今週のメインdeパツイチ2017
第19回中山グランドジャンプ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第19回 中山グランドジャンプ 中山・芝4250m  4歳上オープン(J.GI) 2017年4月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ティリアンパープル 新潟ジャンプ 1着 大障害なら多少は走る。嵌まれば入着も。 -
2 2 ウインヤード 東京ジャンプ 2着 前走案外も好調時の走り戻れば一発も。 -
3 3 ワンダフルワールド ペガサスJS 1着 去年は5着。展開嵌まればチャンスも? -
4 4 タイセイドリーム 新潟ジャンプ 1着 前走の3着で決着済っぽく。ここも3着か。 -
5 サンレイデューク 中山大障害 3着 大障害好走評価。前崩れになれば一発も。
5 6 アップトゥデイト 中山大障害 1着 2着続く。一矢報いたいところだが... -
7 ルペールノエル 中山大障害 3着 大障害3着は評価も今回も3着までか。 -
6 8 メイショウヒデタダ ペガサスJS 1着 この勢いは侮れないが今回相手も強くて。 -
9 ラステラ 障・オープン 1着 今回同型馬いるし相手も強力。苦しい。 - -
7 10 クリノダイコクテン 牛若丸JS 1着 前走まずまずもここでは3着が精一杯か。 -
11 アイティテイオー 障・オープン 1着 物足りない競馬続く。ここでは入着まで。 - -
8 12 オジュウチョウサン 中山大障害 1着 中山大障害圧勝。今年もこの馬が主役か。 -
13 トーセンハナミズキ 障・オープン 2着 ここ数戦ぱっとせず。この条件では厳しい。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第19回中山グランドジャンプ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第19回中山グランドジャンプの展望と予想とヨタ話

今週は皐月賞以外にも大一番がありますぜ。

ジャンプ路線の大一番・第19回中山グランドジャンプ。

という訳で、この中山グランドジャンプ。国際レースということで、海外勢もそれなりにいたりしたのだが...最近はこの手の馬も少なくなり、ほぼ国内J.GIになりつつあるのがこの中山グランドジャンプ。 まぁ、ジャンプ路線のJ.GIがこの中山グランドジャンプと秋の中山大障害しかないもんで、海外勢がいなくてもレベル的にはかなり高めの一戦にはなりますが。

で、今年の中山グランドジャンプ。ペガサスJSを圧勝したメイショウヒデタダとか、入障後大崩れせず重賞でも常に上位確保し続けているタイセイドリームといった新興勢力もいたりするが... やはりここはこの2頭のマッチレースだったりするんじゃないでしょうかねぇ。去年の勝ち馬オジュウチョウサンと一昨年の勝ち馬アップトゥデイト。 去年はオジュウチョウサンが中山GJ・中山大障害ともにアップトゥデイトに先着し、決着がついた感じもするが...前走の阪神スプリングジャンプで負けはしたもののアップトゥデイトがオジュウチョウサンとの差を詰めたことを考えるとねぇ。 展開次第では逆転する可能性もまだ残っているんじゃないかと。

とはいえ、やはり現状ではオジュウチョウサンが優勢なのは明らかなんで...ここはオジュウチョウサンから勝負するのが正解でしょう。で、相手にアップトゥデイトといった感じで。 ただ、この組み合わせだけでは馬券にならないんで、3着まできっちり拾って3連単で的中させたいところ。勢いを評価してメイショウヒデタダ、大障害で好走あるし展開さえ嵌まれば一発ありそうなサンレイデューク、 詰めは甘いが手堅く上位確保している点は評価できるタイセイドリームとかさ。

<第19回中山グランドジャンプ予想>
◎オジュウチョウサン
○ウインヤード
▲アップトゥデイト
△メイショウヒデタダ
△サンレイデューク
△タイセイドリーム

ただ、その辺りまで拾っても配当微妙かもしれませんが...


結果

1着オジュウチョウサン
2着サンレイデューク
3着アップトゥデイト
4着タイセイドリーム
5着ルペールノエル

タイム:4分50秒8 3F:36.5秒
オジュウチョウサン 牡6歳
騎手:石神深一 厩舎:美浦・和田正一郎厩舎
単勝:12番130円
複勝:12番110円、5番310円、6番110円
枠連:4-8 710円 馬連:5-12 2400円
馬単:12-5 2750円
3連複:5-6-12 1500円
3連単:12-5-6 7420円
ワイド:5-12 560円
    6-12 120円 5-6 910円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。とはいえ、ちょっと微妙なところ。
 やはり、アップトゥデイト3着というのはなぁ。

 まぁ、それはともかく。中山グランドジャンプの結果。道中はメイショウヒデタダが逃げる展開となったが、思い切った逃げではなく、ありふれた逃げ。 さらに大障害コースではあったが、落馬もなかったこともあって、レース的には波乱はナシ。

 となれば、実績馬が順当にその能力を発揮し、上位を独占する結果になってしまうのは仕方がないところ。 好位から競馬したオジュウチョウサン、同じような位置で競馬していたアップトゥデイトや、勝負所でマクって進出してきたサンレイデュークらを軽く蹴散らし完勝。

 という訳で、勝ったのはオジュウチョウサン。去年の中山大障害同様、今回も力の違いをみせつけ完勝。 まぁ、これといった対抗馬が現れないのであれば、今年もこの馬がジャンプ界を席巻することになるんでしょうな。 あとは「どこまで勝ち続けることが出来るか」そこが気になるところですな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。