル上位馬を。ただ、馬券的妙味は...


結果

1着レーヌミノル
2着リスグラシュー
3着ソウルスターリング
4着カラクレナイ
5着アエロリット

タイム:1分34秒5 3F:36.2秒
出走取消:3番
レーヌミノル 牝3歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・本田厩舎
単勝:10番4080円
複勝:10番480円、6番240円、14番110円
枠連:3-5 7470円 馬連:6-10 17000円
馬単:10-6 45330円
3連複:6-10-14 5020円
3連単:10-6-14 94890円
ワイド:6-10 2760円
    10-14 880円 6-14 420円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。狙っていない馬ではないんだが...
 さすがにこの2頭同士で決まってしまうのはなぁ。

 でもって、桜花賞の結果。馬場状態は稍重と昨日の重よりはマシになっていたが...昨日より馬場が痛んでいたのか、時計はあまり出ず。 で、こういう馬場状態だったこともあって、やや甘い競馬続いていた馬が台頭するような結果に。阪神JFや桜花賞トライアルで勝ち切れなかったレーヌミノル・リスグラシューがここで息を吹き返し、 ソウルスターリング等の人気所を蹴散らし1・2着を確保。まぁ、終わってみれば阪神JF1〜3着がここでも1〜3着を独占するという順当な結果だったりしますけどね。

 しかし...ソウルスターリングが3着というのはちょっとねぇ。前にいたレーヌミノルをうまく捌くことができず伸び悩むような感じになっていたのは確かだが、 これまでのような伸びがあればここまでレーヌミノルに悩まされるような事態にはなっていなかったんだろうしさ。やはりここは「馬場が堪えた」と考えるのが妥当なところなんじゃないかと...


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。