今週のメインdeパツイチ2017
第24回青葉賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第24回 青葉賞 東京・芝2400m  3歳オープン(GII) 2017年4月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スズカロング 500万下 10着 芝でも好走ある馬。ただ前走が負けすぎで。 - -
2 2 サーレンブラント 山吹賞 5着 末脚はなかなか。東京で一変あれば。 -
3 3 アグネスウイン 新馬 3着 未勝利馬。さすがにこの条件では... - -
4 4 ポポカテペトル ゆきやなぎ賞 1着 時計出る馬場なら結構走る。重賞でも注意。 -
5 5 ダノンキングダム ゆりかもめ賞 1着 ゆりかもめ賞勝ち評価ももう一押し必要か。 -
6 アドマイヤウイナー 若駒S 5着 OPの成績物足りず。重賞では厳しいか。 - -
6 7 マイネルスフェーン ホープフルS 2着 重賞好走や堅実駆け評価も詰めの甘さが... -
8 タガノアシュラ すみれS 2着 今回同型馬妙に多く。自分の競馬できる? - -
7 9 ベストアプローチ 京都2歳S 3着 能力はそれなり。展開嵌まれば上位もある。
10 アドミラブル アザレア賞 1着 前走後続馬を突き放して完勝。ここでも。
8 11 トリコロールブルー スプリングS 5着 この相手なら上位狙える。あとは展開次第。
12 イブキ 新潟2歳S 3着 叩き2戦目で変わった。ここも展開次第で。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第24回青葉賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第24回青葉賞の展望と予想とヨタ話

非トライアル組の台頭で波乱となった皐月賞。

新興勢力が台頭する余地もまだある?第24回青葉賞。

という訳で、この青葉賞。何だかんだいっても、結局、皐月賞上位馬が無難に上位確保することが多いのがダービーだったりするもんで、影が薄くなりがちなダービーTR組だったりするのだが... 今年は前述しているように皐月賞がああいう結果だっただけにねぇ。ここで結果を残してダービーに繋げることが出来ればチャンスはまだありそうな感じ。

で、そんな今年の青葉賞。皐月賞トライアル敗北からの敗者復活狙いでここに出てくる馬も結構いたりするのがこの青葉賞なのだが、 今年は賞金不足だとかローテーションがキツかったりとか、そういう理由で皐月賞を見送った感のある有力馬が多め。しかも、アザレア賞快勝のアドミラブルとか、ゆきやなぎ賞快勝のポポカテペトルなど、 まだ底を見せていない馬もいたりするしさ。この辺りが快勝するようなら、本番で上位争いすることも十分可能なんじゃないかと。

と、まぁ、そんな感じだったりするんで、今回の青葉賞。ここはアドミラブルから入ってしまっていいんじゃないかと。アザレア賞のレベルがイマイチだった分、派手な勝ち方になってしまった可能性はあるが、 それを考慮しても上がり3ハロンを33.5秒でまとめ、後続を置き去りにしてしまった走りは評価していいんじゃないでしょうか。あとは、無難に皐月賞トライアル上位馬のトリコロールブルー・ベストアプローチをおさえつつ、 中山でもそこそこ走っているが、東京でさらに能力を出せそうなイブキ・マイネルスフェーン辺りで高めを狙ってみるといった感じで勝負してみましょうか。

<第24回青葉賞予想>
◎アドミラブル
○サーレンブラント
▲トリコロールブルー
△イブキ
△ベストアプローチ
△マイネルスフェーン

あと、サーレンブラント辺りも東京で一変ありそうで...


結果

1着アドミラブル
2着ベストアプローチ
3着アドマイヤウイナー
4着ポポカテペトル
5着サーレンブラント

タイム:2分23秒6 3F:35.2秒
アドミラブル 牡3歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:10番150円
複勝:10番110円、9番210円、6番280円
枠連:7-7 800円 馬連:9-10 780円
馬単:10-9 960円
3連複:6-9-10 3190円
3連単:10-9-6 8440円
ワイド:9-10 320円
    6-10 460円 6-9 1630円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。だけど、配当ちょっと安めかな。
 ここまでアドミラブルに人気が集中してしまうとはなぁ。

 まぁ、それはともかく。青葉賞の結果。前述している通り、単勝150円と人気を集めたアドミラブルが順当に勝利。スタート直後に他馬に寄られた影響もあってか、 最後方からの競馬という形になってしまったが...早め早めに進出して、4コーナーで好位まで挽回。さらにその勢いのまま先頭に立ち、そのまま独走態勢に。 で、結局、最終的には2着に2・1/2馬身の差をつけ完勝。

 しかしなぁ、アドミラブル。前崩れの展開になるようなペースでもなかったし、位置取りもイマイチだったにも関わらず、この結果ですからねぇ。 2着はに2・1/2馬身と十分すぎる差はつけているが、この着差でもまだ「着差以上に強い競馬だった」といえるだけの競馬はしたんじゃないでしょうか。 これだけやれるのであれば、本番でも好勝負できるんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。